絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#居酒屋

2019.4.26fri

名古屋駅「yonezawa」で楽しむ、和食ベースの創作アラカルト×ワイン

店主は日本料理からスタートし、さらにはイタリアやフランス、メキシコなどさまざまな国を渡り歩き料理を学び、各国の文化や食材をMIXさせた創作料理を創り出します。

名古屋駅「yonezawa」で楽しむ、和食ベースの創作アラカルト×ワイン

和食がベースとなったオリジナリティあふれる料理は、ジャンルにとらわれない“yonezawa”という一皿。旬素材を生かしたサラダのお通しから始まり、おばんざいや洋風煮込み料理など、訪れるたびに新鮮なアラカルトメニューが楽しめます。温かみのある瀬戸焼の器もステキです。

ネギの香りと食感が楽しめる「ねぎにうもれた明太子パスタ」(1296円)

食べずには帰れないもちもちふっくら「土鍋ごはん」♪

山形県のブランド米「つや姫」の甘みともちもち感が土鍋で炊くことで一層際立ちます

「yonezawa」のロゴマークには、ごはんのイラストが描かれています。創作アラカルトメニューと一緒にアルコールを楽しみたい店ですが、〆に必ずいただきたいのが自慢の土鍋ごはん(1.5合1490円)。昔から伝わるごはんの炊き方「はじめちょろちょろなかぱっぱ」の火加減にこだわり、全国の数あるおいしいお米の中からたどり着いた山形県の「つや姫」も一層ふっくらツヤツヤに。蓄熱性と保温性に優れた土鍋なので、炊きたてはもちろん、少し時間が経っても甘みともちもち感は健在。〆に土鍋ごはんをお腹に入れる余裕は残しておきたいものです。

焼き肉店や居酒屋が立ち並ぶ名古屋駅裏でひときわ目を引くおしゃれな佇まいの「yonezawa」。カウンターや2人がけのテーブル席が多く、デートに利用したい店です。奥には広々としたテーブル席や、2階には大人数が座れるスペースも用意しています。

こんなにいろんな種類の南アフリカ産のワインがあるなんて!

ハウスワインがグラス600円、ボトル4800円~で用意

ワインは南アフリカ産を中心に世界各国からラインナップ。日本でもっとも南アフリカ産ワインを販売した店として2018年に南アフリカワイン協会から表彰された経歴も。料理との相性や余韻を考えて1本1本厳選して仕入れたワインや日本酒を楽しみたいお店です。

※掲載内容は2019年4月時点の情報です

名古屋駅「yonezawa」で楽しむ、和食ベースの創作アラカルト×ワイン

イベント名
yonezawa(ヨネザワ)
営業時間
17:00~24:00(LOは23:00)
定休日
無休
場所
名古屋市中村区椿町8-14
駐車場
なし
カード使用
問い合わせ
052-446-8012
公式サイト
http://www.yonemeshi.com/

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY9月号(2022年7月23日発売)かき氷とパフェ、アイスクリーム

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

名古屋駅「yonezawa」で楽しむ、和食ベースの創作アラカルト×ワイン

WRITER

Wakana Yamauchi

Wakana Yamauchi

兵庫県・加古川市出身。京都の大学を卒業後、 編集者になるために名古屋へ。ゲーム、猫、ファッション、写真が好き。自宅をリノベーションして以来、インテリアにハマっている。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. Wakana Yamauchi
  4. 名古屋駅「yonezawa」で楽しむ、和食ベースの創作アラカルト×ワイン

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。