ローディング

名古屋城の見どころを地元民がナビゲート!

2019.05.01〈Wed〉

最終更新日:2021/03/11

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2021/03/11

「名古屋観光なら、どこがおすすめ?」と、よく聞かれる質問にお答えし、KELLY編集部が名古屋のおすすめ観光地「名古屋城」をナビゲート。情報があふれる今、やっぱり頼りになるのは、リアルなクチコミ!ということで、編集部スタッフが実際に現地に行き、目で見て、その場で感じた魅力を丸ごとお伝えします。

名古屋城の見どころを地元民がナビゲート!

見て、撮って、楽しむ「名古屋城」の歩き方

名古屋城は、いつも外から眺めるだけ。恥ずかしながら、見学は人生初!の編集部・村瀬が行ってきました!

名古屋城のおすすめフォトスポット

1. 市役所駅前の「@NAGOYA」モニュメント
2. 名古屋城と言えば!金シャチの実物大レプリカ
3. 400年前の姿がよみがえる「本丸御殿」
4. 観光の思い出に「顔ハメ」は外せない!

地下鉄「市役所駅」7番出口を出てすぐ。「@NAGOYA」のモニュメントで撮影し、「金シャチ横丁」宗春ゾーンの誘惑を受けつつ、てくてく散歩して正門から入場。

名古屋城のシンボル、金シャチがお出迎え

正門から入場してすぐ。光り輝く金シャチの実物大レプリカは、私の身長を優に超える約2mの高さがあり、想像以上に大きい!ゴージャスな金箔張りがインパクト抜群で、テンションが上がります。

城郭の国宝第1号!名古屋城は“お城の完成形”

ここで名古屋城について、ちょっとおさらいを。1610(慶長15)年、徳川家康によって建てられた名古屋城。徳川家の威信をかけて築かれた名古屋城には、金シャチをいただく巨大な天守閣、絢爛豪華な本丸御殿、広大な二之丸庭園、高い石垣と深い堀、直線的かつシンプルでありながら攻撃しにくい縄張などを備え、“近世城郭の完成形”とも言われる、立派なお城なのです!

御三家筆頭・尾張徳川家の拠点として、名古屋城の周辺に城下町を形成したのが、現在の名古屋のまちづくりの原型に(つまり家康の作った町に、私たちが日々暮らしていると考えると、非常に感慨深い…)。

この地のシンボルとして愛されてきた名古屋城は、1945(昭和20)年の空襲によって天守閣をはじめ、多くの建造物を焼失しますが、1952(昭和27)年には、国の特別史跡に指定。その後、市民の多大な寄附により、1959(昭和34)年に鉄骨鉄筋コンクリート造の天守閣が再建され、ただいま木造復元計画が進められていることでも、話題になっています。

※特別史跡とは、文化財保護法により指定された史跡のうち、特に価値が高いと認められるもので、国宝と同格とされます。

2018年5月7日から閉館となっている天守閣を横目に見ながら、本日のお目当ての場所へ…。

次のページ…
400年前にタイムスリップ!
近世城郭御殿の最高傑作「名古屋城本丸御殿」へ

名古屋城の見どころを地元民がナビゲート!

店名

特別史跡 名古屋城

営業時間

9:00~16:30(閉門は17:00)

定休日

無休(催事により変更)

場所

名古屋市中区本丸1-1

駐車場

あり(有料)

タバコ

喫煙スペースあり(城内2カ所)

カード使用


平均予算

観覧料/大人500(団体割引あり)円

2019.05.01〈Wed〉UP

SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line