ローディング

【ボイメン吉原雅斗が登場!】映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』舞台挨拶

2019.06.14〈Fri〉

最終更新日:2019/08/07

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2019/08/07

マーベル・コミック史上最長の映画シリーズ『X-MEN』。シリーズの原点的ストーリーであり、アメコミ人気の火付け役となった衝撃作「ダーク・フェニックス サーガ」を原作とした映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』がついに6月21日(金)に公開されます。現在のキャストでは最後となるシリーズの集大成的作品、ついに『X-MEN』サーガは壮絶なフィナーレを迎えます。

『X-MEN』をこよなく愛する“あの人”が“あの姿”で登場?!


6月10日(月)名古屋のミッドランドスクエアシネマにて、完成披露試写会が実施されました!上映前に、本作と愛知県警察がタッグを組んで作られた、車や自転車の夜間のライト点灯を促す「ライト・オン運動」を啓発するタイアップポスターのお披露目があり、そのポスターを持って壇上に現れたのは、名古屋が誇るエンターテインメント集団「BOYS AND MEN」のメンバー、吉原雅斗さん。

 


吉原さんはお気に入りの「サイクロップス」(目から破壊光線を出すキャラクター)になりきったコスチュームに身を包んでの登場!サングラスを外して観客席に“熱い”視線を送ると、会場内からは盛大な声援や拍手が巻き起こりました。

 

『X-MEN』の魅力とは?憧れる特殊能力についても語ってくれました!


「小学生の時に初めて見て、そこからハマりました。様々なキャラの能力描写だけを見ていても楽しかったですし、大人になって、人間とミュータントの互いの正義、そして衝突というテーマを理解できてから、さらにハマりましたね。」とコメント。

また、様々な特殊能力を持つ『X-MEN』にちなんで、憧れる特殊能力についても聞かれると、「“ナイトクローラー”の能力がいいですね。どこでも行けちゃう。しかも、本作で結構活躍するんですよ。普段優しくて大人しいのに、やるときは凄い力を発揮するところなんて憧れますね。あと“ストーム”もいいですね。天候を自由に操れるなんて、この仕事をしていたら欲しい能力です。屋外イベントの時の雨を晴れに出来るんですよ?(笑)」と笑いを誘ってくれました。

 

“X-MEN仕様”の「三河だるま」で、大ヒット祈願!


イベントの最後には、本作の大ヒット祈願セレモニーが行われ、壇上にはこの日のために用意された“X-MEN仕様”の愛知県産「三河だるま」が登場。会場全体が注目する中、力強く目を描き入れた吉原さんは、「赤い目はサイクロップスや“覚醒”をイメージさせてかっこいいですね。大ヒットして、次は右目に目を入れたいです!」 とコメントし、イベントを締めくくりました。

 


「もう最初から裏切られました。期待を超えるという意味で。冒頭の宇宙ミッションのシーンから釘付けでした。宇宙、そしてジーンが覚醒に至る描写などもすごく美しかったです。」と、吉原雅斗さんも大興奮の本作。公開まであと少し、この間に今までのシリーズを予習しておけば、2倍楽しめるかもしれませんよ。また、これまでシリーズ作品を見たことがない人でも分かりやすい内容、そして迫力満点なアクションシーンの連続に、『X-MEN』シリーズの虜になること間違いなし!

 

©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation.

 

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』

STORY
20年に及ぶマーベル・コミックの映画シリーズ。特殊能力を持つミュータント集団「X-MEN」の主要メンバー、ジーンが宇宙ミッションの事故が原因で内なるダークサイドを覚醒し暴走、最強の味方が最凶の敵に。この最終章で世界の終焉を迎えるのか――。

DATA
監督・脚本/サイモン・キンバーグ
出演/ソフィー・ターナー、ジェームズ・マカヴォイ、ジェニファー・ローレンス、マイケル・ファスベンダーほか

2019年6月21日(金)よりミッドランドスクエアシネマほかにて公開
http://www.foxmovies-jp.com/darkphoenix/

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line