ローディング

【6/20・21愛知公演】新国立劇場バレエ団『不思議の国のアリス』米沢唯さんインタビュー【PR】

2020.02.22〈Sat〉

最終更新日:2020/02/22

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2020/02/22

今年の6月、新国立劇場バレエ団による『不思議の国のアリス』を、愛知県芸術劇場で上演!愛知県出身のプリンシパル・米沢唯さんに、公演の魅力とともに、バレエに対する思いを伺いました。英国を代表する作家ルイス・キャロルの 『不思議の国のアリス』を題材にして、エンターテインメント性と芸術性を兼ね備え、2018年の初演で高い評価を得た、華やかな舞台に乞うご期待!

撮影 / 海野俊明
PROFILE
愛知県出身。塚本洋子バレエスタジオで学ぶ。2006年に渡米し、サンノゼバレエ団に入団。10年にソリストとして新国立劇場バレエ団に入団し、『パゴダの王子』で初主役を務め、『白鳥の湖』『くるみ割り人形』ほか数々の作品で主役を踊る。13年プリンシパルに昇格。19年に愛知県芸術文化選奨文化賞ほか受賞多数。

2010年に新国立劇場バレエ団に入団され、この10年を振り返っていかがですか?

早かったですね。あっという間で、怒涛のようでした。実は名古屋にいた頃は、新国立劇場バレエ団を知らなくて(笑)。バーミンガム・ロイヤル・バレエ団に入りたくて、芸術監督のディビッド・ビントレーさんにオーディションを受けたいとメールを送りました。私の演技を収めたDVD映像を見ていただいたら、「今度、 新国立劇場バレエ団のディレクターになるから、オーディションに来ないか」と誘われたのが入団のきっかけです。何も知らないまま入ったら、皆さんプロ意識が高く素晴らしいダンサーばかり。「うわぁ、こんな凄いバレエ団があったんだ!」と驚きました。そこから10年間、必死に踊ってきました。私は、ビントレー さんに見つけてもらって、大原永子先生 (新国立劇場舞踊芸術監督)に育ててもらったと思っています。

次のページ…
今回主役を演じる『不思議の国のアリス』の魅力は?

Ranking

Ranking

  • Daily
  • Weekly
  • Monthly

SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line