ローディング

主演・成田凌さん、周防正行監督が登場!映画『カツベン!』大ヒット御礼舞台挨拶

2019.12.28〈Sat〉

最終更新日:2019/12/29

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2019/12/29

12月13日(金)に公開され、好評上映中の映画『カツベン!』の大ヒット御礼舞台挨拶が「TOHOシネマズ津島」で行われました。今作が映画初主演で、活動弁士を夢見る青年を演じた成田凌さんと、『Shall we ダンス?』『それでもボクはやってない』などでメガホンをとった周防正行監督が登壇。撮影秘話や共演者の方とのエピソードなど、舞台挨拶の様子をお届けします!

ぴあ映画初日満足度ランキング1位にも輝いた、映画『カツベン』の反響はどうですか?

成田さん  初日からたくさんの人に「観たよ」と連絡をもらいました。純粋に映画を楽しんでくれているみたいで、親も初めて褒めてくれましたね。やっと仕事をした感じで、ホッとしています。
周防監督  僕はずっと裁判の勉強をしていたんですけど、その時に出会った裁判官のOBたちの言葉が印象に残っていますね。その人はすごくお堅い方なんですけど、「妻と笑い転げました。素敵な映画をありがとう」と言っていただけました。
成田さん  僕も、キャスティングをやっている方から、「映画館へ行ったら、おそらく30年振りにデートに来ていたであろう老夫婦が、映画を観て笑い転げていた。最高のデートムービーだね」とメールをいただきました。

映画関係者のみなさんからも、非常に評判の高い映画ですよね

成田さん  マスコミ試写会の席も、毎回満席だったみたいですね。補助席では足りずに、脚立を出した回もあると聞きました。

『カツベン!』では、映画に携わる色んな登場人物が出てきますが、お二人がもし大正時代に行ったとしたら、どの職種でどんな風に映画に関わりたいですか?

成田さん  活動弁士と言いたいところですけど…たいへんなので…(笑)やっぱり役者かなあ。

活動弁士は、やっぱり大変でしたか?

成田さん  絶対に大変ですよ。映画を何十回も観て、シナリオを書いて、自分で物語を考えるっていう。
周防監督  どうやら、何十回も観てなかったみたいだよ。翌日上映だから、前の日の夜にやってたとか。
成田さん  初見でってこと?すごいなあ…。1本やるのに、半年かかったよ…(笑)

監督は、やっぱり監督ですか?

周防監督  今でこそ、映画業界は、憧れの世界というようなイメージですが、実は昔は、映画俳優は「泥役者」って言われていたんです。昔は、照明が暗くてセット撮影ができなかったから、ロケ撮影が中心だったんですね。それで、みんな土の上でやっていたから「泥芝居」と呼ばれていたそうです。今のような映画のステータスがない時代に、職業として映画監督を選べるかはわからないですね。

次のページ…
全国様々なロケ地の中で、名古屋と岐阜・下呂での撮影について

Ranking

Ranking

  • Daily
  • Weekly
  • Monthly

SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line