ローディング

おうちで充実バスタイム♪ 手作り入浴剤レシピ3選

2020.04.10〈Fri〉

最終更新日:2020/04/17

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2020/04/17

おうち時間が増えたから、体の芯から温めてくれるお風呂にじっくり浸かりたい。そんな長湯のお供に、手作りの入浴剤はいかがでしょう?
心と体がほっとする、3つの自家製入浴剤レシピをご紹介します。

植物の力をギュッと詰めた、ハーブチンキ

右からローズレッド、カモマイル、ローズヒップ、サフラワー、ブルーマロウ

ハーブチンキとは、ハーブをアルコールに漬けて成分を抽出したもの。自分好みの香りや、改善したい症状によって自由にブレンドし、お風呂に20ccほど入れて楽しんでみませんか。

ハーブチンキの作り方

材料(約100cc分)
カモミール、サフラワー、ローズレッド:ひとつかみずつ(各10g)
ウォッカ(40度以上のアルコール):100cc
密閉ガラス容器:1つ
保存容器:1つ

①煮沸消毒したガラス容器を用意します。

②ドライハーブをガラス容器に入れます。

③ウォッカを注ぎ、しっかりと混ぜてハーブが完全に浸かるようにします。

④ふたをして、直接日光の当たらない場所で約2週間漬け込みます。漬け終わった後は、茶こしでこして、保存容器に移して完成です。

精油と組み合わせて香りも楽しむ、アロマソルト

入浴剤に天然塩を使うと、女性にうれしい効果がたくさん。発汗作用があり、体温の低下を防ぐと言われています。また、血行の流れを良くして、冷え性の改善にも良いのだとか。入浴時には、半身浴がおすすめです。

アロマソルトの作り方

材料(1回分)
天然塩:大さじ2
精油:3~5滴

①天然塩に好みの精油を入れます。

②金属製以外のスプーンで、全体を混ぜます。

精油の香りの効果

レモン
柑橘の爽やかな香りは、リフレッシュして気持ちの切り替えにぴったり。
ラベンダー
ストレスを和らげてくれると言われ、リラックスしたいときに。
ゼラニウム
ホルモンバランスを整え、生理前のイライラを抑えると言われています。
ベルガモット
品のある香りで女性に人気。寝つきが悪いときにおすすめです。
ユーカリ
喉などの粘膜炎症の鎮静効果があるとされ、風邪気味の際に。

天然素材で肌にやさしい薬湯

天然の素材を使った入浴剤は、刺激が少なく敏感肌にもおすすめ。身体を温めてくれる代表食材のしょうがは、お風呂でも同じ効果が期待できます。

しょうが薬湯の作り方

材料
しょうが:約80g
ザル

①しょうがは1~2mmの厚さにスライスします。

②ザルなどに並べ、2~3日天日干しして乾燥させます。袋に入れて、お風呂に浮かべてみると、じわじわと体が温まってくるのを感じます。

こちらも試したい、天然素材

昆布
乾燥昆布を細切りにし、ひとつかみを袋に入れます。鍋に袋がかぶるくらいの水を入れ煮出し、沸騰したら煮汁ごとお風呂に入れてみましょう。昆布のぬめりは保湿効果があると言われ、肌の乾燥をケアしてくれます。

日本酒
ぬるめのお湯に、コップ1~2杯分の日本酒を入れます。おすすめは米と米麹のみで作った純米酒。開けてから時間のたったものや、飲み残したもので十分だそう。肌のターンオーバーを促すとされ、きめの細かい肌へと導いてくれます。

自分好みの入浴剤を入れれば、ちょっぴり優雅なバスタイムに。心が軽くなり、明日からがんばれる力が自然と湧いてくるはず。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

※掲載記事は2017年11月のものです。

SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line