絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#暮らし

2022.3.26sat

真似したくなる、素敵なインテリアのヒント集【vol.11 GOTEN】

おしゃれなライフスタイルを叶える、こだわりの部屋をピックアップする雑誌『KELLY』の連載企画「ROOMS!」。家具、雑貨、花、グリーンなど、インテリアにまつわる暮らしの種をお届けします。

CONTENTS

  1. Theme is…GOTEN

Theme is…GOTEN

壮大な「御殿」を思わせる、デザイン性と機能性を両立。

タイルをふんだんに使用し、贅沢な素材の調和が見どころのこちらは、一級建築士事務所「バロックデザインワークス」が手掛けた邸宅。吹き抜けのあるダイニングから、どこにでもアクセスできる間取りになっています。

「スタイリッシュな空間のデザイン性はもちろん、家事の導線や収納数などを考え、暮らしやすさにもこだわりました」と長縄さん。

モノトーンを基調としたシンプルなダイニングに、独特の曲線を描く〈プティット・フリチュール〉のペンダントライトが目を引きます。空間設計と併せて、照明などのインテリアを提案してくれるのも魅力です。

キッチンスペースは床を一段下げ、トップとダイニングテーブルが繋がるようにオーダー。

リビングに入るまでのアプローチも入念に設計。オリジナルの扉は、取っ手や開き方にまでこだわっています。

玄関近くの人目につく手洗いスペースは、意匠的かつ、掃除しやすいデザインに。

そこで暮らすことを見つめ、機能性と見た目の美しさを兼ね備えた住まいには、その人のことを第一に考える、熱い思いが詰まっていました。

Q&A
Q. 失敗しない家作りのコツは?

A. 今のトレンドを追いすぎないこと。流行りに左右されず、自分がずっと変わらず好きなものを大切にすることで、長く愛せる家になります。

Q. 間取りを考える上で大事なことは?
A. 生活導線。朝、寝室で起きて、洗面で支度をして、ダイニングで朝食を食べて…など、実際の暮らしを具体的に想像しながら考えていくと良いですね。

Q. バロックが大切にしていることは?
A. その人のためだけに作るというスタンス。人に個性があるように、家も人それぞれ。その人に合った形を削り出すので、全てがオーダーメイドです。

長縄貴人さん

Instagram
@takahito_naganawa
プロフィール
一級建築士事務所「バロックデザインワークス」代表取締役。東海エリア以外でも多数の住宅や店舗を手掛ける。

▼合わせて読みたい

Check!

真似したくなる、素敵なインテリアのヒント集【vol.10 シャンブル・ドット】

真似したくなる、素敵なインテリアのヒント集【vol.10 シャンブル・ドット】

Check!

真似したくなる、素敵なインテリアのヒント集【vol.9 和の暮らし】

真似したくなる、素敵なインテリアのヒント集【vol.9 和の暮らし】

Check!

真似したくなる、素敵なインテリアのヒント集【vol.8 北欧シック】

真似したくなる、素敵なインテリアのヒント集【vol.8 北欧シック】

Check!

真似したくなる、素敵なインテリアのヒント集【vol.7 ヴィンテージ】

真似したくなる、素敵なインテリアのヒント集【vol.7 ヴィンテージ】

Check!

真似したくなる、素敵なインテリアのヒント集【vol.6 ギャラリー】

真似したくなる、素敵なインテリアのヒント集【vol.6 ギャラリー】

Check!

真似したくなる、素敵なインテリアのヒント集【vol.5 廃墟】

真似したくなる、素敵なインテリアのヒント集【vol.5 廃墟】

躯体のコンクリートを現した、無骨な雰囲気が漂う一室。古き良きものを愛する、寺嶋さんのご自宅へ。

Check!

真似したくなる、素敵なインテリアのヒント集【vol.4 フレンチ・モダン】

真似したくなる、素敵なインテリアのヒント集【vol.4 フレンチ・モダン】

アート好きのご夫婦が暮らすのは、フランスのミッドセンチュリーモダンを中心に、名作家具が調和する一室。ヘリンボーンの床と、白の塗り壁にモルタルを効かせた、シンプルながらも上質な空間が広がります。〈ピエール・シャポー〉のダイニングテーブルは、フランスから直接輸入したもの。

Check!

真似したくなる、素敵なインテリアのヒント集【vol.3 ミニマム・モダン】

真似したくなる、素敵なインテリアのヒント集【vol.3 ミニマム・モダン】

リビングに入ると、まるで美術館のような真っ白の空間に、アート性の高い家具たちが出迎えてくれる。賃貸だが、それらを感じさせないスタイリッシュな雰囲気に包まれているYURIさんの自宅。

Check!

真似したくなる、素敵なインテリアのヒント集【vol.2 ホテルライク】

真似したくなる、素敵なインテリアのヒント集【vol.2 ホテルライク】

生活感をおさえて、すっきりと暮らす。今月は、そんな理想を叶えた自宅を覗き見!築20年のマンションをリノベーションし、白を基調としたリビングや、全面タイル張りのバスルーム、真っ白な造作キッチンなど、まるで海外のようなインテリアに生まれ変わった。

Check!

真似したくなる、素敵なインテリアのヒント集【vol.1 アート&ボタニカル】

真似したくなる、素敵なインテリアのヒント集【vol.1 アート&ボタニカル】

弓さんがここに引っ越してきたのは、約1年前。2LDKの賃貸マンションだ。部屋には、一人暮らし時代から少しずつ集めてきたアートがずらりと並ぶ。結婚式の時に使ったドライフラワーやウェルカムボードも、インテリアの一部に。

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY11月号(2022年9月21日発売)この秋したいこと全部!

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

真似したくなる、素敵なインテリアのヒント集【vol.11 GOTEN】

WRITER

Wakana Yamauchi

Wakana Yamauchi

兵庫県・加古川市出身。京都の大学を卒業後、 編集者になるために名古屋へ。ゲーム、猫、ファッション、写真が好き。自宅をリノベーションして以来、インテリアにハマっている。

  1. トップページ
  2. LIFESTYLE
  3. 住まい
  4. 真似したくなる、素敵なインテリアのヒント集【vol.11 GOTEN】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。