絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#暮らし

2019.4.24wed

東海地区初出店!名駅「SALON adam et ropé(サロン アダム エ ロペ)」がオープン

4月19日(金)、名古屋駅「タカシマヤ ゲートタワーモール」2階に、「SALON adam et ropé(サロン アダム エ ロペ)」の東海地区初出店となる新店舗がオープンしました!

photo / Masahiro Ota(studio h)

フードライフスタイルを彩るアイテムがずらり!

店内には、ファッション、生活雑貨、パッケージフードまで、フードライフスタイルを潤してくれる、センスのいい商品をラインナップ。“心地良さ”と“きちんと感”を兼ね備えた、デイリーウェアがそろいます。

また、「サロン アダム エ ロペ」各店舗近郊の純喫茶とコラボレーションし、古き良き純喫茶文化を発信する企画「巡る、純喫茶」にも注目!お家でも純喫茶にいる気分に浸れるマグカップやグラス、喫茶店へでかけるシーンをイメージしたトートバッグなどが並びます。名古屋エリアでは、洋菓子・喫茶「ボンボン」と純喫茶「ライオン」と夢のコラボレーションが実現。レトロ可愛いアイテムに、ときめきが止まりません!

五感で楽しむメニューがそろう、レストランも併設

店内には、レストラン「SALON Dining(サロン ダイニング)」も併設。お肉料理とクラフトビールが楽しめる“SALON BUTCHER & BEER”、デザートレストラン “SALON BAKE & TEA” 甘味・お食事処 “SALON GINZA SABOU” 、SALONが東京都内3店舗で展開する3つのレストランのシェフやパティシエのテクニックが楽しめる、ここでしか味わえないメニューが豊富にそろいます。

南仏の伝統スイーツ「トロペジェンヌ」を使った、フォトジェニックな「季節のパフェ」(1944円)。ランチコース(3024円)では、前菜からスイーツまで、季節限定のメインメニューが楽しめます。ディナーは、お酒に合うアペタイザーをはじめ、ライスポウルやパスタなどのアラカルトを用意。

レストランには、テイクアウトコーナーも常設しているので、忙しい日のオフィスランチにもぴったり!オリジナルのオーガニックコーヒーやスペイン風ホットサンドの「ボカディージョ」の他、スイーツも持ち帰りOK。

オープンを記念して、税込み5000円以上買い物をした方に、先着で、SALONスタッフが毎年育て販売している、コシヒカリ「雪ほたか」のオープン限定パッケージのプレゼントも実施中(なくなり次第終了)。朝から夜まで、さまざまなシーンで利用できる話題の新ショップへ、ぜひ足を運んでみて!

東海地区初出店!名駅「SALON adam et ropé(サロン アダム エ ロペ)」がオープン

イベント名
SALON adam et ropé タカシマヤ ゲートタワーモール店
営業時間
10:00~21:00 ※「SALON Dining」のフードLOは20:00、ドリンクLOは20:30
定休日
不定休(施設に準ずる)
場所
名古屋市中村区名駅1-1-3 タカシマヤ ゲートタワーモール 2F
駐車場
あり(提携)
タバコ
禁煙
カード使用
平均予算
昼1300円/夜2500
問い合わせ
052-414-6816
公式サイト
https://salon.adametrope.com/

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY9月号(2022年7月23日発売)かき氷とパフェ、アイスクリーム

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

東海地区初出店!名駅「SALON adam et ropé(サロン アダム エ ロペ)」がオープン

WRITER

Wakana Yamauchi

Wakana Yamauchi

兵庫県・加古川市出身。京都の大学を卒業後、 編集者になるために名古屋へ。ゲーム、猫、ファッション、写真が好き。自宅をリノベーションして以来、インテリアにハマっている。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 暮らし
  4. 東海地区初出店!名駅「SALON adam et ropé(サロン アダム エ ロペ)」がオープン

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。