ローディング

【連載コラム】編集部シモムラの「きみと、映画と、写真の話」-vol.4-夏に観たい映画編

2020.07.06〈Mon〉

最終更新日:2020/07/06

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2020/07/06

おはようございます、こんにちは、こんばんは。
編集部シモムラ(@shimomai._)です。

もう7月に入り、気づくと明日は七夕ですね。毎年、曇りが多い七夕ですが、天の川が見えるのでは?といつもそわそわしています。そんな夏の風物詩を映画でも楽しんでほしいなと思って、今回は“夏に観たい映画”特集にしました。

編集部シモムラが独断と偏見で選んだ、2020年夏に観たいアニメーション映画3選

2020年夏に観たいアニメーション映画3選

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?

(C)2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会
2017年8月公開

STORY
夏休みのとある海辺の町。花火大会を前に「打ち上げ花火は横からみたら丸いのか?平べったいのか?」で盛り上がるクラスメイトたち。そんな中、典道が想いを寄せるなずなの転校が決まってしまう。そんな現状から逃げ出したくなったなずなは、典道と町から逃げ出そうとするが失敗。なずなを助けたかった典道は、「もしも、あのとき俺が」と、もどかしい気持ちからなずなが海で拾った不思議な玉を投げつけると、いつの間にか時間が巻き戻されていた―。何度も繰り返す1日の果てにたどり着く、二人の運命は?花火が上がるとき、恋の奇跡が起きる。

★夏を感じるおすすめシーン
画面いっぱいに広がる打ち上げ花火のシーンが印象的で、夏感じる1作。綺麗な絵とDAOKOさん×米津玄師さんによる主題歌「打上花火」がさらに夏を盛り上げてくれます。

泣きたい私は猫をかぶる

© 2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会
2020年6月よりNetflixにて配信中

STORY
自由奔放で明るく、ちょっと変わった中学生・美代と、美代が想いを寄せるクラスメイトの日之出を主人公に、猫の世界を通して描かれるオリジナル青春ファンタジー。毎日、日之出に果敢にアタックし続けるが、全く相手にされない。しかし、めげずにアピールし続ける彼女には、誰にも言えない秘密があった―。

★夏を感じるおすすめシーン
アニメーションで描かれる美しく幻想的な街並みは必見!愛知県の常滑市が舞台となっているので、映画を観ながらアニメーションと音で常滑の夏を感じることができます。ユルシカさんが担当した主題歌の「花に亡霊」も作品にマッチ。二人の青春が感じられるラストシーンにも注目です!

▼さらに詳しい記事はコチラ
【6/18(木)より配信】アニメ映画『泣きたい私は猫をかぶる』が「Netflix」にて全世界独占配信!

千と千尋の神隠し

© 2001 Studio Ghibli・NDDTM
2001年7月公開・現在も公開中!

STORY
10歳の少女・千尋は、両親と車で新居に向かう途中、不思議な世界へと迷い込む。気づくと両親は豚に変えられ、元の世界に戻れない状況に。そんな千尋の前に謎の少年・ハクが現れ、千尋を助けてくれる。両親を救ってここから出るためには、湯屋で働かなければならないとハクから助言を受け、湯屋で働くことに。慣れない仕事に翻弄されながらも自分の居場所を見つけていく―。

★夏を感じるおすすめシーン
千尋が電車に乗っているシーン。きれいな景色となんだか不思議な雰囲気がノスタルジックでたまりません。また、ハクが自分の名前を思い出すシーンは、何度観ても鳥肌もの!個人的には、ジブリのキャラクターの中で一番好きなオオトリさまにも注目して観てほしいです。

▼さらに詳しい記事はコチラ
【期間限定】スタジオジブリ4作品が劇場で公開中!懐かしい名作を映画館で

ジブリは、今映画館でも再上映しているので、早速行ってきました!ジブリシリーズをまた映画館で観ることができ、改めて映画館で観る良さとジブリ映画と共に育ってきたなと懐かしい気持ちになりました。ぜひ、行ってみてください♪

🌼毎月素敵な1枚を勝手におすそわけ🌼
▼今月のマイベストショット。今回は映画に絡めて、昨年の花火の写真にしました

西枇杷島祭りより
少しでも夏気分を味わってもらえるとうれしいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
次は8月6日(木)にお会いしましょう♪
お楽しみに!

▼前回のコラムを見逃した人はコチラも
【連載コラム】編集部シモムラの「きみと、映画と、写真の話」-vol.3-クリームソーダ編

SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line