絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#おでかけ

2019.4.19fri

旅好き女子が行く!鉄道ハッピーTRIP 〜春〜 長野・木曽路の旅 DAY.2【PR】

旅好きインスタグラマーの2人が長野・木曽路を訪ねる電車旅2日目。初日の木曽福島エリアからJR中央線で約20分、木曽路を代表する宿場町・奈良井宿に向かいます。今日は、どんな出合いが待っているかな?

photo / 北川友美、MIKIYA  model / TAE、彦坂まなみ

 

DAY 2.奈良井宿

春の女子旅2日目は、「伝統的建造物群保存地区」に指定されている日本最長の宿場町・奈良井宿をカメラ片手に散策します。約1kmに渡って続く古い町並みには、思わず写真に収めたくなる風景がいっぱい!

↓「奈良井駅」より徒歩5分

12:00 レトロカフェで100年前にタイムスリップ

宿場町散策の前に、まずはお昼ご飯を。大正時代の建物を移築復元した「cafe 深山」の名物「100年前のライスカレー」をいただきます。明治時代の家庭生活誌『家庭之友』に掲載されたレシピを元に作られたカレーは、じっくり煮込んだ野菜の甘さがじんわり広がる優しい味わい。

cafe深山

場所
長野県塩尻市奈良井837-101
営業時間
10:00~17:00
定休日
不定休
タバコ
禁煙
カード

問い合わせ
0264-34-2500

↓徒歩7分

13:30 美しいアーチを描く「木曽の大橋」を渡って

歩行者専用だから、ゆっくり写真撮影を。橋の上からは、山々が間近に迫る爽快な眺めが楽しめます

清流・奈良井川に架かる総檜造りの太鼓橋「木曽の大橋」は、橋脚を持たない橋としては日本有数の大きさ。4月上旬〜11月上旬の日没後には、ライトアップされた幻想的な姿も見られます。橋の北側には、「道の駅・奈良井木曽の大橋」の広大な芝生広場も。

木曽の大橋

場所
長野県塩尻市奈良井1343-49

↓徒歩12分

14:30 知る人ぞ知るドライフラワー専門店に潜入

控えめに掲げた「ドライフラワー大坂屋」の看板に、「本当にここがお店?」と、恐る恐る引き戸を開けたら……、びっくり!天井や壁を色とりどりのドライフラワーが埋め尽くす、圧巻の光景が広がります。

すべて店主と仲間たちによる手作りで、中には珍しい野の花のドライフラワーも。

「オクラと千日紅」など、異なる植物をセンス良く組み合わせてアレンジ。ギフトにいいブーケやリースもそろいます。

ドライフラワー大坂屋

場所
長野県塩尻市奈良井414
営業時間
9:00~17:00
定休日
不定休
カード
不可
問い合わせ
0264-34-3239

↓徒歩3分

15:00 魅惑の古道具店で、私のお気に入りを発見

旅の思い出を探して訪れたのは、古道具店「湖月堂」。木工作家でもある店主が「気軽に普段使いできるものを」と集めた品々は、状態が良い上にリーズナブル。

漆や焼きものの器をはじめとする食器や台所用品のほか、木製の引き出しなどの生活道具が所狭しと並びます。

看板ネコのぼんちゃんがお出迎え。気ままに店内を歩き回り、暖かい場所を見つけたらお昼寝するのが日課。

湖月堂

場所
長野県塩尻市奈良井724
営業時間
11:00頃~17:00頃
定休日
不定休
カード

問い合わせ
0264-34-3073
公式サイト
http://hako158.naganoblog.jp

↓徒歩3分

16:00 「奈良井駅」から帰路へ

楽しかった2日間は、あっという間。帰りは、「奈良井駅」からまずはJR中央線に乗り、「木曽福島駅」で特急「ワイドビューしなの」号に乗り換えるのがスマート。女子2人の気ままな電車旅、また季節を変えて出かけたくなりました♪

※掲載されている情報は、2019年4月時点のものであり、変更となる場合があります。

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

旅好き女子が行く!鉄道ハッピーTRIP 〜春〜 長野・木曽路の旅 DAY.2【PR】

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 長野
  4. 旅好き女子が行く!鉄道ハッピーTRIP 〜春〜 長野・木曽路の旅 DAY.2【PR】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。