絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#観光

2018.11.1thu

豪華エンタメ、グルメ、世界遺産。マカオって女子旅天国★


photo / 宮田 政也
model / TAE
取材協力 / マカオ政府観光局、キャセイパシフィック航空
※価格・レートは2018年10月時点のものです

MACAO INFORMATION

アクセス

中部国際空港セントレア→香港着(約4時間)
香港 フェリーターミナル→マカオ(約1時間)
航空機 / キャセイパシフィック航空(1日3便運航)
※中部国際空港からマカオまでの直行便なし
※2018年10月24日に、香港→マカオへ直通の港珠澳大橋が開通した

地理

総面積は30.8㎢。
半島の北から南までは、車で約30分の距離。
マカオ半島、タイパ、コタイ、コロアンの4ゾーンからなる。

言語

公用語は広東語、ポルトガル語
ホテルや高級レストランでは英語が通じる

通貨

マカオパタカ(MOP)MOP1=約14円
※香港ドル(HKD)もほぼ等価で通用する

時差

日本時間マイナス1時間

気温

年間を通して暖かく、平均気温は20℃前後

エンタメ・シティで、近未来を体験。

夜もネオンが煌々と輝く「コタイ地区」は、世界でも有数のエンターテインメント・シティ。ホテル・カジノ・レストラン・ショップなどが集まるIR(統合型リゾート)や、本格ショーが見応え満点!

天井からハスの照明が照らす、『西遊記』のクライマックスシーン。

6つのラグジュアリーホテルと、カジノやショップが集結している、コタイ地区最大級のIR「Galaxy Macau」。

美食レストラン&地元カフェ巡り♪

2017年、ユネスコの創造都市ネットワーク 食文化部門に選ばれたマカオは、古今東西の美食が集まる「食の十字路」。多彩な食文化を心ゆくまで楽しもう!

「Cafe TOFF」の「樽樽湯麺」(MOP60)※約826円。

「CHA BEI」の「853バーガー」(MOP158)※約2200円。

観光しながらファッションを楽しむ

エリアによって趣の異なる街並みが広がるマカオは、オシャレもとことんこだわってみて!シーンに合わせたコーディネートで、女子旅を120%満喫しよう♪

IR×リゾート

「黒のアウターで大人っぽさを演出。ターバンはコーデのポイントになるし、暑いマカオでは髪をまとめるのにも重宝する万能アイテム!」

マカオパンダ館×アニマル

「動きやすさを重視しながら、こっそり動物が隠れている柄のシャツで、ユーモアをプラス。パンダポシェットは、現地の売店でGET♪」

コロニアル風建築×カラフル

「パステルカラーが鮮やかな、ポルトガルの街並みは、建物に溶け込むストライプワンピをセレクト。チラ見えの黄色が要!」

中国建築×エスニック

「アジアのラフさを意識。カバンやベレー帽の素材感と色合い次第で、花柄でもガーリーすぎないカジュアル&モードな雰囲気が作れるよ♡」

写真と動画でマカオのリアルを更新!PRインスタグラム「名古屋マカオ女子部」

2017年の第一期からスタートした、マカオの魅力を発信するインスタグラム。噴水ショーの臨場感ある動画をはじめ、誌面では伝えきれなかった情報をお届け!

インスタグラムアカウント


名古屋マカオ女子部 @macao_kelly



11月23日(金)までのインスタフォロー&応募者対象!「名古屋マカオ女子部」プレゼントキャンペーン

アズレージョ柄のカメラホルダー 1名様



ポルトガル風イワシの缶詰セット 1名様



パンダグッズセット 1名様

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY1月号(2022年11月22日発売)東海グルメニュース総決算2022

特集の目次を見る

Please Share

豪華エンタメ、グルメ、世界遺産。マカオって女子旅天国★

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. 観光
  4. 豪華エンタメ、グルメ、世界遺産。マカオって女子旅天国★

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。