絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#FEATURE

2022.3.19sat

おしゃれな本屋8選!愛知・岐阜・三重で居心地の良いおすすめ

なんでもネットで手にできる時代に、あえて本屋に足を運べば、運命的な一冊と出合えるかも。今回はゆっくりと本選びができる、居心地の良い東海の本屋さんをご紹介します。

【名古屋・東山公園】ON READING(オン リーディング)

世界をみる目の解像度を高めてくれるような本を、国内外からセレクト
“感じる、考える人のための本屋”をモットーに新刊、古本問わず、読み物からアートブックまで幅広く揃えるこちらのお店は、オーナーの黒田さん夫婦が営んでいます。併設されたギャラリースペースでは多様なジャンルの企画展を開催するほか、トークイベントや読書会なども不定期に企画しています。また「ELVIS PRESS」名義で出版も行うなど、様々な角度で本の面白さを発信しています。

年代物のビルの2階に店を構え、階段を上りレトロなドアをくぐると、光のあふれる明るい空間が広がります。

店内は3つのスペースに分かれていて、オリジナルグッズも販売。テーマごとに区切られた棚には新刊と古書が隣り合わせに並びます。

ON READING(オン リーディング)

問い合わせ
052-789-0855
場所
名古屋市千種区東山通5-19 カメダビル2A & 2B
営業時間
12:00~20:00
定休日
火曜日
駐車場
なし
カード・電子マネー
公式サイト
https://onreading.jp/
Instagram
https://www.instagram.com/on_reading/
Twitter
https://twitter.com/ON_READING
アクセス
地下鉄「東山公園」より徒歩で約1分

【名古屋・亀島】TSUTAYA BOOKSTORE(ツタヤ ブックストア)

まるでアートの世界!カフェ併設の大型ブックストア
「日本で一番、子どもと行きたい 子どもが行きたい書店」をコンセプトに、絵本や知育玩具などのラインナップに力を入れています。カフェ「スターバックスコーヒー」が併設され、コーヒーを飲みながら、店内にある本を読んでくつろぐこともできます。

1階〜2階にかけて店内階段に設けられた、巨大な本棚のオブジェは圧巻です。

TSUTAYA BOOKSTORE(ツタヤ ブックストア)

場所
名古屋市西区則武新町3-1-17
営業時間
10:00〜21:00
※一部営業時間が異なる店舗があります
定休日
年中無休
公式サイト
https://nagoya-noritake-garden.aeonmall.com/

Check!

「イオンモール Nagoya Noritake Garden(イオンモール ナゴヤ ノリタケ ガー...

「イオンモール Nagoya Noritake Garden(イオンモール ナゴヤ ノリタケ ガー...

【愛知・瀬戸市】本・ひとしずく

築100年の古民家で、人と人を繋ぐ本屋を。
情緒ある古民家の風情に惚れ込んだ店主・田中さんが、長年の夢であった本屋をスタート。自身の子育てがひと段落した頃、本と再び向き合うことで心に潤いが戻ったことから、「生活にひとしずくの潤いを」という想いで、店名を「ひとしずく」と名付け、‟心のより所”になるような場所を目指しています。

暮らしの本、絵本、アート・建築関連書を中心にそろえ、中でも絵本は子どもたちの心に残したいものにこだわって選出。懐かしさあふれる店内で、時間を忘れて読書に没頭する人も多いそうです。本に合わせた雑貨の販売も行なっています。

本・ひとしずく

問い合わせ
050-8881-5196
場所
愛知県瀬戸市陶生町24
営業時間
10:00~16:30
定休日
月~木曜日
駐車場
あり(市営宮川駐車場利用)
カード・電子マネー
Twitter
https://twitter.com/sorani_aya?s=20
アクセス
名鉄「尾張瀬戸駅」より徒歩で約12分

Check!

お気に入りの一冊と店主に出会う。まちなかで「読書の秋」を楽しもう【愛知・...

お気に入りの一冊と店主に出会う。まちなかで「読書の秋」を楽しもう【愛知・...

【岐阜・多治見市】ひらく本屋

書店&カフェで憩う、街のランドマーク
「ひらく本屋」は、「ながせ商店街」の中ほどに立つ、老舗時計店だった建物を大切に改装した、「ヒラクビル」内にあります。

棚には、「訪れる人に新たな出合いがあるように」と、ジャンルの垣根を超えて本が並びます。併設している「喫茶わに」では、季節のスープやケーキを提供。本に登場するメニューを再現する「本ノ洋食屋」などのイベントや、陶器作家の企画展なども意欲的に開催しています。

ひらく本屋

問い合わせ
080-6956-8271(喫茶わに)
場所
岐阜県多治見市本町3-25
営業時間
10:00~21:00(LOは20:30)
定休日
水曜日
駐車場
あり(提携)
カード
公式サイト
https://hiraku-bldg.com/hirakubooks/
アクセス
JR「多治見駅」より徒歩で約5分

【岐阜・恵那市】本とごはん ある日

心に響く絵本とおいしいものに出合う。
“ある日”という物語が動き出すときによく使われる言葉を店名に冠した、「本とごはん ある日」。元教員の榊原悠介さんとこどもの本専門店に勤めていた真以子さんが、2019年11月に岐阜県恵那市に開いたお店です。

店内の奥半分が書店スペースになっていて、ロングセラーの絵本や童話がずらりと並び、二人におすすめを聞くことができます。手前半分はカフェスペースで、二人の私物の絵本も読むことができます。朝はサイフォンで淹れるコーヒーや紅茶とともに「モーニング」が、昼にはメイン料理が毎日替わる「今日のランチ」や「今日のカレー」が味わえます。

本とごはん ある日

問い合わせ
0573-59-9333 
場所
岐阜県恵那市長島町正家1067-108
営業時間
8:00~17:00(LOは16:30)
※モーニングは~11:00、ランチは11:30~13:30
定休日
日・月曜、祝日
駐車場
8台
カード・電子マネー
カード不可・電子マネー可
Instagram
https://www.instagram.com/oneday.aruhi/?hl=ja
アクセス
中央自動車道「恵那IC」より車で約8分

Check!

岐阜・恵那市「本とごはん ある日」で、心に響く絵本とおいしいものに出合う

岐阜・恵那市「本とごはん ある日」で、心に響く絵本とおいしいものに出合う

【岐阜・恵那市】庭文庫

町の図書館のような、落ち着いた空間が心地よい「庭文庫」へ。
岐阜県恵那市の自然豊かな笠置町。緩やかな坂道を登ったところにある、築100年以上の古民家にあるのが、古本屋「庭文庫」です。無類の本好きである百瀬雄太さん・実希さんが、古本屋を作りたいという想いから立ち上げました。何もないところから、古本屋を立ち上げた百瀬夫妻の始まりは、月一回の出張本屋から。2018年の「良い庭の日」の4月28日、遂に実店舗がオープンし、今では市外から本好きが集まる場となっています。

店内にはジャンル問わず約5000冊の本が、さまざまな切り口で分類され、所狭しと並んでいます。「100年後まで残るのが本の良さ。この先を生きる子どもたちが、胸を打つような詩や文を紡いでいきたい」と、店には長く愛されるような本が集まっているのです。

庭文庫

問い合わせ
050-6869-7427
場所
岐阜県恵那市笠置町河合1462-3
営業時間
10:00~17:00
(金曜は14:00~21:00)
※変更の場合あり、公式SNSで要確認
定休日
火~木曜日
駐車場
あり(たいやき「かわいや」にも駐車可)
カード使用
公式サイト
http://niwabunko.com/
Twitter
https://twitter.com/niwabunko
Instagram
https://www.instagram.com/niwabunko/
アクセス
中央自動車道「恵那IC」より車で約15分

Check!

本との出会いを求めて、岐阜・恵那にある小さな古本屋「庭文庫」へ【GW妄想ト...

本との出会いを求めて、岐阜・恵那にある小さな古本屋「庭文庫」へ【GW妄想ト...

【三重・尾鷲市】トンガ坂文庫(トンガザカブンコ)

坂道の上であなたを待つ、お気に入りの一冊を迎えに。
道に現れる小さな看板を辿って行くと、どんどん坂に立つ住宅街の奥へ。ドキドキしながら行き着いた戸を引くと、小さな空間に純文学、哲学書、雑誌、絵本など、ジャンルにとらわれない本が約2500冊も並んでいます。「常連をはじめ、訪れる人が好きそうな本をセレクトしている」と、店主。お菓子やドリンクも用意され、居心地の良さについつい長居してしまいます。店内では、自然と客同士で会話が生まれることも。

店名の「トンガ」とは、方言で「大風呂敷を広げる人」という意味で、地元に伝わる逸話をもとにしています。

トンガ坂文庫(トンガザカブンコ)

問い合わせ
070-4340-2323
場所
三重県尾鷲市九鬼町121
営業時間
11:00~17:00(金曜は~16:00)
定休日
月~木曜日(祝日の場合は営業)※不定休あり
駐車場
なし
カード・電子マネー
Instagram
https://www.instagram.com/tongazakabunko/
アクセス
熊野尾鷲道路「尾鷲南IC」より車で約15分

【三重・伊賀市】古本 三歩書店(フルホン サンポショテン)

ポツリと立つ山の本屋で、お気に入りの一冊と出合う。
市街地から広大な田んぼを抜け、少し車を走らせると見えてくる「三歩書店」。中へ入ると、エッセイ・絵本・美術書・旅行記など、ジャンルも様々な本がびっしり約2000冊並んでいます。大正から平成にかけて出版された本は、今ではなかなか目にしないものばかり。「辺鄙なところにあるからこそ、面白い本を見つけた!と思ってもらえたら」と、店主の吉住さんは言います。

古本 三歩書店(フルホン サンポショテン)

問い合わせ
0595-44-1958
場所
三重県伊賀市音羽656
営業時間
11:00~17:00
定休日
金~日曜日、祝日のみ営業
駐車場
4台
カード・電子マネー
不可
Twitter
https://twitter.com/sanposyoten
アクセス
名阪国道「伊賀一之宮IC」より車で約15分

※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY11月号(2022年9月21日発売)この秋したいこと全部!

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

おしゃれな本屋8選!愛知・岐阜・三重で居心地の良いおすすめ

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. FEATURE
  3. 恵那
  4. おしゃれな本屋8選!愛知・岐阜・三重で居心地の良いおすすめ

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。