ローディング

常滑「えんける道具店」の丁寧な暮らし。VOL.1 -“甕(かめ)”を始めてみる-

2018.11.29〈Thu〉

  • twitter
  • facebook
  • line

もうすぐ12月。「師走」と書くように、せわしなく、あっという間に過ぎ去ってしまうひと月を、できるだけ丁寧に暮らしたい。そんな思いを叶えてくれるお店が、焼き物の産地・常滑にあります。「常滑やきもの散歩道」に佇む小さなお店が、「えんける道具店」です。

暮らしに良いものに出合える、「えんける道具店」


名鉄「常滑駅」から徒歩10分のところにある。

古い長屋の一角がお店になっていて、陶器の湯たんぽ、黒七輪、昭和中期のレトロな器など、暮らしの良いものがそろいます。今回は、「えんける道具店」の中村さんに、「甕」のある暮らしについてお聞きました。

現代の暮らしに馴染む、職人が作る甕(かめ)


「加藤さんのつくるかめ」(サイズは1合~5升、1合1285円~)

中村さん 「えんける道具店」で扱っている「加藤さんのつくるかめ」は、岐阜・多治見市で13代続く窯元の職人、加藤さんが丁寧に作る、昔ながらの陶器製の甕です。色は、白、黒、ベージュ、茶色のほか、鮮やかな赤や青もあります。

中村さん 今の時期、暮らしに甕を取り入れるなら、お味噌作りがおすすめです。甕は、陶器製ならではの厚みがあり、暑さ・寒さなどの温度変化の影響を受けづらいので、発酵食品作りに適しています。他の容器と違い、傷がつきにくい・口が広い・酸や塩に強いことから、純粋なお味噌作りにもぴったりな容器です。

中村さん お味噌の仕込みは「寒仕込み」と言って、雑菌が繁殖しにくい12月頃から2月にかけて始めるのが一般的。大豆・お塩・麹で作ったお味噌は、安心して食べられるので、おいしさも格別なんです。甕を選ぶ際は、出来上がり量よりも大きな容量のサイズを選んでおくと安心です。

塩や砂糖など、調味料入れにもぴったり

中村さん お味噌や梅干し、お漬物などの発酵食品作りはもちろん、小さな甕は、お塩やお砂糖などの調味料入れとしても活躍します。1合の龜は、口の広さ・深さが丁度よく、指先をスムーズに入れられます。底の方に余ったお塩を取る際も、底まで指先が届きます。片手で「蓋をとる」「お塩をつまむ」「お砂糖をすくう」の動作ができるので、お料理中に嫌なストレスがありません。

おかずを自由に詰めて、盛り付けいらずで食卓へ


ベージュのかめの優しい雰囲気は、木製の器にも合わせやすい。

中村さん 加藤さんのつくるかめは、「どんなお料理でも自由に入れてみてください」と、言ってくれているような懐の深い昔ながらの生活道具なんです。小さな甕にお料理を入れれば、盛り付けいらずで見た目にも美しくなり、お料理と並べてもさまになります。食べきれなくても、そのまま冷蔵庫へしまえますし、温め程度なら電子レンジも使えるので、ぜひ暮らしに取り入れてみてほしいです。

甕のある暮らし、いかがでしたでしょうか。次回は、これからの季節にかかせない「湯たんぽ」を紹介します。お楽しみに。


もくじ

¶ VOL.1 “甕(かめ)”のある暮らし(2018.11.29 up )
¶ VOL.2 “湯たんぽ”のある暮らし(2018.12.06 up )
¶ VOL.3 “七輪”のある暮らし(2018.12.13 up)


えんける道具店

場所
愛知県常滑市陶郷町1-1
営業時間
12:00~17:00(日曜は11:00~)
定休日
水・木曜定休
駐車場
なし(陶磁器会館駐車場を利用可※土・日曜、祝日は有料)
カード
不可
公式サイト
http://tokonameenkel.com/

  • twitter
  • facebook
  • line

RECOMMEND

RECOMMEND