絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#スイーツ

2020.4.8wed

最上級のバターが主役!名駅近くの「バタリー(Buttery)」の焼き菓子

※東海エリアでは、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、不要不急の外出を控えてください。また、新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

焼き菓子の最高の瞬間、「焼きたて」が楽しめるベイクショップ「Buttery(バタリー)」。バターの魅力を最大限に引き出したラインナップに、思わず目移りしてしまいそう……!

バターを味わう、名駅近くの焼き菓子屋さん

昨年11月に開店して以来、スイーツ好きの間で評判の一軒。お店の場所は、「名古屋ルーセントタワー」などが立ち並ぶ通りから、一本奥へ入ったビルの1階にあります。

店内に入ると、バターの香りがフワッと広がっていて、食欲がそそられます。 店の奥には、日本に数台しかないスチームラックオーブンも配置。シースルーのオーブン台でお菓子が焼き上がる様子も見えて、ライブ感が楽しめます。

発酵バターをたっぷり使った焼き菓子たち

コク深く、香り豊かなフランス産発酵バターを使った「フィナンシェ」(231円+税)は、店の代名詞的存在。バターの芳醇な味わいがダイレクトに味わえる一品です。

また、艶やかな表面が輝く「焼きたてカヌレ」(204円+税)も人気メニューのひとつ。コロンとした形がキュートなカヌレは、表面はパリッと、中はしっとり食感。フランス産発酵バターと、ラムの香りのバランスが絶妙です。

バターのうまみを生かした生菓子も魅力

他にも、サクサク食感のクッキー生地が魅力の「シュークリーム」(269円+税)や、フレッシュバターの軽やかさが引き立つ「リーフパイ」(213円+税)もおすすめです。

手土産にぴったりなギフトボックス

心が華やぐ、センスフルなデザインのギフトボックスは、贈り物や手土産に最適。お好きな焼き菓子を選んで、ボックスに詰め合わせてもらえます。

甘い香りに包まれながら、焼きたての瞬間に立ち会える幸せなひと時を。「Buttery(バタリー)」のお菓子を食べて、ホッとひと息ついてみませんか。

また、「バタリー」の紹介は、好評発売中の月刊ケリー5月号
『名古屋のBESTスイーツAtoZ』特集にて。ぜひチェックしてください。

※掲載内容は、2020年2月現在のものです。

最上級のバターが主役!名駅近くの「バタリー(Buttery)」の焼き菓子

イベント名
バタリー(Buttery)
営業時間
11:00~19:00
(土・日曜、祝日は10:00~18:00)
定休日
火・第3水曜
駐車場
なし
カード使用
問い合わせ
052-564-3553
公式サイト
https://www.buttery.jp/
Facebook
https://www.facebook.com/Buttery-120057696046986/
Instagram
https://www.instagram.com/buttery.jp/

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY11月号(2022年9月21日発売)この秋したいこと全部!

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

最上級のバターが主役!名駅近くの「バタリー(Buttery)」の焼き菓子

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. 名古屋
  3. 名古屋駅周辺
  4. 最上級のバターが主役!名駅近くの「バタリー(Buttery)」の焼き菓子

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。