絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

名古屋・鶴舞のサンドイッチカフェ「ジジゴ(GIGIGO)」がオープン!

鶴舞駅から徒歩5分 | 入り口を入ると、目の前のショーケースにバリエーション豊富なサンドイッチがずらりと並ぶ「ジジゴ(GIGIGO)」。テイクアウトはもちろん、カフェスペースもあり、界隈で働く人や近隣住民を中心に、じわじわとファンを広げています。

名古屋・鶴舞のサンドイッチカフェ「ジジゴ(GIGIGO)」がオープン!

ショーケースを覗きながら、どれにしようか選ぶのも楽しい!

「ジジゴ(GIGIGO)」のサンドイッチはバリエーションの豊富さが特長。がっつりとお腹を満たしてくれる食事系のサンドイッチから、食後やおやつに食べたい甘いサンドイッチまで、8〜9種類ほどがショーケースに並びます。使っているパンも食パンやクロワッサン、バゲット、バンズ、白パンなどさまざま。食事系のパンには野菜がたっぷりサンドされているのもうれしいポイントです。

バリエーション豊富なサンドイッチをコーヒーとともに

一番人気の「サバサンド(柚子こしょう)」(380円)。マヨネーズであえたサバの身、たっぷりのレタスとニンジンをやわらかな食パンでサンド。柚子こしょうの風味がアクセントになります。

コーヒーは覚王山にある「ノートコーヒーハウス(note coffee house)」の豆を使用。サンドイッチとよく合う、すっきりとした味わいです。ドリンクは、コーヒー以外にも紅茶やジュースなどを用意しています。

卵サラダがクロワッサンのバター風味とよく合う「卵クロワッサン」(320円)と、たっぷりの生クリームにクラッシュしたオレオを混ぜた「生クリームとオレオ」(360円)。定期的に新しいサンドイッチもラインナップされるので要チェック!

カフェスペースで食べる? それとも、テイクアウトして公園へ?

店内のカフェスペースは全8席。白を基調とし、絵画などが飾られたおしゃれな空間。イートインでゆっくりと過ごすことができます。

店は鶴舞駅近くに新しくできたマンションの1Fにあります。鶴舞公園まで歩いてすぐなので、サンドイッチやコーヒーをテイクアウトして、公園でピクニックというのもいいですね!

名古屋・鶴舞のサンドイッチカフェ「ジジゴ(GIGIGO)」がオープン!

イベント名
ジジゴ(GIGIGO)
営業時間
11:00~16:00
定休日
日・月曜
場所
名古屋市中区千代田5-18-16
駐車場
1台
タバコ
禁煙
カード使用
不可
平均予算
昼1000
問い合わせ
なし

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY1月号(2022年11月22日発売)東海グルメニュース総決算2022

特集の目次を見る

Please Share

名古屋・鶴舞のサンドイッチカフェ「ジジゴ(GIGIGO)」がオープン!

WRITER

Masami Naramura

Masami Naramura

岐阜県出身。出版社勤務を経て、2015年に独立。名古屋を拠点に、フリーランスの編集者・ライターとして雑誌の編集・取材、広告制作、コピーライティングなどを手がける。旅とまちネタが好き!

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. Masami Naramura
  4. 名古屋・鶴舞のサンドイッチカフェ「ジジゴ(GIGIGO)」がオープン!

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。