絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#ディナー

2019.8.16fri

【名古屋・矢場町】ニース出身のシェフが営む「Bistrot L'Ampoule(ビストロ ランプール)」

フランス・ニース出身のシェフと、日本人の奥さんが営む、肩ひじ張らないかわいいビストロ「Bistrot L’Ampoule(ビストロ ランプール)」が、中区・千代田にオープンしました。

地産地消を大切にした料理を、カジュアルに

白インゲン豆と砂肝、鶏モモ肉のコンフィの上に、カリカリのレバートーストがのった「スタミナサラダ」(896円)

「国産豚ホホ肉の赤ワイン煮込み」(950円)は、オレンジを効かせたニーススタイルで

愛知県産のオーガニック野菜をはじめ、肉や魚、野菜、乳製品などの素材は、なるべく身近なものを使用しています。「毎日、気軽に立ち寄ってほしいから」と、夜はすべてアラカルトで提供。価格は手頃ながら、本場の料理はどれも絶品です。

自家製リエットやローストポークサジキ風などの「シャルキトリー盛り合わせ」(1134円)。天然酵母パンも自家製

ワインはすべて自然派ワインをセレクト

木とレンガが、温もりあふれる雰囲気。テーブルのカトラリー入れは、店主家族の手作り

フランスからイタリア、南アフリカ、日本まで、ワインは生産者の顔が見える、自然派ワインをラインナップ。ぜひ料理に合うワインを、店主夫妻と相談しながらセレクトしてください!

「小さな店なので、なるべく予約のうえ、お越しください」と夫妻

【名古屋・矢場町】ニース出身のシェフが営む「Bistrot L’Ampoule(ビストロ ランプール)」

イベント名
Bistrot L'Ampoule(ビストロ ランプール)
営業時間
18:00~22:00(LO) ※8月から営業時間の変更あり
定休日
火曜
場所
名古屋市中区千代田1-4-1 カスティーヌ千代田1F西側 
駐車場
なし
タバコ
禁煙
カード使用
可(5000円以上)
問い合わせ
052-261-1877
Facebook
https://www.facebook.com/lampoulenagoya/

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY11月号(2022年9月21日発売)この秋したいこと全部!

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

【名古屋・矢場町】ニース出身のシェフが営む「Bistrot L'Ampoule(ビストロ ランプール)」

WRITER

Masahiro Sugiyama

Masahiro Sugiyama

金沢の出版社、東京の雑誌『自休自足』(現『TURNS』)の編集部を経て、2009年に独立。2016年秋から、地元・愛知へUターン。月刊『KELLy』では、おでかけ記事を担当し、年間200軒以上のショップや飲食店を取材!著書に、『ふだんの金沢に出会う旅へ』『レトロカーと。』(ともに主婦の友社)など。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. Masahiro Sugiyama
  4. 【名古屋・矢場町】ニース出身のシェフが営む「Bistrot L'Ampoule(ビストロ ランプール)」

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。