絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#映画

2020.2.13thu

映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』舞台挨拶にSonar Pocketのko-daiさんが登場!

2月21日(金)公開の映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』の舞台挨拶がささしまライブの「109シネマズ名古屋」で行われました。ゲストには、千葉雄大さんが演じる「加賀谷」の同僚、「野崎」役を務めた、Sonar Pocketのko-daiさんが登場!今作が映画初出演となるko-daiさんに、初出演で意識したことや撮影の裏側、見どころをたっぷり教えていただきました。

地元・名古屋での登壇ということもあり、観客からの「おかえりー!」という声に、「ただいまー!」と返事をして、笑顔を見せたko-daiさん。

映画の中で、千葉雄大さんや、ずんの飯尾和樹さんと一緒のシーンがたくさんありましたが、お二人の印象はいかがでしたか?

千葉くんは今回の役がすごく寡黙な役柄で、台本とずっとにらめっこしていたので、すり寄っていって、「好きな食べ物はありますか?」って聞きました(笑)

ちなみに千葉さんの好きな食べ物は何だったんですか?

「和食です!」って言ったので、「和食で何が好きなんですか?」「寿司です」「どの辺で食べられるんですか?」って感じで距離を縮めて、徐々に心を開いていって、そこからよく話すようになりました。ずんの飯尾さんもアドリブで作中に笑わせようとしてくるんですよ(笑)だから、笑わないように集中し続けるっていう。

野崎さんは真面目な役ですもんね。

カメラ回る直前まで笑っていて、カメラ回った瞬間にピリッとしなくちゃいけないので。

普段の印象と全然違う役柄ですよね?

そうですね。役のときは、のりをペタッペタッとつけたような髪型してるので(笑)そこばっかり見てもらったら困るんですが、そこも見てみてください(笑)でも、「野崎はいつもこうやってしっかりセットしてるんだな」って意識もできました。

次のページ…
地元・名古屋の話と、
演技指導は田中圭さん!?

MAGAZINE 月刊ケリー

月刊KELLY

KELLY2月号(2021年12月22日発売)神社とお寺 と、おやつ

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』舞台挨拶にSonar Pocketのko-daiさんが登場!

WRITER

Suzune Ichise

Suzune Ichise

名古屋市出身。ヘアメイクアーティストとして美容業界を経験し、編集者へ転身。美容・ファッション・アニメと、幅広いジャンルに興味関心あり。愛する地元・名古屋から、全国へ情報発信していきます!

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. Suzune Ichise
  4. 映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』舞台挨拶にSonar Pocketのko-daiさんが登場!

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。