ローディング

【連載コラム】編集・清水の「喫茶店で、ランデヴー。」~雨の日の読書篇~

2020.06.09〈Tue〉

最終更新日:2020/06/09

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2020/06/09

こんにちは、編集部の清水(@_shimicoro_)です。

6月に入り、日中は暑い日が多くなりましたね。夏はすぐそこに来ているのを感じます。
編集部では在宅勤務が一旦終了し、大須にあるオフィスで『月刊KELLy』の次号の制作や、楽しい催し物の企画を進めております!
まだまだ油断はできませんが、万全に対策・予防をしながら、過ごしていけたら良いですね。

さて、今回のテーマは「喫茶店と、本」。読書が趣味の一つなので、私がこれまでに読んだ中でおすすめの本を計6冊ご紹介します。カフェ・喫茶空間で読みたい小説と、家にいながらもカフェ・喫茶の魅力に触れることができる本、そして最後に次回の予告を、写真とともにお届けします。

「喫茶店で、ランデヴー。」~雨の日の読書篇~

【at CAFE】カフェ・喫茶空間で読みたい、おすすめ小説3冊

『海のふた』
よしもとばなな著 | 中公文庫

あらすじ
ふるさと西伊豆の小さな町は、海も山も人も寂れてしまっていた。実家に帰った私は、ささやかな夢と故郷への想いを胸に、大好きなかき氷の店を始めることにした。大切な人を亡くしたばかりのはじめちゃんと一緒に…。自分らしく生きる道を探す女の子たちの夏。版画家・名嘉睦稔の挿絵26点を収録。

おすすめPoint
夏が始まる前に、毎年必ず読み返したくなる一冊です。2015年の夏には、映画化もされています。西伊豆のノスタルジックな風景と、おいしそうなかき氷の描写は必見です!

『薬指の標本』
小川洋子著 | 新潮社

あらすじ
楽譜に書かれた音、愛鳥の骨、火傷の傷跡──。人々が思い出の品々を持ち込む標本室で働いている私は、ある日標本技術士に素敵な靴をプレゼントされた。「毎日その靴をはいてほしい。とにかくずっとだ。いいね」。靴はあまりにも足にぴったりで、そして私は──。奇妙で、そしてあまりにも密やかな、二人の愛。恋愛の痛みと恍惚を透明感漂う文章で描いた珠玉の二篇。表題作の他「六角形の小部屋」も収録。

おすすめPoint
ちょっぴり不気味で、ファンタジー要素もあって…小川ワールド全開!な一冊です。湿度のある文章から、標本室の静謐さと涼しさを感じることができ、この時期にぴったりです◎。

『とるにたらないものもの』
江國香織著 | 集英社文庫

あらすじ
とるにたらないけれど、欠かせないもの。気になるもの。愛おしいもの。忘れられないもの──。輪ゴム、レモンしぼり器、お風呂、子守歌、フレンチトースト、大笑いなど…。そんな有形無形の身の回りのもの60について、やわらかく、簡潔な言葉で綴った、味わい深いエッセイ集。

おすすめPoint
江國さんの感性と、瑞々しい表現が素敵!日常にあるモノコトを見つめ直してみると、こんなに素敵なものであふれているのだと感じます。気軽に途中からでも読めて、自分の中の“好き”を大切にしようと思える一冊です。

読書した喫茶店

喫茶モック(中村区・名駅)
アーチの窓に誘われて、いざ入店。中に入ると木製のメニュー板や、革張りのソファ、オレンジ色の灯りなど、ときめき要素が満載です。

【at HOME】家で読みたい、カフェ・喫茶がテーマのおすすめ本3冊

『好きよ、喫茶店』と『続・好きよ、喫茶店』
菊池亜希子著 | マガジンハウス

内容
雑誌『&Premium』の連載企画「好きよ、喫茶店」を、書籍化。今までの連載で紹介した喫茶店の中から、厳選したお店を第1弾と第2弾でそれぞれ掲載。女優でモデルの菊池亜希子さんが、喫茶店の様子や店主とのやりとりを、自筆のエッセイ&イラストで表現。純喫茶のガイド本としても広く楽しめる一冊です。

おすすめPoint
あっこちゃんならではの、“喫茶愛”を感じずにはいられない一冊! 味のあるタッチで細部まで描いた店内のイラストや、喫茶店コーデを紹介するなど、読み応え満点です。手に取った時の本の質感もたまりません❤

『名古屋カフェ散歩 喫茶ワンダーランド』
川口葉子著 | 祥伝社黄金文庫

内容
名古屋で何をしよう?迷っているならぜひ「喫茶観光」のご検討を。文筆家&喫茶写真撮影家として活躍する、川口葉子さんが豊富な写真とエッセイで綴る、贄沢なカフェ案内。

おすすめPoint
KELLy編集部が取材をしたカフェ・喫茶や、個人的にも足を運んでいるお店が多数載っていて、妙に親近感を覚えます。川口さんの視点で丁寧に綴られたページからは、お店の魅力が存分に伝わってきて、新発見もありました。

『名古屋の喫茶店 完全版』
大竹敏之著 | リベラル社

内容
名古屋の喫茶店情報をまとめた好評シリーズ『名古屋の喫茶店』の完全版。名古屋在住のフリーランスライターで、著者でもある大竹敏之さんが10年の歳月をかけて取材した喫茶店の中から、厳選100軒を紹介しています。

おすすめPoint
名古屋の喫茶店ビギナーに、まずおすすめしたい一冊です。新旧の人気店が紹介されていて、老若男女問わず楽しく読むことができます。以前本サイトでも著者・大竹さんに、本にまつわる様々なことをインタビューしています。その時の記事は、こちら

いかがでしたか?
コーヒーのお供にぴったりな本。本があることで、よりカフェ・喫茶時間が素敵なものになるはずです。
少しでも、梅雨時の過ごし方のヒントになれば幸いです。

次回の予告

今回もご覧いただき、ありがとうございました。
次回の配信は、7月9日(木)を予定しています。
連載4回目のテーマは、“カフェ・喫茶のひんやりメニュー”。暑い夏に、見ているだけで涼しくなるメニューたちを集めて、皆さんに「涼」をお届けできたらと思います。次回もどうぞお楽しみに!

編集・清水の「喫茶店で、ランデヴー。」
今までの連載記事はこちら。
1回目:はじめまして篇
2回目:ときめきマッチ箱篇

SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line