絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#おでかけ

2018.12.9sun

にごりスタイルの日本ワイン。滋賀「ヒトミワイナリー」へ、ワインを買いに

クリスマスや年末年始のみんなが集まるタイミングに合わせて、ちょっと特別な自分好みのワインを用意しよう。景色を楽しむドライブがてら、直接造り手のもとを訪ねれば、それだけで有意義な時間になる。今日の目的地は、最近注目を集める日本ワインのワイナリー。日本ワインとは、日本国内で栽培されたブドウを100%使用して、日本国内で醸造されたワインのことで、風土や造り手の技術・感性が詰まった、個性豊かな味が待っている!

JR「名古屋」駅から車で約1時間20分|滋賀県東近江市にある「ヒトミワイナリー」は、のどかな田園風景に囲まれた醸造所。大のワイン好きだった創始者が、「本当に自分のやりたいことをやろう!」と決意し、試験醸造期間を経て、1991年に正式オープンした。

ツタの絡まるおしゃれな建物と、「試飲試食歓迎」のうれしい文字にワクワク。お酒を飲まないドライバーと一緒に行くのが正解!

ここは、直売所かつ醸造所。GWや11月の週末などの繁忙期には、普段立ち入ることのできない醸造の見学も受け付ける。

さて、お目当ての直売所へ。自慢の「にごりワイン」がずらり!

「ヒトミワイナリー」の代名詞「にごりワイン」は、“農=ワイン=食”という想いから、ろ過を一切しないピュアでナチュラルな醸造によって生まれる。直売所には、赤・白・ロゼ・発泡と30種類ほどが並び、ラベルも素敵だから、迷うのが楽しい♪ 自社農園で栽培したブドウを使ったものから、自由な発想が光るものまで、味も様々。

2018年11月23日にリリースされたばかりの新酒「Doux Blanc 2018」「Doux Rouge 2018」(各1728円)。

気になったワインがあれば、レジ横のカウンターですべて試飲OK!「Doux Blanc 2018」は、フレッシュなブドウの甘みたっぷり。「ブドウ本来の香りや味を生かす『にごりワイン』って、こういうことね」と飲んで実感。

ワインのおともたちも、いろいろ。

併設の「パンの匠 ひとみ工房」には、天然酵母パンをはじめとするハード系を中心に、ワインと相性の良いパンが勢ぞろい。

パンに付けるオリーブオイルも!オリジナルの「パン職人が作ったハーブオリーブオイル」(1028円)は、ガーリック&バジル、ガーリック&チリペッパー、ハーブミックスの3種類。

ワインがすすむおつまみには、「旅する丸干し」シリーズ(864円)を。鹿児島県で昭和40年から続く老舗干物屋の新提案。

ついつい買い過ぎちゃったら、「オリジナルトートバッグ」(1890円)で持ち帰るのも良し。お気に入りが見つかったら、後日オンラインストアでお取り寄せするのも良し。毎月暮らしを彩るワインが届く、人気の定期便「頒布会2019」は、2018年12月20日(木)から受け付け開始なので、公式Webサイトでチェック!



店名
HITOMIWINERY
場所
滋賀県東近江市山上町2083
営業時間
10:00~18:00
定休日
無休
※年末年始は12/30は16:00まで営業、12/31~1/4が休み
駐車場
あり
カード

問い合わせ
0748-27-1707

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY3月号(2022年1月21日発売)いつだって食べたい おいしいパン

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

にごりスタイルの日本ワイン。滋賀「ヒトミワイナリー」へ、ワインを買いに

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 滋賀
  4. にごりスタイルの日本ワイン。滋賀「ヒトミワイナリー」へ、ワインを買いに

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。