絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#スイーツ

2019.4.3wed

名古屋・栄に「セントラルフードウォーク」がオープン!

2018年12月15日に、栄の地下街「セントラルパーク」にオープンした、「CENTRAL FOOD WALK(セントラルフードウォーク)」。地下鉄「栄駅」に直結した好立地で、朝から晩まで、様々なシーンで利用できるんです。

ごはんもカフェも、使い方いろいろ!オシャレなフードコートが誕生

「栄駅」に直結の地下街「セントラルパーク」にオープン。カレーやピザなど本格派のフードから写真映えするスイーツまで、幅広いグルメがそろうので、何から食べようか迷っちゃう!

豊かな彩りが自慢!ハワイカレー専門店「ニンニン」

2月から登場した新メニュー「ニンニンスープカレー」(1274円)。

まずチェックしたいのは、珍しい「ハワイカレー」の専門店「ニンニン」。フランスで修行したシェフが、日本のカレーにフレンチの要素をプラスしたカレーを提供しています。軽い口当たりが特徴のスープカレーが評判なので、ぜひ一度試してみて。

現地の味を、手軽に。石窯ナポリピザ「ラムート」

本場イタリアの食材を使用した「マルゲリータ」(M864円)。

ナポリピッツァ世界チャンピオンの職人プロデュースのお店。石窯でじっくり焼き上げたピザは、熱々のチーズがとろけて食欲をそそります。少し薄めの生地からは、ほんのり甘い味がして、トマトやバジルとの相性抜群!一人でも食べきれるサイズなので、軽めのランチにもぴったりです。

話題のチーズインバウムを販売する「サードラボカフェ」

新感覚スイーツ「チ―ズインバウム」(302円~)。

チーズとバウムクーヘンがコラボレーションした、「チーズインバウム」の専門店。表面のザクっとしたキャラメリゼと、中に入ったふわふわのカスタードの味わいは、ひと口食べればトリコになっちゃう!

クレープやタピオカスイーツを楽しめるカフェ「チュチュ」

「生いちごボンボン」(780円)と「フローズンマンゴーボンボン」(680円)。

「チュチュ」のクレープは、可愛い見た目と、大きなサイズがインスタ映えすること間違いなし!ふわっともちもちの生地に、フレッシュなフルーツと生クリームの組み合わせは、酸味と甘さがちょうど良く、食べているだけで幸せな気持ちになれますよ。

また、今年3月から、「油そば専門店 歌志軒 セントラルパーク地下街店」が仲間入り!さらにパワーアップした「セントラルフードウォーク」へぜひ足を運んでみて。

CENTRAL FOOD WALK(セントラルフードウォーク)

場所
名古屋市中区錦3-15-13先 セントラルパーク内
時間
8:30~21:30(LOは21:00)
※土曜は9:30~、日曜、祝日は9:30~20:30(LOは20:00)
定休日
無休
駐車場
なし
タバコ
禁煙
カード

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY11月号(2022年9月21日発売)この秋したいこと全部!

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

名古屋・栄に「セントラルフードウォーク」がオープン!

WRITER

Wakana Yamauchi

Wakana Yamauchi

兵庫県・加古川市出身。京都の大学を卒業後、 編集者になるために名古屋へ。ゲーム、猫、ファッション、写真が好き。自宅をリノベーションして以来、インテリアにハマっている。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. Wakana Yamauchi
  4. 名古屋・栄に「セントラルフードウォーク」がオープン!

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。