絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#ランチ

2019.12.9mon

カジュアルイタリアン「カフェ リエッコ(Café Riecco)」の青じそ香るパスタがお目当て!【愛知・稲沢】

“カフェスタイルで気軽に食べるイタリアン”をコンセプトに、稲沢市に2019年6月にオープンした「カフェ リエッコ(Café Riecco)」さん。愛知県の名産品・青じそを使ったパスタや、店内で手作りするドルチェが自慢です。今回は、お招きいただいた試食会に、編集部が行ってきました!

「愛知県の、地元農家を盛り上げたい!」

テーブル席をメインに、カウンター席、中2階の席もある広々とした店内。ランチ・カフェ・ディナーと、様々なシーンで利用できます。

店を営む伊東さんご夫婦。奥さまの両親はどちらもしそ農家で、青じそは幼い頃から馴染み深い食材だったそう。料理では薬味や飾りとして使われることが多いため、「もっとその魅力を伝えたい」と、メニューを考案しているそうです。実は、愛知県は青じその生産が全国一位って、知っていましたか?

バリエーション豊かな、青じそ×パスタ

エビと青じそのトマトクリームソース

ホタテとフレッシュトマトの青じそソース(1091円+税)

タコとオリーブ、青じそのペペロンチーノ

ランチには、パスタに前菜、自家製パン、ドリンクが付くセット(1254円+税)を用意。「エビと青じそのトマトクリームソース」をはじめ、3種類から選べる月替わりパスタの一つには、青じそを取り入れています。香り豊かで爽やかな青じそは、せん切りをのせたり、ソースにしたり、使い方によって風味が変わるのも面白いです。ディナーはドルチェまで付くコースが2種類(1773円+税と2164円+税)あり、本格的なイタリア料理を楽しめますよ。

食後のお楽しみ。デザートにもこだわりが

和栗のケーキとあずきのジュレ(518円+税)

ラフランスのロティとベイクフロマージュ(518円+税)

「和栗のケーキとあずきのジュレ」など、独創的なドルチェにも注目を。季節の食材を使ったものや、イタリアの定番のデザートを手作りしています。思わず迷ってしまうほど、種類も豊富。22時まで営業しているので、夜カフェとして使えるのもうれしいポイントです。

地元食材のおいしさを伝えたいと、熱い想いを持ったご夫婦の店。ぜひ行ってみてくださいね。

※掲載情報は2019年12月時点の情報です

カジュアルイタリアン「カフェ リエッコ(Café Riecco)」の青じそ香るパスタがお目当て!【愛知・稲沢】

イベント名
Café Riecco(カフェ リエッコ)
営業時間
11:00~22:00(LOは21:30)
※第2・4火曜日は~16:00(LOは14:00)
定休日
水曜
場所
愛知県稲沢市大塚北6-57
駐車場
あり(18台)
タバコ
禁煙
カード使用
不可
平均予算
昼1500円/夜2000
問い合わせ
0587-81-8887
公式サイト
https://caferiecco.amebaownd.com/

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY3月号(2022年1月21日発売)いつだって食べたい おいしいパン

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

カジュアルイタリアン「カフェ リエッコ(Café Riecco)」の青じそ香るパスタがお目当て!【愛知・稲沢】

WRITER

Moeko Mizuno

Moeko Mizuno

岐阜県多治見市出身。お笑いと甘いものが好き。スイーツは食べるのも作るのも好きで、休日はお菓子作りに励む。実家が陶器屋を営み、器にこだわる一面も。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. Moeko Mizuno
  4. カジュアルイタリアン「カフェ リエッコ(Café Riecco)」の青じそ香るパスタがお目当て!【愛知・稲沢】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。