ローディング

水の都・大垣の「masu cafe」で、枡を愛しマス♥【週末 カフェトリップ】

2018.11.25〈Sun〉

  • twitter
  • facebook
  • line

ふらりとどこかに出かけたい休日は、カフェをお目当てに、気軽な日帰りショートトリップへGO!扉の先には、ランチやスイーツはもちろん、ここにしかない心ときめくモノやコトがお待ちかね。ローカルタイムに身を任せ、のんびり過ごせば、知らなかった街の魅力も感じられる。撮って、味わう、いい時間を。

JR「大垣」駅から徒歩約6分|大垣と言えば、水の都や松尾芭蕉『奥の細道』のゆかりの地として有名だけれど、実は、木枡の生産量が日本一!全国の約8割がこの地でつくられ、最近では、海外でも和食ブームが相まって、注目を浴びる存在に。「masu cafe」(枡カフェ)は、1950年創業の枡専門メーカー「大橋量器」が、「もっとたくさんの人に、枡への愛を広めたい!」とオープン。枡ワールドへ、ようこそ!

 


入り口すぐの壁一面に、枡×グリーンが敷き詰められ、テーブル席も枡・枡・枡…!優しい木の温もりが、迎えてくれる。


イチ押しメニューの「〼〼(マスマス)プレート」(810円)は、3種類から選べるホットサンドが、〼の形になって登場。サラダ、ポテトチップス、杏仁豆腐も、もちろん枡に入れて。

そして、写真に撮りたくなる、枡デザートのオンパレード!

「白雪ケーキ」(594円)は、スポンジ生地と生クリームに、大垣「渡辺酒造醸」の大吟醸「白雪姫」を効かせている。

 


「ふわふわベリーシフォンケーキ」(702円)、大垣の人気チーズケーキ専門店「チーズケーキプリンセス」がプロデュースした「花よりダンジュ」(594円)と一緒に、「ブレンドコーヒーホット」(432円)を枡カップでどうぞ。

 

枡の形は、四角だけじゃない。「ジョッキ枡パフェ」(810円)、「アポロ枡アイス」(486円)。しっくり手に馴染んで、心が和む。

 

お茶の後は、オリジナル枡商品の買い物も楽しんで。


日本の伝統工芸品を、現代のライフスタイルに合わせた「MASSシリーズ」は、新しい枡の魅力を伝えてくれる。「カラー枡」(1296円)は、NYの五番街に出店するファッションブランド「ポール・スミス」でも販売されたグッドデザイン。「マスソルト」(810円)は、枡の底にメッセージが隠されたバスソルトで、ちょっとしたプレゼントにぴったり。

 


「エコ加湿器マスト」(6480~9720円)は、電気を使わないエコ設計。内部に水を入れるだけで、自然な潤いとヒノキのほのかな香りを与えてくれる。一口に枡と言っても、想像以上に、個性様々!新しい枡の世界を通じて、日本の素晴らしいモノづくりと美意識に出合える。

店名
masu cafe
場所
岐阜県大垣市東外側町2-9 広瀬第2ビル1F
営業時間
10:00~19:00
定休日
不定休
駐車場
なし
タバコ
禁煙
カード
不可
問い合わせ
090-9898-5468
公式サイト
https://masucafe-ohashiryoki.jimdofree.com/

  • twitter
  • facebook
  • line

RECOMMEND

RECOMMEND