絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#ENJOY TODAY

2018.11.23fri

本場タイ料理レストラン「マンゴツリーカフェ」が、ラシックにオープン

ガパオやヌードルなど、本格タイ料理を堪能したい人に朗報!タイ・バンコクに本店を持つレストラン「マンゴツリー」の姉妹店「マンゴツリーカフェ」が、11月9日(金)ラシック8階にオープン。「タイ伝統の味をカジュアルに、洗練された空間で、肩肘張らずに」というコンセプトのもと、中部エリア初出店の注目レストランに行ってきました。

「サワディー!」 カジュアルなカフェ空間で、タイ料理をいただきます!

カジュアルな雰囲気と、ヌケ感のある空間で、ランチ・カフェ・ディナーと楽しめます。

バンコクから、ロンドン、ドバイ、香港と世界各国に展開する「マンゴツリー」の姉妹店「マンゴツリーカフェ」。開放的な店内は、ショッピングの休憩にぴったり!これは会話が弾む居心地の良さです。

食べられるのはココだけ!名古屋限定メニューに夢中❤

「名古屋スペシャル」(1480円)は、本当にボリューム満点!お腹をすかせてオーダーして!

おすすめは、このボリュームプレート。鶏のガパオ、スープ麺、サラダ、グリーンカレー、日替わり総菜など、タイ料理の代表的なメニューを一度に食べられる大満足な一皿。特に国産の自家製生米麺を使ったヌードル「センレックナーム」がおいしい~。つるつるっといただけます。

迷うのが楽しい!まだまだある、タイメニュー。

タイの名物「丸鶏のBBQグリル」(2800円)は、女子会でシェアして食べたい一品。これからの年末にもぴったりな、インパクトあるメニュー!

「マンゴツリーパフェ」(850円)や、「タピオカココナッツミルク」(520円)など、デザートとドリンクの種類も豊富。

タイの醤油や、香辛料を使ったエスニック感満点の料理は、いつもの女子会にアクセントをつけたい時にぴったり。「これパクチー?」「辛うま~!」など、大盛り上がり。デザートはもちろん、スイカ、ライチ、マンゴー、ドラゴンフルーツを使った、フローズンジュースやシェイクも勢ぞろい。ドリンクの充実はうれしいポイントです。

甘さとしょっぱさ、酸味が合わさったタイの味付けは、名古屋の人の味覚に合っているそう。濃い目の味付けは、お酒にもぴったりです。年末には、みんなでタイ料理を味わってみては?

 

マンゴツリーカフェ 名古屋ラシック

TEL
052-259-6752
場所
名古屋市中区栄3-6-1 ラシック8F
営業時間
11:00~23:00(LOは22:00)
定休日
不定休(施設に準ずる)
駐車場
あり(提携)
タバコ
禁煙
カード

公式サイト
https://mangotree.jp/

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY9月号(2022年7月23日発売)かき氷とパフェ、アイスクリーム

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

本場タイ料理レストラン「マンゴツリーカフェ」が、ラシックにオープン

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. KELLY Editors
  4. 本場タイ料理レストラン「マンゴツリーカフェ」が、ラシックにオープン

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。