絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

【愛知・清須】絶品&個性的なホットサンドを味わえる「キヨスプレス」がオープン!

名鉄「新清洲駅」から徒歩3分 | レトロなビルの1階を、古材やアンティーク家具などを生かして、自分たちの手でリノベーション。ローストポークやチーズ、ピクルスなどを挟んだ、熱々の「キューバサンド」や、清須産のかぼちゃをたっぷり使った「キヨスかぼちゃサンド」など、ユニークかつおいしいホットサンド、フルーツサンドを、昼も夜も手軽に楽しめる「キヨスプレス」が、新たに誕生しました!

手がけるのは、名古屋・矢場町で「社交酒場 イム」を営む山下さんと、スタッフとして一緒に働いていた曽我さんです。そのイムと同じく、キヨスプレスも「一人で気軽に立ち寄れる」ことをコンセプトにしました。ただし、イムが立ち飲みも楽しめるバルのようなお店なのに対し、こちらは「ホットサンドやコーヒーをメインにしたカフェ」をテーマにしています。

ランチに、夜ごはんに、多彩な楽しみ方ができる!

カウンターの正面には、店主の二人のイラストが

山下さんは、20代前半の2年間を中国で過ごし、帰国後は名古屋市内のカフェや大衆居酒屋、柳橋中央市場などで働き、経験を積んできました。食べ歩きが大好きで、一人で国内外のいろいろな場所へ。ホットサンドに興味を持ったのも、北海道を旅したとき、とあるカフェで味わったのがきっかけでした。

「ホットサンドは、朝食としても、ランチや夜ごはんとしても楽しめますし、挟む具材によっては、お酒と合わせてもおいしい! いつか、ホットサンドのお店ができたらと考えていたんです」

ハンバーガーのバンズのようなパンが、具材にマッチ!

キヨスプレスのホットサンドは、「パン」にも、「具材」にも、こだわりが詰まっています。パンは、小牧市にある老舗製パン所に依頼。ホットサンドでは、通常の「食パン」と、ハンバーガーに使われているような「バンズ」から、セレクトすることができます。

「おすすめは、やっぱりバンズです。ホットサンドメーカーで焼くときに、バターを加えることで風味がアップ! さらに、ゴマの香ばしさが食欲をそそります」

カウンターからは、目の前で焼く様子が見られる

具材も、「キヨスキューバサンド」や「ルーベンサンド」をはじめ、「銀鮭西京焼きクリームチーズ」や「明太厚焼き玉子」「いぶりがっこタルタルチキン南蛮」「豚キムチーズ」「マーボー豆腐」など、とても個性的! 中でも人気は、「キヨスキューバサンド」と「ルーベンサンド」です。

「キューバサンドは、『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』(2014年・アメリカ)という映画からインスピレーションを得てつくりました。オレンジジュース、香草でつけ込み、低温調理によって柔らかく仕上げたローストポークと、チーズ、ピクルスをサンド。さらに、フレッシュなリンゴのスライスを加えることで、最後まで飽きることなく食べられます。ソースには、清須特産の『太陽トマトケチャップ』を使っています」

ルーベンサンドは、コンビーフとチェダーチーズ、ポテトを挟んだメニュー。コンビーフのほのかな塩気と、チェダーチーズの相性が抜群です!

店のキャラクター「プレスくん」のイラストが、いろいろなところに

毎日具材が替わるランチメニュー。デザートも自家製で!

このほか、ランチ(800円 ※サラダ、スープ、ソフトドリンク付)では、毎日具材が変わる「今日のあげもんサンド」や、旬の野菜を生かした「季節のカレーサンド」、「低温調理のしっ鶏ハムサンド」なども楽しめます。ランチタイムでも、ホットサンド8種類、オープンサンド9種類などがそろう、グランドメニューから注文することも可能。ホットサンドは、レギュラーサイズ、ハーフサイズがセレクトできます。

自家製のチーズケーキ。ドリックのセットは500円

ランチでは、+150円でデザートも味わえます。チーズケーキやシフォンケーキなど、日替わりで用意されるデザートも自家製。また、「キヨスカボチャサンド」や「チョコバナナサンド」「フルーツサンド」(すべて378円)も、店内で手作りしています。

清須特産のかぼちゃで作ったクリームと餡をサンドした、「キヨスカボチャサンド」。デザート系のサンドイッチには、ハチミツのほのかな甘みが楽しめる発芽オートミールパンを使用している

ライブやポップアップショップなどのイベントも積極的に

今後は店内で、音楽イベントや、写真、アクセサリーなどの個展、ポップアップショップなども、開催していく予定とのこと。

「名古屋まで遊びに出ている若い子たちが、地元の清須で気軽に立ち寄れるような、いろいろな人とつながれるような、そんなお店にしていきたいですね!」

【愛知・清須】絶品&個性的なホットサンドを味わえる「キヨスプレス」がオープン!

イベント名
キヨスプレス -Hot Sand cafe-(ホットサンド カフェ)
営業時間
12:00~翌2:00(ランチは~15:00)
定休日
水曜ランチのみ休み
場所
愛知県清須市新清洲1-6-15 第一清洲ハイツ1F
駐車場
2台
タバコ
喫煙可(ランチタイムは禁煙)
カード使用
不可
平均予算
昼800円/夜1500
問い合わせ
052-409-0150
公式サイト
https://cafe-26066.business.site/
Instagram
https://www.instagram.com/kiyosu_press/

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY11月号(2022年9月21日発売)この秋したいこと全部!

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

【愛知・清須】絶品&個性的なホットサンドを味わえる「キヨスプレス」がオープン!

WRITER

Masahiro Sugiyama

Masahiro Sugiyama

金沢の出版社、東京の雑誌『自休自足』(現『TURNS』)の編集部を経て、2009年に独立。2016年秋から、地元・愛知へUターン。月刊『KELLy』では、おでかけ記事を担当し、年間200軒以上のショップや飲食店を取材!著書に、『ふだんの金沢に出会う旅へ』『レトロカーと。』(ともに主婦の友社)など。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. おうちでおいしく応援
  4. 【愛知・清須】絶品&個性的なホットサンドを味わえる「キヨスプレス」がオープン!

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。