ローディング

名古屋のおすすめテイクアウトまとめ~カレー編~

2020.06.07〈Sun〉

最終更新日:2020/06/07

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2020/06/07

日刊ケリーでは、おうち時間の中で、ささやかな楽しみを見つけてもらえればと、ごはんやおやつにおすすめのテイクアウト・デリバリー・お取り寄せの情報を「#おうちでおいしく応援」のタグをつけてお届け中!

今回は、名古屋市内のテイクアウトで楽しめるおすすめカレー5選をご紹介します。

名古屋のおすすめテイクアウトまとめ~カレー編~

久屋大通「丸の内スパイス」の週替わりスパイスカレー(1000円+税)

オリジナルのスパイスチキンカレーは、毎週異なる味を楽しむことができるのが◎。彩りの良さもポイント。

丸の内スパイス
https://www.instagram.com/marunouchispices/
2019年12月にオープンした、カレー専門店。店内には、スパイスがたくさん並び、食欲のそそる香りで充満する。うま味とコクの広がる「週替わりスパイスカレー」は必食です。

伏見「はるかなるカレー名古屋店」のはるかなるカレー(1164円+税)

定番人気のメニュー。7~8種類の季節野菜と玄米を使用し、手羽元2本がのっている。バターと小麦粉は不使用なのがポイント。

KELLyスペシャル特典

注文時に「ケリーを見た!」と伝えると、100円引き ※テイクアウト注文のみ

はるかなるカレー名古屋店
https://www.instagram.com/harukanaru.curry.nagoya
東京・銀座にも店を構えるカレー専門店で、2019年6月に名古屋に上陸。8種類の香味野菜と、15種類以上のスパイスやハーブをじっくり煮込んだカレーにファンが多い。コクがあるのにさらっとしているのが特長。

亀島「GUNA GUNA CURRY」の保美豚のポークキーマ(税込み1200円)

自然な食材を使った身体に優しいスパイスカレー。テイクアウトでは「保美豚のポークキーマ」の他、「本日のチキンカリー」(税込1200円)、「本日の魚介カリー」(税込1200円)、「本日のダルカリー」(税込1000円)の4種類のカレーから好きなものをチョイスする。時期に合わせた、数種類の副菜が付いてくるのもうれしい。

GUNA GUNA CURRY
https://www.instagram.com/gunagunacurry/
お目当ては、インドを中心に様々な国を渡り歩いた店主が作るカレー。本場のスパイスや薬草も使いながら、日本人好みの食味にアレンジする。有機栽培の食材がメインの無添加のカレーを、自宅でもぜひ。

鶴舞「WitCAFE」の特製バターチキンカレー(834円+税)

10種類以上のスパイスとチキン、バターたっぷりの特製バターチキンカレーとミニサラダのセット。

KELLyスペシャル特典

食事メニューのテイクアウト利用時に「ケリーを見た!」と伝えると、セットドリンクをサービス

WitCAFE
https://www.instagram.com/witcafenagoya/
カレーと一緒に楽しみたい、自家製シロップを使ったドリンク(463円~+税)も用意。国産生姜のジンジャーシロップで作るジンジャーエールと、防腐剤不使用の国産レモンのレモンシロップで作るレモネードがおすすめです。

本山「babooshka CURRY & CAFE」のごぼうカレー(1000円+税)

※テイクアウト注文は予約可能、11時~18時に電話(052-782-1185)にて受付、無くなり次第終了

babooshka CURRY & CAFE
https://www.instagram.com/babooshka329/?hl=ja
もともとイベントなどで展開していた移動カレー屋が、ファンの声に応えて実店舗を構えることに。自家栽培の野菜を中心に、長時間煮つめて作るドライカレーは、どこか懐かしくて素朴な味です。

他店のテイクアウト・デリバリー・お取り寄せの情報は「おうちでおいしく応援」タグの記事をチェック!

※掲載の情報は2020年4月時点の情報です。
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前に確認してから、お出掛けください。

SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line