絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#音楽

2020.2.18tue

雨のパレード、新アルバム『BORDERLESS』福永浩平さん(Vo)インタビュー

昨年1月にベースの脱退を経て、新体制となった雨のパレード。タイトルの通り、一つの音楽性にとらわれない多彩な楽曲を収録したニューアルバム『BORDERLESS』を1月22日(水)にリリースしました。メンバー脱退を経て変化した曲作りへの想いや、初めて共同制作に挑戦した音楽プロデューサー・蔦谷好位置さんとのエピソードを、ボーカルの福永浩平さんが語ってくれました。

photo / Kazuhiro Tsushima(TONETONE)

福永浩平(Vo) / 雨のパレード
2013年に雨のパレードを結成し、2016年にメジャーデビュー。インディR&B、エレクトロハウス、アンビエントなど、エレクトロニック主体の現代ポップミュージックに刺激を受け、バンドという形態にこだわらないサウンドメイクで人気を集める。1月22日(水)にアルバム『BORDERLESS』をリリース。


まずは今回、“どんなアルバムにしたかったか”と、“どんなアルバムになったか”を教えてください

去年の1月にメンバーの脱退があったのが、最近の一番大きな変化だったんですけど、3人になってから初めてのアルバムなので、自分たちのファーストアルバムのような気持ちで取り組みました。曲の作り方も、すごく大きく変化して。元々は4人でスタジオに入ってセッションで構築して、ライブをして、そのままレコーディングして、っていう流れをとっていたんです。だから、ライブは同期(あらかじめ制作した演奏データをバックに、生演奏をすること)を使わずにやっていたんですけど、そうすると自分たちの手の本数でしか音を鳴らすことができなくて、自分たちのやりたい音楽とは、そこがちょっとちぐはぐで。今はメンバーの脱退をきっかけに、パソコンに向かって制作するようになって、重ねたかった音、やりたかったアプローチができるようになった分、充実していますね。

アルバムが完成した時の、率直な気持ちは?

「みんな、どういう応えを返してくれるんだろう」って。みんなのリアクションが一番気になっていました。

ファンの方々の反応はどうでしたか?

曲作りの枠がなくなって、自分たちの中では格段にクオリティが上がったな、という作品だったので、「早く届けたい」という気持ちももちろんありました。リリースしたらみんなのリアクションも良かったし、しかも新しい人達が聴いてくれているのもすごく感じているので、うれしいです。

次のページ…
3人体制での初めてのアルバム、蔦谷好位置さんとの共同制作

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY3月号(2022年1月21日発売)いつだって食べたい おいしいパン

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

雨のパレード、新アルバム『BORDERLESS』福永浩平さん(Vo)インタビュー

WRITER

Moeko Mizuno

Moeko Mizuno

岐阜県多治見市出身。お笑いと甘いものが好き。スイーツは食べるのも作るのも好きで、休日はお菓子作りに励む。実家が陶器屋を営み、器にこだわる一面も。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. Moeko Mizuno
  4. 雨のパレード、新アルバム『BORDERLESS』福永浩平さん(Vo)インタビュー

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。