ローディング

The Songbards(ザ・ソングバーズ)、1stフルアルバム『CHOOSE LIFE』をリリース!上野皓平さん(Vo,Gt)・松原有志さん(Gt,Vo)インタビュー

2019.12.24〈Tue〉

最終更新日:2019/12/24

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2019/12/24

神戸発の4人組バンド、The Songbards(ザ・ソングバーズ)が、キャリア初&メジャー初となるフルアルバム『CHOOSE LIFE』を11月20日(水)にリリース!今回、上野皓平さん(Vo,Gt)・松原有志さん(Gt,Vo)のお二人にインタビューしてきました。

右から、上野皓平さん(Vo,Gt)・松原有志さん(Gt,Vo)
The Songbards(ザ・ソングバーズ)
2017年、地元・神戸を中心に精力的に活動を開始。UKロックに影響を受けた、ツイン・ギター&ヴォーカルと、息の合ったコーラス・ワークが魅力。結成後間もなく「RO JACK 2017」「出れんのサマソニ」「COMIN‘ KOBE17」など大型フェスオーディションを総なめに。また今年の4月には初の東名阪でのワンマンライブを成功させ、2020年1月からは、渋谷QUATTROを含む全13カ所にて「CHOOSE LIFE Release Tour」を開催する。

メジャー初アルバム『CHOOSE LIFE』のリリース、おめでとうございます!結成からわずか2年で、メジャーでのリリースとなりますが、今回のアルバムはお二人にとってどんな一枚になりましたか?

松原有志さん(以下、松原さん)  The Songbardsとして、スタート地点に立てたかなと思います。今までも作品は作ってきましたが、やはりフルアルバムにすごく憧れを感じていて。ようやく今回アルバムを出せたのですが、これで出し切ったと思うのではなく、作っている最中にもまだまだ作品を作りたいなと思っていたので、まずはスタート地点に立てたかなと思います。

上野皓平さん(以下、上野さん)
  今までの集大成のようなイメージがあったのですが、いざ自分たちで作ってみるとやりたいことがたくさんありました。フルアルバムだからこそできる、遊び心のある曲を楽しんで作れて作品にすることができました。集大成という意味では、今まで出したアルバムの中から『青の旅』『春の香りに包まれて』『Inner lights』が入っています。

結成して2年が経ちメジャーデビューもしましたが、お二人の中で成長したことや変化したことはありましたか?

松原さん  成長の部分では、レコーディングの経験やライブの経験が多く詰めたこと!コレに関しては、これからも日々積み上げていくものなのでまだまだこれからですね!
変化の部分では、自分のため、メンバーのために音楽活動をしていた部分が、だんだん聞いてくれる人が増えてきてくれたので、リスナーのことも意識して作るようになってきました。

上野さん  いろんな選択を自分の人生の中でしていくことが多く、バンド全員で東京に引っ越ししたという選択も、メジャーでフルアルバムを出すという選択も、自分がこうあるべき・こうなりたいを感じ、その選択が今、実現できるという自信がつきました。

東京への引越しがありましたが、神戸での在住から、東京での生活はいかがですか?

松原さん  遠征や、ライブで東京にくる機会は多かったので、そこまで特別感はあまりなかったです。東京にはいろんな人がいて、刺激も多いです。それに、神戸を離れたことにより、神戸の良さに気付けたのも大きいです。

次のページ…
アルバムの作詞作曲について

SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line