ローディング

名古屋の新名所「バーミキュラ ビレッジ」を徹底レポート!モーニング&ランチメニューまで

2019.12.20〈Fri〉

最終更新日:2020/05/22

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2020/05/22

「名古屋駅」より車で約5分 | 中川運河沿いに「最高のバーミキュラ体験」をテーマにした体験型複合施設「バーミキュラ ビレッジ(VERMICULAR VILLAGE)」がオープン。「バーミキュラ ビレッジ」の見どころをたっぷりご紹介します!

名古屋の新名所「バーミキュラ ビレッジ」を徹底レポート!

「バーミキュラ」って?


〈バーミキュラ〉は累計受注台数44万台を突破する人気製品に。〈バーミキュラ ライスポット〉も累計受注台数13万台を突破(ともに2019年9月末時点)

名古屋の鋳物ホーロー鍋の中でも密閉性が高く、食材の栄養を逃さない「無水調理」によって、誰でも簡単に素材本来のおいしさを引き出した料理が楽しめると人気の〈バーミキュラ(VERMICULAR)〉。今や、世界的ブランドにまで成長したバーミキュラを手がけるのは、実は日本の、しかも名古屋に本社を置く企業だとご存知でしょうか?

1936年に中川運河沿いに創業した老舗メーカーの「愛知ドビー」では、それまでつちかった「鋳造」と「精密加工」の高い技術を生かして、職人の手仕事により、2010年に鋳物ホーロー鍋のバーミキュラを、2016年にライスポットを世に送り出してきました。

累計受注台数44万台を誇る、この鋳物ホーロー鍋に加えて、温度設定機能により、炊飯だけでなく低温調理や発酵料理なども手軽に家庭で楽しめる〈バーミキュラ ライスポット〉も、あこがれの調理家電として注目を集めています。

レストランやベーカリーカフェも備えた、注目の新スポット「バーミキュラ ビレッジ」へ!

ささしまライブ24から名古屋港までをつなぐ中川運河の中でも、名古屋駅から南東に車で約5分と、都心部にほど近いエリアに、「バーミキュラ ビレッジ」は誕生しました。周囲は、名古屋市が策定する「中川運河にぎわいゾーン にぎわい創生プロジェクト」の対象エリアであり、散策路などの整備が計画されるなど、再生計画が進められています。

バーミキュラ料理が堪能できる「ダインエリア」と、使って試せる「スタジオエリア」

そんな中川運河を目の前に望む絶好のロケーションに登場したバーミキュラ ビレッジは、レストランやベーカリーカフェからなる「ダインエリア(DINE AREA)」と、フラッグシップショップや料理教室などを備え、バーミキュラを購入する前に、実際に使い勝手を試すことができる「スタジオエリア(STUDIO AREA)」の2つのエリアからなっています。

ダインエリア(DINE AREA)

まずは「ダインエリア」をご紹介! ダインエリアの一番の魅力は、レストランのモーニングから、ランチ、ディナー、ベーカリーのパンにいたるまで、すべての料理にバーミキュラが生かされていること。バーミキュラを使い、素材の持ち味を引き出した料理のおいしさと可能性を、実際に味わって確かめることができます。

VERMICULAR RESTAURANT THE FOUNDRY
(バーミキュラ レストラン ザ ファウンダリー)


店内には薪窯があり、自慢の薪窯料理をいただけます

レストラン、ベーカリーカフェともに、すべての料理をバーミキュラで調理
メインダイニングとなるレストランでは、モーニングに、バーミキュラで焼き上げたカンパーニュのタルティーヌやパンケーキが楽しめます。


モーニング:「イチゴとマスカルポーネチーズのタルティーヌ」(900円+税)


ランチ:「豚すね肉とカリフラワーのスパイスカレー(サラダ、ライスポットで炊いたレモンライス付き)」(1600円+税)

ランチは、愛知鴨を薪火でローストした肉料理や、サワラを薪火でグリルした魚料理、スパイスカレーやビーフシチューなどを用意。セットでバーミキュラ ライスポットの炊き立てつやつやご飯がついてきます。自慢の薪窯でローストした薪窯料理は、香ばしい薫りと深い味わいがプラスされます。


現在、ディナーはコース形式で、バーミキュラ料理が味わえる。多くの料理は、バーミキュラの鍋ごとテーブルに

さらに、ディナーはコース形式で、バーミキュラ料理がじっくり味わえます。このほか、クリームブリュレやタルトタタンなど、デザートにもバーミキュラが使われているのも注目です。


運河を望むレストラン2階には、キッチンを囲んだカウンターの特等席「CHEF’S TABLE(シェフズテーブル)」が。※イベント開催時のみオープン予定

VERMICULAR POT MADE BAKERY
(バーミキュラ ポットメイドベーカリー)


10種類以上のバーミキュラで焼き上げたパンが並ぶ。運河を望む席で、イートインも可能

ベーカリーには、カンパーニュや食パン、無水カレーパン、こだわり卵のクリームパンなど、10種類以上のパンがずらりと並びます。


ベーカリー専用に開発したバーミキュラで焼き上げる、絶品のパン
多くのパンが丸い形をしているのは、ベーカリー用に新たに開発した10cmのバーミキュラで、一つひとつ丁寧に焼き上げられているから。

さらに食パンも、鋳物ホーロー製の食パン型を専用に開発して、一本一本焼いています。食パン型や10cmのバーミキュラは、後半で紹介する「スタジオエリア(STUDIO AREA)」のフラッグシップショップで、限定商品として購入できます。


バーミキュラで焼き上げるパンは、外側はパリッと、中はしっとりとして、芳醇な甘みが特徴。そんなパンとともに、バーミキュラの鍋で5時間煮込んだビーフシチューや季節野菜のポトフもどうぞ。

スタジオエリア(STUDIO AREA)

レストランやベーカリーで、バーミキュラ料理を堪能したら、運河沿いを北に120mほど歩いて、ぜひ「スタジオエリア(STUDIO AREA)」にも立ち寄ってみましょう。

購入前に、バーミキュラを使って試せるのは、国内でここだけ!
フラッグシップショップや料理教室、ラボ、クックブックライブラリーなど、スタジオエリアにも見どころは数多くありますが、なかでも最大の魅力は、「バーミキュラを購入前に使って試せるところ」。実際に使い勝手を試せる体験型のショップは、日本全国でここだけだそうです。コンシェルジュが常駐し、様々な疑問や要望に調理実演を交えて応えてくれるだけでなく、自分でバーミキュラを使って調理も体験できます。

VERMICULAR FLAGSHIP SHOP
(フラッグシップショップ)

フラッグシップショップには、バーミキュラのすべてのアイテムがそろう

フラッグシップショップには、バーミキュラの全ラインナップがそろうだけでなく、バーミキュラ初のオーバル型やベーカリー用に開発された食パン型など、ここでしか入手できない11種類の「ビレッジ限定サイズ」も見逃せません。今後は、新商品の先行販売も行っていくとのこと。


ここでしか購入できないアイテムも

このほか、世界的に活躍するロサンゼルスのアーティスト姉妹が、インドの伝統技法を取り入れて手がけるナフキンやトートバック、美濃焼の伝統を受け継ぐ「SAKUZAN(作山窯)」とコラボした器など、様々なキッチンウェアも取りそろえています。

COOK BOOK LIBRARY
(ブックストア/コーヒースタンド)


世界各国の「食」に関する、約3000冊の本がずらりとそろうライブラリー。併設のコーヒースタンドのコーヒーや、バーミキュラで焼いた焼き菓子を味わいながら、ゆったりと読書が楽しめます。気に入った本があれば、その場で購入もできます。

バーミキュラを使った料理教室や、製造体験のワークショップも順次開催!
購入前にバーミキュラの使い勝手を体感できるのが、スタジオエリアの大きな魅力ですが、体験メニューはそれだけではありません。2020年1月以降、バーミキュラを使用した料理教室や、バーミキュラの製造体験のワークショップなども開催していく予定です。

KITCHEN STUDIO(料理教室)


定員8~20名(教室内容により異なる)※要予約(2020年 1月以降、順次開催予定)

フラッグシップショップの隣に広がるのが、料理教室などに活用できるキッチンスタジオです。バーミキュラ コンシェルジュや専属シェフによる、バーミキュラを使った料理教室を、定期的に開催。世界のトップシェフを招いた特別な料理教室や、親子料理教室なども企画し、バーミキュラ料理の魅力を発信していきます。

LABORATORY(ラボ)


定期的にバーミキュラの製造実演を実施

世界のトップシェフのために、専用のバーミキュラを開発する工房。小さいながらも鋳造・精密加工・ホーローというバーミキュラ製造の一連の機能を持ち、定期的にバーミキュラの製造実演も実施。間近で、バーミキュラが造られる工程や職人技を、見学することができます。また、本格的なものづくり体験のワークショップも、今後開催していく予定です。


ものづくり体験のワークショップも、2020年1月以降、順次開催予定

VERMICULAR OWNERS DESK
(カスタマーサポートセンター)


フラッグシップショップには、バーミキュラの使い方のプロである「バーミキュラ コンシェルジュ」が常駐し、購入後のメンテナンスやトラブルについても、直接相談することができます。

誰もが気軽に立ち寄れる、中川運河の新たなシンボルに
ここまでご紹介したように、バーミキュラ料理の美味しさを体験できる「DINE AREA(ダインエリア)」と、バーミキュラブランドの世界観や、メイド・イン・ジャパンのものづくりを体感し、バーミキュラを深く知ることのできる「STUDIO AREA(スタジオエリア)」と、2つのエリアからなるバーミキュラ ビレッジ。バーミキュラの魅力を実感できるのはもちろん、レストランやベーカリー、ブックライブラリー、料理教室などを備え、誰もが気軽に訪れられる中川運河の新たなシンボルとして、全国から注目を集めそうです。

VERMICULAR VILLAGE
(バーミキュラ ビレッジ)

 

DINE AREA(ダインエリア)

場所
名古屋市中川区舟戸町4 運河沿い
定休日
無休
※年末年始は12/30~1/3が休み
駐車場
35台
タバコ
禁煙
カード

 

VERMICULAR RESTAURANT THE FOUNDRY(バーミキュラ レストラン ザ ファウンダリー)

営業時間
8:00~22:00(月・火・日曜は~21:00)
定休日
無休
問い合わせ
052-355-6800

 

VERMICULAR POT MADE BAKERY(バーミキュラ ポットメイドベーカリー)

営業時間
10:00~18:00(土日祝は8:00~)
※パンが売切れ次第、営業終了
定休日
無休
問い合わせ
052-355-6801

 

STUDIO AREA(スタジオエリア)

場所
名古屋市中川区舟戸町2 運河沿い
営業時間
10:00~20:00(土日祝は9:00~)
定休日
水曜定休
※年末年始は12/30~1/3が休み
駐車場
29台
カード

 

VERMICULAR FLAGSHIP SHOP(フラッグシップショップ)

場所
名古屋市中川区舟戸町2 運河沿い
営業時間
10:00~20:00(土日祝は9:00~)
定休日
水曜
※年末年始は12/30~1/3が休み
駐車場
29台
カード

問い合わせ
052-746-3330

 

公式サイト
https://www.vermicular.jp/village/

Ranking

Ranking

  • Daily
  • Weekly
  • Monthly

SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line