絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#モーニング

2019.12.15sun

「イチトサンブンノイチ」手打ちうどん屋とカフェ、居酒屋が一つに!【愛知・幸田】

幸田町にオープンした「イチトサンブンノイチ」は、愛知県西尾市にある讃州手打ちうどんの人気店「我流(がりゅう)」の創設者である水野さん夫妻が手掛け、カフェ・うどん屋・居酒屋という3つの夢を詰め込んだ新店です。

店内に足を進めると、2階まで全体が吹き抜けとなった、開放的な空間が現れます。中央には大きなオープンキッチンがあり、窓の外にはのどかな田園風景が広がります。

「忙しい日常を過ごしている人が多い時代だからこそ、ここではおいしいものを食べながら、豊かな時間を過ごしてほしい」と、周囲の自然を最大限に感じられるように大きな窓を設け、漆喰の壁や桜御影石のカウンターをはじめ、天井まで煙突が伸びる薪ストーブや屋久杉のテーブル、グリーンなど、店内の素材やデザインにも徹底的にこだわりました。

田園風景を一望する工房で、心を込めて麺を打つ

そんなゆったりとした空間で、11時から14時のランチタイムに味わえるのが、手打ちうどんです。店主の水野拓也さんは、2009年に我流をオープンする前に、讃岐うどんの本場・香川県の一流店で修業を積んだ経験の持ち主。イチトサンブンノイチでも、毎朝、愛知県産の小麦「きぬあかり」を使って、水野さんが麺を打っています。その工房は、豊かな自然を一望する特等席に。

麺打ち工房の眼前には、豊かな田園風景が広がる

「料理には、作る人の心が表れると思うんです。イライラしたり、慌てたりしたら、それが麺に出てしまう。だからこそ、移り変わる自然や風の動きを感じながら、ゆったりとした気持ちで、麺を打ちたいと思っています」

打った麺は、その後、低温熟成させることで、コシや食感を高めています。また、季節ごとに麺の太さを微妙に変えるなど、日々工夫も重ねています。

自家製にこだわり、ここだけでしか味わえない料理を。

この日、味わったのは、広島県産の牡蠣がたっぷり入った味噌煮込みうどん(1580円+税)。味噌煮込み専用に打った、もっちりとした麺が、大きくプリプリとした牡蠣にマッチします。ストウブの鋳物鍋を使っているので、いつまでも温かいのも嬉しいポイント。広島県産の牡蠣は、冬季限定で「牡蠣フライ」(880円+税/ハーフ500円+税)としても提供しています。

このほか、徳島県産のすだちが爽やかな「海老天すだちおろしぶっかけ」(980円+税)や、奥三河どりを自家製のタルタルソースと合わせた「とり天タルタルぶっかけ」(980円+税)、「明太子とろろぶっかけ」(950円+税)などが、女性に人気とのこと。「カレーうどん」(800円+税)や「肉カレー」(950円)に使用するカレーも、10種類のスパイスを配合するところから手掛けています。我流でも人気の「カラマゼ」(850円+税)は、うどんを食べた後、残った大粒のミンチをご飯に載せて味わうのがおすすめです。

デザートグラスに入ったお茶漬けをモーニングに。

お店は朝8時からのオープンで、11時まではモーニングを提供しています。トーストに加えて、面白いのがデザートグラスで味わうお茶漬け。うどんで使用している出汁が、たっぷりとご飯にかけられています。この他、「朝ラー」(500円)や定期的に具材が替わる「ホットサンド」(ドリンク代+500円/単品700円+税)も人気です。

ドリンクの価格で、トーストorお茶漬け(温/冷)が選べる。ゆで卵、サラダ、フルーツ付き

さらに、土曜の夜は居酒屋タイム。幸田町で居酒屋「水野家」も営んできたノウハウを生かして、海鮮や中華など、様々なメニューを提供しています。

「うどん屋、カフェ、居酒屋と、自分たちのやりたいことを3分の1ずつ詰め込んだこの場所を、お子さんから年配の方まで、多くの方に長く愛されるお店にしていきたい。そのためにも、僕たち夫婦やスタッフのみんなも、笑顔で楽しく働けるお店でありたいと思っています」。

吹き抜けに面する2階にもテーブル席が

田園風景の中にたたずむ、白い箱のような建物がお店だ

※掲載情報は2019年12月時点の情報です。

「イチトサンブンノイチ」手打ちうどん屋とカフェ、居酒屋が一つに!【愛知・幸田】

イベント名
イチトサンブンノイチ
営業時間
喫茶 8:00~11:00(LOは10:45)、うどん 11:00~14:00(LO)、居酒屋 ※土曜のみ18:00~24:00(LO23:00)
定休日
月・火曜
場所
愛知県額田郡幸田町大草前田77
駐車場
15台
タバコ
禁煙(土曜の夜のみ喫煙可)
カード使用
平均予算
昼1200円/夜3000
問い合わせ
0564-77-0113
Instagram
https://www.instagram.com/1to3bunno1/

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

「イチトサンブンノイチ」手打ちうどん屋とカフェ、居酒屋が一つに!【愛知・幸田】

WRITER

Masahiro Sugiyama

Masahiro Sugiyama

金沢の出版社、東京の雑誌『自休自足』(現『TURNS』)の編集部を経て、2009年に独立。2016年秋から、地元・愛知へUターン。月刊『KELLy』では、おでかけ記事を担当し、年間200軒以上のショップや飲食店を取材!著書に、『ふだんの金沢に出会う旅へ』『レトロカーと。』(ともに主婦の友社)など。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. Masahiro Sugiyama
  4. 「イチトサンブンノイチ」手打ちうどん屋とカフェ、居酒屋が一つに!【愛知・幸田】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。