絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#アート

2018.11.10sat

【開催終了】“あったらいいな…” 夢のコラボが実現! 「THEドラえもん展 NAGOYA 2018」へ

村上隆「あんなこといいな 出来たらいいな」(部分)
©2017 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co.,Ltd. All Rights Reserved. ©Fujiko-Pro

『ドラえもん』をモチーフにした、トップアーティストたちによる話題の展示が名古屋に。よく知っているはずなのに、初めて目にする世界を、編集部ミズノがお届けします!開催は11月18日(日)までなので、この世界を体験できるのは残り1週間限り!今だけのチャンスに、ぜひ足を運んでみてくださいね。

あなたにとって、『ドラえもん』はどんな存在?

ファン歴20数年の私は、意気揚々と「松坂屋名古屋店」南館7階へ。お馴染みの青色に、テンションが上がる!
入口には、「あなたのドラえもんをつくってください」の文字が。

 

入ってすぐの天井に吊られた作品に、ワクワク感が高まる。

じっくり見入ってしまう、独特のワールドにどっぷり。

絵画・彫刻・映像など、作品のジャンルは様々。子どもが喜びそうなものから、中には「ん?」と考えてしまうシュールなものも。家族や友達と、あれこれ話しながら見るのも楽しそうです。一部禁止の区域を除き、基本的には撮影OK!お気に入りを見つけて、カメラに収めてみて。

©mika ninagawa ©Fujiko-Pro
蜷川実花「ドラちゃん1日デートの巻」
「ドラえもん」とデートとは、うらやましいな。

©Ai Shinohara ©Fujiko-Pro
篠原愛「To The Bright〜のび太の魔界大冒険」
緻密に描かれた絵をよく見ると、ドラえもんとのび太が!

©YOSHITOMO NARA 2017 ©Fujiko-Pro
奈良美智「依然としてジャイアンにリボンをとられたままのドラミちゃん@真夜中」
パッチリ。

©Sebastian Masuda/Lovelies Lab. Studio ©Fujiko-Pro
増田セバスチャン「さいごのウエポン」
この大きさ…どうやって運んできたんだろう。

展示を堪能した後の、キュートなグッズもお楽しみ。

一通り鑑賞し終わると、かなりの満足感。今をときめくアーティストたちの展示が一度に見られるので、なんともお得な気分になります。最後には物販コーナーをチェック。あれもこれも買いたくなるほど、可愛らしいデザインがそろっていますよ。

「缶バッヂ」や「A4クリアファイル」(各540円)など、普段使いしやすいものも。

出口には、深いお言葉。誰の心の中にもいる「ドラえもん」は偉大だなあ。

『ドラえもん』好きはもちろん、ファンでなくても十分楽しめる内容でした。展示を後にすると、猛烈に『ドラえもん』が観たくなる!

THEドラえもん展 NAGOYA 2018
開催期間  ~2018年11月18日(日)
会場    松坂屋美術館(名古屋市中区栄3-16-1 松坂屋名古屋店南館7F)
営業時間  10:00~19:30(11月18日は17:00閉館)※最終入館は閉館の30分前まで
休館日   会期中無休
料金    一般1400円 、中・高校生1000円
問い合わせ 052-264-3611
https://www.matsuzakaya.co.jp/nagoya/museum/

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY11月号(2022年9月21日発売)この秋したいこと全部!

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

【開催終了】“あったらいいな…” 夢のコラボが実現! 「THEドラえもん展 NAGOYA 2018」へ

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. KELLY Editors
  4. 【開催終了】“あったらいいな…” 夢のコラボが実現! 「THEドラえもん展 NAGOYA 2018」へ

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。