ローディング

【お土産プレゼントも!】発酵食フレンチと、「やくばらい散歩」で心身を磨く旅。TRIP.07 京都|星野リゾート ロテルド比叡【PR】

2019.10.01〈Tue〉

最終更新日:2019/10/04

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2019/10/04

旅好きがリピートする、極上ステイと最高のホスピタリティが素晴らしい「星野リゾート」。『月刊ケリー』編集長が毎月、旬な施設を訪れて、現地の魅力をお届けしている連載企画です。第7弾は、神秘の森に囲まれたオーベルジュ「ロテルド比叡」。おいしいフレンチと、寺社のご利益を得る滞在を体験します。「ロテルド比叡オリジナルのご朱印帳とほうじ茶の三種セット」のプレゼント企画(11月15日応募締め切り)もお見逃しなく♪

profile 『月刊ケリー』編集長・堀井好美
「星野リゾート」をこよなく愛し、国内外の38施設を制覇するのが夢。訪れる度に「ロテルド比叡」の料理と、寺社巡りに魅了されている。

比叡山の敷地に建つオーベルジュで、おいしい食事とご利益を体感


世界文化遺産の比叡山延暦寺。日本仏教各宗派の祖師高僧を輩出したことから、「日本仏教の母山」として知られています。その敷地に建つ「星野リゾート ロテルド比叡」は、極上のフレンチが食べられるオーベルジュだが、もちろんご利益を感じるコンテンツも様々スタンバイ。チェックインしてまず体験したいのが、五色の燈花会。「如来の精神や知恵を表す五色の燈花会は、とても幻想的な雰囲気。ふわふわと浮かぶカラフルな光に癒されます」と編集長。今回の旅がスタートしました。

発酵ほうじ茶の利き茶とアペリティフで一息


近江は、昔からの発酵食文化が根付いた土地。ここ、「ロテルド比叡」ではその発酵食に注目したオリジナリティのある食事が楽しめると、多くのリピーターが訪れています。ホテル到着後にいただけるほうじ茶も、発酵にまつわるもの。明治35年創業の「近江茶丸吉」と共同開発したお茶を、「発酵ほうじ茶の利き茶とアペリティフ」でいただけます。未発酵茶と半発酵茶、完全発酵茶と、それぞれに合うアペリティフ3種類がずらり。


未発酵茶は日本茶に似たすっきりとした味、半発酵茶にはウーロン茶のような渋みとうま味があり、完全半紅茶は紅茶のような深い味わい。利き茶で飲み比べ、お気に入りを見つけたら、滞在中は「サロン・ド・比叡」で好きな時間に楽しめます。


ラスクやクッキーなどをお茶請けに。窓からは雄大な琵琶湖の景色が眺められ、ついついここで長居してしまいそう!

お香の柔らかなにおいで、最初のお清め


部屋に入ると、ふわりとお香のにおい。今回体験する「比叡山やくばらい散歩」は、身を清め、厄払いをするのが宿泊テーマで、そのための準備が整っています。入浴時は日本酒から作った入浴料を使用し、翌日の出発前には延暦寺で祈祷した「塗香(ずこう)」の香りを纏う。やわらかな香りに触れた滞在に、この上なくリラックスできます。


編集長は、塗香を体験するのは初めて。「少量を指先に取り、肌になじませると、甘さとスパイスを感じる上品な香りが持続します」。

スペシャリテに感動!発酵食文化×フレンチの夕食


近江をはじめとする、世界の発酵食に着目をし、オリジナルのフレンチに昇華。特に、鮒ずしを使ったスペシャリテは、ここでしか味わえないお楽しみ!鮒ずしは、その昔、殿に献上していたという400年もの歴史を持つ老舗店のものを使用し、シェフのインスピレーションをプラス。さらに季節感を盛り込んでいる。「ふわとろのエスプーマの中に、鮒ずし、栗、フォアグラ。甘さと塩み、それぞれの食材の風味が口の中でとろける!」と編集長も驚きを隠せません!


メインの「~近江の豊潤 熟成肉の旨味~国産和牛と茸」。熟成した近江牛のランプ肉は、とても柔らかくうま味もしっかり。コクのある赤ワインのソースでいただきます。


デザートの「林檎とキャラメル」は、フレンチデセールの基本に則り、アイスクリームとサクサクのメレンゲを一皿に。カルバドスが香るアイスクリームと、キャラメリゼしたリンゴの相性は抜群です!

厄払い専用のスパで身と心を清め、明日の準備


食事でお腹が満たされた後は、明日の「やくばらい散歩」に向けての準備を着々と。厄払い専用スパ「浄心」(オプション)で、比叡山を流れる「日枝の霊水」に、お香を加えたトリートメントを体験。塗香を体の陰陽経路に合わせて施術し、リラックスしながらも厄を追い出すのだとか。「とにかく施術と香りが心地よく、眠ってしまいそうに…。全身の浄化を感じます」と編集長。

国宝「根本中堂」での「朝のお勤め」は、宿泊者だけの特権


翌朝は早起きをして、比叡山 国宝「根本中堂」の「朝のお勤め」に参加。これは比叡山で宿泊した人だけが、特別に体験できる行事。空気もひんやりと心地よく、気持ちが引き締まります。お勤めを行う「根本中堂」は、現在大改修工事中。2025年には完成予定。

冷えた体を温める、熱々チーズで朝食を


朝食にも、発酵にまつわる食材を。「とろとろチーズ朝食」で使用するチーズは、メインディッシュのラクレットチーズ、オニオングラタンスープのグリュイエールチーズ、デザートのフロマージュブランと3種類。すべて、2014年国産チーズコンクールで優勝し、ファーストクラスの機内食でも使用されている「古株牧場」(滋賀県竜王町)のものを使用しています。「たっぷりのチーズで野菜もしっかり摂れる朝食は、朝からとても贅沢な気分になれますね」。

ライブラリーで発酵食&比叡山をおさらい


ライブラリーには、比叡山の歴史や近江の食文化にまつわる本がずらり。近江の発酵茶やハーブティー、コーヒーなどをいただきながら、この滞在に関する情報をおさらい。


朝のさわやかな光が差し込むロビーで、チェックアウト前のひと時を過ごすのもおすすめ。

「比叡山やくばらい散歩」に、さぁ、出発!


まずは、1200年前から厄除けの山と言われる比叡山へ。「比叡山延暦寺」は、日本天台宗の総本山。ユネスコ世界文化遺産にも認定されています。東塔・西塔・横川があり、今回は東塔エリアを散策。788年に最澄によって開創されたこの寺院を巡り、歴史をたどります。


いま、寺社仏閣巡りの女性たちに人気の「花手水」を見つけてパチリ。秋の菊を中心とした、可憐で美しい花々が、手水舎を彩ります。これは、11月30日までの実施なので、写真に収めたい人は急いで!


延暦寺を散策した後は、参加者限定の「梵字ラテ」と「お守り」を授受。生まれ年の守護尊の梵字を、ラテに描いてもらえます。

続いて、比叡山の麓に鎮座する、国宝「日吉大社」で厄を払う


全国に3800はあるとされる、日吉・日枝・山王神社の総本山。平安京遷都の際、表鬼門に当たることから、都の魔除・災難除を祈る社とされました。この個性的な形の鳥居(山王鳥居)は、神仏習合信仰の証ともいわれています。


「日吉大社」でも、美しい花手水をパチリ。こちらも菊を中心にした花々が、手水舎を彩ります。「撮影に訪れた日も、写真撮影をする女性客に遭遇。やはり、花手水は全国的に話題になっているんですね」。※11月30日までの期間限定実施

本格的な「大祓特別祈祷」は、ぜひ受けておきたい!


「特に厄を感じているわけではないけれど、せっかく参拝に来たのなら、由緒正しき厄払いを受けてみたい」と、オプションの「大祓特別祈祷」に参加。日吉大社西本宮の本殿下にある「下殿」で行われますが、ここは山王信仰の象徴でもある特別な場所。心身浄化の儀式を行います。


お清めの儀式を受けた証として、破魔矢やお札、金の御朱印を授かります。2020年1月10日以降に参加すると、特別に「二0二0 令和厄払い」と書いた金の御朱印をいただけるのだとか!

旅の締めくくりは、江戸の味を守るそば店で


かつて、比叡山で断食の業終えた修行僧が、弱った胃を慣らすために食したと言われるそば。この「本家鶴喜そば」は1716年(江戸時代!)に創業し、そばを提供し続けている老舗です。


こちらが、「比叡山やくばらい散歩」を締めくくる、「やくばらい蕎麦」(オプション)。そばに、湯葉などの縁起物を合わせたセットです。「心と身体を浄化し、ご利益を得る旅なのに、しっかりとお腹まで満たされてしまう、なんとも贅沢な滞在!五感すべてが満足できて、じっくりと自分に向き合える時間もあって。女性のお一人様客がちらほらいらっしゃった理由が、よくわかりました」と編集長。また2020年もお世話になりたい…とひそかに思いながら、今回の旅を終えました。

料金
大人1泊朝食付2万4200円~(2名1室利用時の1名分料金)
※掲載されている情報は、2019年9月時点のものであり、変更となる場合があります。

関連記事もチェック>>『月刊ケリー』編集長が行く! 星野リゾート TRIP.01-07

PRESENT


「星野リゾート ロテルド比叡」のロテルド比叡オリジナルのご朱印帳とほうじ茶の三種セットを5名にプレゼント!

応募締切は2019年11月15日(金)23:59

応募フォームはこちら

【お土産プレゼントも!】発酵食フレンチと、「やくばらい散歩」で心身を磨く旅。TRIP.07 京都|星野リゾート ロテルド比叡【PR】

店名

星野リゾート ロテルド比叡

営業時間

IN15:00/OUT12:00

場所

京都市左京区比叡山一本杉

駐車場

あり

カード使用

可(レストランやアクティビティにより不可の場合あり)

2019.10.01〈Tue〉UP

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line