ローディング

【連載コラム】編集部ムラセの「人生初の新鮮組」-LEVEL.2-

2020.05.28〈Thu〉

最終更新日:2020/05/28

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2020/05/28

おはようございます。編集部ムラセ(@mamimumemuco)です。

緊急事態宣言が解除され、新しい日常が始まりますね。私なりに、新しい日常の楽しみを探して、この編集部の連載コラムでお伝えできればと思います。

6月1日には、編集部も在宅ワークから通常出社となり、みんなで顔を合わせながら、新しい仕事が始まります。『月刊ケリー』は7・8月合併号になっていますが、その間に新企画の準備を進めていますので、皆さんにご報告できる日が楽しみです。


在宅ワーク中の編集部。5月に誕生日だったミズノに、編集部全員からメッセージを送りました。SOURの『日々の音色』のPVみたいで楽しかった~♪(このPV、10年前にかなり衝撃を受けたのですが、まさに今こんな時代になっているとは…。今見ても素敵なので、よろしければ見てみてください)。

編集部ムラセの「人生初の新鮮組」


ステイホーム期間中、自炊をすることが増えたのを、仲良し美容師さんに話したところ、「千種税務署の近くに、新鮮で安い八百屋がある!」と聞きまして。運動不足解消のさんぽがてら行ってきました。千種区・池下駅から徒歩で20分弱、住宅街の中に隠れた八百屋、その名も「新鮮組」です!創業47年で、10年以上も前から、安心・安全な食べ物にこだわり、一般の方はもちろん、飲食店関係者にも愛されているそうです。期待できる店構え!(閉店間際に行ったためか、入り口以外のシャッターが閉まっていました)

本日のお買い得品


店内では、野菜や果物を中心に、お肉や魚、調味料などの食材も販売。元気いっぱいの店員さんに閉店前の値引きをしていただき、さらにお安くゲットすることができました!たっぷり袋入りのヤングコーン(500円)、レモン(100円)、そして白い包装紙に包まれたのは…

「人生初のイナダ」チャレンジ


どーん!と、40cmもあるビッグサイズの「イナダ(ハマチ)」が、380円→250円でした。まな板から余裕ではみ出る、圧倒的な存在感です。魚屋さんに「さばいてもらえますか?」と聞いたところ、「自分でさばくのが楽しいよ!」と言われ、チャレンジすることにしたのです。人生初の三枚おろし(&一口コンロのキッチンで、無謀な挑戦)。Youtubeでイメトレしていざ実践!


【閲覧注意】頭を切り落とし、頭と内臓を一緒にとります。


鱗と腹の血合いを洗い、水気を切り、腹から中骨に沿って包丁を入れていきます。


3枚…ではなく、なんとか4枚におろせました(狭すぎるキッチンで、よくやった…)。


この日の献立「イナダの刺身」「イナダのバター醤油焼」「イナダのアラ汁」とイナダ尽くし。ヤングコーン(おいしい!)も添えまして、なかなか達成感を味わう夕食となりました。

以上、人生初の「新鮮組」に行き、イナダの三枚おろしに挑戦したという日記です。これはかなり経験値があがりました。新しい出合いがまだまだありそうな「新鮮組」が気に入って、早速週末に再び出かけましたが、お店が締まっており…、木・日曜、祝日定休でした。「新鮮組」また行きます!

新鮮組
http://e-yasai.jp/

関連記事もチェック!
✔ 【連載コラム】編集部ムラセの「人生初のZoom飲み」-LEVEL.1-

SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line