絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#スイーツ

2019.3.13wed

PR

名古屋パルコが30周年!「大須ういろ」とコラボした、ウワサのノベルティって?【PR】

みなさん、平成元年(1989年)が何の年か知っていますか?実は、栄に「名古屋パルコ」が開業した年なんです。そして、開業から30周年を迎える今年、「名古屋パルコ」では、東海地区のさまざまなメーカーとコラボした、限定ノベルティを制作中!

第一弾となる今回は、あの「大須ういろ」とコラボレーション!ということで、パルコのイメージキャラクター「パルコアラ」がノベルティの制作現場に潜入してきました♪

「アラ!? 名古屋へ出張!『大須ういろ』本社にやってきたのね♪」

パルコアラ PROFILE

買い物好きでトレンドに敏感なコアラ。木の上からPARCOのお店を観察したり、ウェブサイトをチェックしたりする、根っからのオシャレっ子。基本的に無口でおとなしいけど、驚くと思わず、「アラ!?」と声をあげてしまう。 年齢不詳。性別は、たぶん男の子。

2月某日。「大須ういろ」本社で、ノベルティのパッケージデザインの打ち合わせにやってきたパルコアラ。どことなく緊張した面持ちです。

本社のエントランスには、「大須ういろ」の商品がずらり!こちらに併設する工場では、何と1日2万個のういろを製造しているそう。

「アラ!? おいしそうなのね~!」

 

ひと口サイズの「蓬ういろ」「桜ういろ」2種類が入った、季節限定の「春うらら」(540円)。限定商品に、パルコアラも熱視線!商品ラインナップを確認したら、さっそくミーティングルームへ。

「名刺交換、緊張するのね…!」

 

「大須ういろ」の村山社長とご挨拶。ノベルティの打ち合わせスタートです!

「アラ!? 大須ういろの商品がいっぱいなのね!」

 

商品サンプルを前に、パッケージの説明をしてくれる村山社長。パルコアラも真剣モードです。「若い人にも食べてほしい」と、ういろのイメージを覆す、可愛いパッケージの商品も!大人気の「ウイロバー」(702円)の他、もっちり、しっとり、サクッ、3つの食感を楽しめる、新感覚の「ういろモナカ」(5個入・1242円)もおすすめです。

「伝統を守った、昔ながらのおいしさなのね♪」

 

「大須ういろ」のういろは、優しいお米の風味にこだわった、甘さ控えめな味わい。柔らかく、もっちりとした食感につい手が伸びてしまいます。

「とっても素敵なのね♪」

 

アイデアフラッシュを元に、ノベルティのパッケージのデザインを決めていきます。そして、パルコアラのGOサインも出て、完成したのがこちら!

「完成なのね❤」

 

「大須ういろ」とコラボした、限定ノベルティが完成!ういろは、「さくら」と「しろ」各2個入りで、紅白のパッケージがおめでたい雰囲気たっぷりです。こちらのノベルティは、3月14日(木)から先着500個限定で、パルコカードをご利用で税込み5000円以上お買い上げの方に、もれなくプレゼント。パルコカードをお持ちでない方は、ぜひこの機会にパルコカードにお申し込みくださいね!

 

名古屋パルコ

問い合わせ
052-264-8111
住所
名古屋市中区栄3-29-1
営業時間
10:00~21:00
駐車場
あり(提携)
公式サイト
https://nagoya.parco.jp/

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY9月号(2022年7月23日発売)かき氷とパフェ、アイスクリーム

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

名古屋パルコが30周年!「大須ういろ」とコラボした、ウワサのノベルティって?【PR】

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. KELLY Editors
  4. 名古屋パルコが30周年!「大須ういろ」とコラボした、ウワサのノベルティって?【PR】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。