ローディング

鉄道ハッピーTRIP 〜夏〜 長野・伊那路【PR】

2019.07.19〈Fri〉

最終更新日:2019/08/07

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2019/08/07

刻一刻と近づく夏の気配…。暑い名古屋を抜け出して、特急ワイドビュー「伊那路」号で涼しい信州へ。山深い里に塩辛い温泉が湧く大鹿村と、フルーツ王国松川町で、爽やかな初夏の風を感じる旅を満喫しました。

photo / Atsushi Kawahara text / Masami Naramura model / TAE、Marina Ichiki

VIEW

真っ赤な屋根の駅舎が可愛い「飯田駅」から、伊那路の旅がスタート!

豊橋駅から特急ワイドビュー「伊那路」号に乗って、約2時間半で飯田駅に到着。「しゃべってたらあっという間に着いたね!りんご並木をイメージした、駅舎の真っ赤な屋根が可愛い♥ インスタ映えは間違いなしだね」(TAE)、「よく見ると、ステンドグラスにもりんごが描かれているよ」(まりな)

JR飯田駅

場所
長野県飯田市上飯田5356
営業時間
4:50〜21:50(きっぷ売り場)
問い合わせ
050-3772-3910(JR東海テレフォンセンター※受付時間は6:00~24:00)

GOURMET

ブルーベリー狩りと大鹿グルメを楽しめる、山の食堂へ

標高約1000メートルの山間部にある「するぎ農園」は、大鹿村に移住したご夫婦が無農薬&無化学肥料で栽培するブルーベリー農園。ブルーベリー狩りができるのは7月から8月上旬。入園料500円(小学生以上)で、園内食べ放題・時間制限なし。100グラム100円で持ち帰りもできます。


ブルーベリー農園に併設する食事&喫茶処には、地元で採れる食材を使ったおいしいものがいっぱい。「手打ちそばと大鹿の味セット」(1300円)は、大鹿で採れるそばの実を自家製粉したそば、山塩で食べる季節の山菜の天ぷら、手作りこんにゃくやおからのサラダなど。


「ソイクリーム」(300円)と「水出し珈琲」(400円)。「ソイクリームは新感覚のデザート!大豆がクラッシュナッツみたいに混ざった甘すぎないクリームが、コーヒーによく合う~」(まりな)「水出し珈琲は大鹿の水を使って、じっくり12時間かけて抽出しているんだって!すっきりしていておいしい♥」(TAE)


2003年に大鹿村に移住してきたという風間さんご夫妻。「息子3人を育てながら、田舎暮らしをしています。大鹿には派手な観光名所はないけれど、地元のおいしいものを食べながらのんびり過ごすには最高の場所ですよ」

手打ちそば・水出し珈琲 するぎ農園

場所
長野県下伊那郡大鹿村鹿塩1208-7
営業時間
11:00〜15:00
定休日
火・水曜(祝日の場合は営業)
※6月は無休、12月下旬〜4月上旬は冬期休業
タバコ
禁煙(縁側に喫煙スペースあり)
カード
不可
問い合わせ
0265-39-3008
公式サイト
http://www.osk.janis.or.jp/~kindosan/

3ヘクタールの広〜い農園でりんご狩りを

標高差が高く、昼夜の寒暖差が激しい松川町はりんごの栽培が盛ん。りんごでつくる発泡酒「シードル」の醸造にも、まちを上げて取り組んでいます。「りんご屋たけむら」では、サンふじ、シナノスイート、シナノゴールド、秋映(あきばえ)など生食用約10種類に加えて、醸造用のりんごの栽培にも挑戦しています。


眼下に南アルプスの山々を望む畑でりんご狩りを。毎年9月下旬〜11月下旬まで楽しめますが、品種によって時期が異なるため要問い合わせ。「青空の下でりんご狩りは最高に気持ちいい〜! 畑にはたくさんの品種のりんごがなっていて、見ているだけでも楽しい♪」(TAE)


りんご栽培とシードルの醸造・販売に奮闘する竹村隆さん(右)、竹村暢子さん(中)、佐藤篤さん(左)。2020年には農園の敷地内にワインとシードルをつくる会社「VinVie(ヴァンヴィ)」としての醸造所が完成予定とか。「松川町のシードルづくりを盛り上げていきます」

りんご屋たけむら

場所
長野県下伊那郡松川町大島3306
営業時間
9:00〜15:00
※りんご狩りは9月下旬〜11月下旬(要問い合わせ)
定休日
不定休
料金
りんご狩り大人648円、小人432円(時間制限なし・食べ放題)、幼児無料、持ち帰りは1kg540円
カード
不可
問い合わせ
0265-36-4191
公式サイト
https://www.ringoya-takemura.com/
https://www.vinvie.jp/

澄んだ空気もごちそう!りんごの木の下でBBQ

りんご園でBBQができる「フルーツガーデン北沢」。食材は黒豚、ソーセージ、焼きそば、山盛り野菜など。ドリンクなどの持ち込みも可。8月下旬から11月下旬はくだもの狩りと同時営業。「りんごに囲まれたロケーションが素敵。りんご園にはヤギとうさぎがいるよ」(TAE)、「シードルは、甘口から辛口までたくさん種類があるから、自分の口に合うものを探すのも面白いよね!スッキリしていて、BBQのお供にもぴったり◎」(まりな)


りんごの加工品にも力を入れている「フルーツガーデン北沢」。直売所では、りんごジュースやりんごチップス、BBQでも提供されるりんごと野菜をたっぷり使ったオリジナルの焼肉のタレなどを販売しています。


農園の4代目となる北沢兄弟。兄の毅さん(左)がりんご栽培を、弟の寛さん(右)がシードルの醸造を担う。「BBQ、くだもの狩りともに時間制限は設けていません。のどかな農園で一日のんびり過ごしてください」(毅さん)、「醸造設備が今年の秋から稼働します。うちの農園で採れたりんごで自家醸造するシードルをお楽しみに!」(寛さん)

フルーツガーデン北沢

場所
長野県下伊那郡松川町大島3347
営業時間
9:00〜16:00
※バーベキューは4月〜11月下旬、りんご狩りは8月下旬〜11月下旬、なし狩りは8月下旬〜10月中旬(要問い合わせ)
定休日
不定休
料金
バーベキュー(一人前)2160円、くだもの狩り大人648円、小人432円、幼児無料(時間制限なし・食べ放題)、持ち帰りは1キロ540円
カード

問い合わせ
0265-36-2534
公式サイト
http://fgkita.com
https://fgkita.thebase.in/

STAY

地中からこんこんと湧き出る塩の泉!秘湯の宿でパワーチャージ

南アルプスの雄大な山々に囲まれた大鹿村で、古くから親しまれてきた鹿塩温泉。海のない土地なのに海水とほぼ同じ濃度の源泉が湧き、天然塩が採れるという不思議な温泉です。塩泉のナゾは諸説あるものの、未だ解明されていないというのもロマンにあふれています。

「山塩館」は鹿塩温泉の源泉をもつ老舗の宿で、今年の春に旧館のリニューアルが完了。飛騨家具に囲まれた、木の香りのする部屋が人気を呼んでいます。


お楽しみの夕食タイム!静かな庭園を眺める食事処でいただきます。お酒があまり強くない二人は、大鹿村で採れたブルーベリーのジュースで乾杯。


「山塩館」の食事は、地のもの、季節のものを材料に丁寧につくられた素朴なおもてなし。味の引き立て役は、塩泉を煮つめて作られる山塩。まろやかでさらっとした山塩が、山の恵みの滋味深さを引き立てます。「鹿肉のカルパッチョ」など、大鹿のジビエを生かしたメニューが食べられるのも鹿塩温泉ならでは。


夕食の後は野趣あふれる温泉へ。塩泉のお湯はやさしくなめらかな肌ざわりで、体をしっかりと温めてくれます。「露天風呂ではないけれど、山に囲まれた大浴場は開放感いっぱい」(TAE)、「お湯がしょっぱくてびっくり!外の景色を見渡せる朝風呂が最高!お肌がしっとり、すべすべになったよ」(まりな)

鹿塩温泉 湯元 山塩館

場所
長野県下伊那郡大鹿村鹿塩
料金
お一人様1泊1万4190円〜(朝夕付)
カード
不可 
問い合わせ
0265-39-1010
公式サイト
http://www.yamashio.com

渓流のせせらぎが聞こえる、全5室の小さな宿

お宿は、清流「塩川」沿いに佇み、赤い手すりの鹿鳴橋を渡った先にある「塩湯荘」もおすすめ。木々の間をぬって差し込む木漏れ日や川のせせらぎが心地良い、大鹿村の自然を間近に感じられる小さな宿です。お楽しみは、地元農家で採れた野菜や山菜、川魚、山肉などを使った山の幸。大鹿の水や山塩を使って調理しているのが、何よりのごちそうです。温泉はもちろん、鹿塩温泉の塩泉。明治創業の風情を感じる宿で、食事と温泉を楽しむしっぽりした時間を過ごせますよ。

鹿塩温泉 塩湯荘

場所
長野県下伊那郡大鹿村鹿塩633
時間
IN 15:00 / OUT 10:00
料金
大人1名1泊1万950円〜(朝夕付)
カード
不可
問い合わせ
0265-39-2316
公式サイト
http://shioyuso.com

1泊2日で出掛けた夏の伊那路。「大自然の中で、日々の忙しさを忘れる贅沢な時間。くだもの狩りができる秋になったらまた行きたいな♥」(まりな)、「日本にはまだまだ知らない素敵な場所がいっぱいあるんだなと実感。秋にもまた来たいな〜♪」(TAE)

抽選で6名様に、長野産シードルをプレゼント!


今回、紹介した「りんご屋たけむら」と「フルーツガーデン北沢」のシードル(750ml)を、抽選で6名様にプレゼント!下記の応募フォームからご応募ください。
※応募〆切は8月2日(金)

〈JR東海からのお知らせ〉Shupo公式サイト
https://shupo.jr-central.co.jp/travelplan/19su/plan.html#set_tab3_3

※掲載されている情報は2019年7月時点のものであり、変更となる場合があります
応募フォームはこちら

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line