絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#スイーツ

2020.6.23tue

名古屋・栄の甘味処「緋毬(ひまり)」のふわふわかき氷を食べ納め【9月頃閉店】

名古屋・栄のサカエチカ内にある甘味処「緋毬(ひまり)」。一年中、和の素材を使ったかき氷が楽しめる人気店です。

そんな同店は、2020年9月頃を目処に、約11年間の歴史に幕を閉じます。

名古屋・栄の甘味処「緋毬(ひまり)」のふわふわかき氷を食べ納め【9月頃閉店】

栄の和モダンな甘味処「緋毬(ひまり)」

「大須ういろ」がプロデュースする「緋毬」は、旬の素材を使った和洋折衷のスイーツが楽しめる甘味処。

「近年“和菓子離れ”という言葉を耳にしますが、若い世代にも親しみやすいよう、和と洋を組み合わせたり、見た目をおしゃれにしたりと、新しいお菓子をつくりたいと思っています」

と語るのは店主の梶さん。同店で11年間、和菓子の魅力を新しい形で伝えてきました。

「日本の和菓子が持つ良さの再確認であったり、やっぱりおいしいよねっていうのを伝えたいんです」

ぽってりとした形がキュートな、ふわふわの和風かき氷

「きなこミルク金時白玉」(税込900円)

同店を代表するかき氷は、1年中楽しめる定番メニューと、四季折々の素材を生かした期間限定メニューがあります。

定番メニューの中でも人気が、こちらの「きなこミルク金時白玉」です。氷はふわふわとじゃりっとした食感のちょうど中間くらい。柔らかい氷でも溶けにくく、冷たさを感じられるように、削り方に工夫があるのだとか。

きなことミルクの蜜による、2層のコントラストが美しい一品。氷の上には、カラフルな白玉が乗っています。しっかり炒ったきな粉の層は香りが良く、香ばしさが口の中で一気に広がります。

「宇治クリーム金時」(税込800円)

そしてこちらの「宇治クリーム金時」も人気メニューのひとつ。抹茶蜜には、通常は飲むために使用される、高品質の西尾抹茶を使っているそうです。

緑の色鮮やかな抹茶蜜は香りがとても良く、粒あんとの相性も抜群。だんだん溶けていくアイスと混ざりあうと、ミルキーな甘さが加わって◎。

「名古屋の人は、昔からかき氷を1年中食べると耳にしたことがあって。本当に1年中うちの氷が好きで食べに来てくださる方がいます。氷を削らない日はないくらい」と、店主の梶さん。

お年寄りの方が買い物途中に立ち寄ったり、週末を中心に若い世代の方がお茶したりと、世代問わず多くのお客さんがいらっしゃると言います。

スタイリッシュな店内は、和の要素を取り入れた家具にも注目。

店頭には和素材を使った洋菓子など、見た目もおしゃれな手土産が並んでいます。

約11年間掲げた暖簾を下す「緋毬」は、名古屋のかき氷の伝統と文化を継承し、多くのファンに愛されてきました。

「今年はコロナウイルスもあって、なかなか自由に外出はできませんが、常連さんや毎年楽しみにしてくださる方々が、最後に来ていただけるとうれしいです」

そんな店主・梶さんが大切につくり続けた「緋毬」のかき氷を食べに、足を運んでみませんか?

※掲載内容は2020年6月現在の情報です。

名古屋・栄の甘味処「緋毬(ひまり)」のふわふわかき氷を食べ納め【9月頃閉店】

イベント名
緋毬
営業時間
10:00~20:00
定休日
不定休(施設に準ずる)
問い合わせ
052-961-6082
公式サイト
https://www.himari-jpn.com/index.html

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY11月号(2022年9月21日発売)この秋したいこと全部!

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

名古屋・栄の甘味処「緋毬(ひまり)」のふわふわかき氷を食べ納め【9月頃閉店】

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. KELLY Editors
  4. 名古屋・栄の甘味処「緋毬(ひまり)」のふわふわかき氷を食べ納め【9月頃閉店】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。