絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#お土産

2020.6.17wed

天白区・植田の「ラ フロマージュ マリアンヌ」がたどり着いた“新感覚”のスフレチーズケーキ【名古屋】

名古屋市天白区・植田の「la fromage marianne(ラ フロマージュ マリアンヌ)」では、スフレタイプとベイクタイプのいいとこどりの、新感覚チーズケーキが楽しめます。種類は全部で5種類。プリンなど、チーズクリームを使ったチーズスイーツも好評で、手土産にぴったり!

天白区・植田の「ラ フロマージュ マリアンヌ」がたどり着いた“新感覚”のスフレチーズケーキ

天白区・植田のチーズケーキ専門店「ラ フロマージュ マリアンヌ」が2020年4月にオープン

チーズケーキとひとくちに言っても、ふわっと軽いスフレタイプから、どっしりしたベイクタイプまで食感はさまざま。今回ご紹介する名古屋市天白区の「la fromage marianne(ラ フロマージュ マリアンヌ)」では、スフレタイプのしゅわしゅわ食感とベイクタイプのチーズのコクを両立させた、“新感覚”のチーズケーキが楽しめます。

2020年4月29日にオープンした、チーズケーキ専門店「ラ フロマージュ マリアンヌ」。

お店の場所は、天白区・植田の「植田一本松」交差点から、国道153号線に沿って東のところ。「マコト製パン所」に併設している、鮮やかな黄色の外観が目印です。

店内のショーケースには、ホールサイズのチーズケーキがずらり。スフレ、ベイクド、レアなど全5種類のチーズケーキが並んでいます。

「数あるチーズケーキの中でも、チーズスフレは日本発祥のもの。この繊細な味が、海外であまり受け入れられていないことに疑問を持ちました」

とお話してくださるのは同店のオーナーシェフ・福井さん。

「世の中にある大多数のチーズスフレが、チーズの濃厚なコクを生かしきれていないと感じました。それなら、しっかりとチーズ感のある、日本一おいしいチーズスフレを作ろうと思ったのです」

試行錯誤の末たどり着いた、しゅわしゅわ×濃厚な「エールフロマージュスフレ」

「エールフロマージュスフレ」(1186円+税)

「ラ フロマージュ マリアンヌ」の看板メニューは、こちらの「エールフロマージュスフレ」。シェフの福井さんが、このスフレチーズケーキを生み出すために、世界各国にあるクリームチーズやサワークリームなどの素材を何十種類も食べ比べたのだとか。

さらに何通りにも及ぶ素材同士の組み合わせを試した結果、この「エールフロマージュスフレ」が出来上がったそうです。

シェフの福井さん曰く、「単に良い素材を組み合わせるだけでは、おいしいチーズケーキは出来上がりません。チーズケーキは“素材”と“配合”が決め手なんです」とのこと。

パン職人のキャリアを持つシェフの腕と知恵を生かしたチーズケーキは、パン作り同様に素材と配合にこだわりが光ります。

「エールフロマージュスフレ」の最大の特徴は、スフレチーズケーキのしゅわっとした食感と濃厚なチーズのコク。一般的なスフレチーズケーキよりもチーズの旨味をしっかりと感じられます。口に入れた瞬間、スッと消えていく口どけとチーズの濃い味の両方が楽しめるのは、同店だからこそ。

バスクからレア、ティラミスなど、チーズケーキは全5種類

「ベイクドチーズ バスクスタイル」(1482円+税)

「エールフロマージュスフレ」と並んで人気の商品が、表面を焦がした「ベイクドチーズ バスクスタイル」。

本場バスク地方よりも日本人の舌に合うよう、口当たりの軽さを重視。濃厚でもしつこくないように、素材や配合を何度も変えてたどり着いた味だとか。

「ベイクドチーズ NYスタイル」(1556円+税)

こちらの「ベイクドチーズ NYスタイル」も、一般的なNYチーズケーキよりさっぱりと食べやすいのが特徴。2種類のクリームチーズと爽やかな発酵クリームを合わせることで、軽さとチーズのコクの両方が感じられます。

また、ボトムを構成する自家製サブレは、サクッとした食感とほのかな塩味が効いて◎。

「エールレアフロマージュ」(1667円+税)

北海道産クリームチーズと長野県産サワークリームを使った濃厚味の「エールレアフロマージュ」。なめらかな舌触りが心地良く、甘さも控えめです。

「レアティラミス」(1556円+税)

チーズケーキにこだわりをかけたマリアンヌ流の「レアティラミス」は、とろりとほどけるようなマスカルポーネが自慢。コーヒーが染み込んだスポンジの苦味とチーズの甘みのバランスが絶妙です。


チーズケーキ屋ならではの腕が光る、
チーズスイーツも必見

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY1月号(2022年11月22日発売)東海グルメニュース総決算2022

特集の目次を見る

Please Share

天白区・植田の「ラ フロマージュ マリアンヌ」がたどり着いた“新感覚”のスフレチーズケーキ【名古屋】

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. KELLY Editors
  4. 天白区・植田の「ラ フロマージュ マリアンヌ」がたどり着いた“新感覚”のスフレチーズケーキ【名古屋】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。