ローディング

杏沙子、2ndフルアルバム『ノーメイク、ストーリー』リリースインタビュー!自分の素顔をさらけ出した、等身大の一枚を語る

2020.07.08〈Wed〉

最終更新日:2020/07/08

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2020/07/08

7月8日(水)に、次世代シンガーソングライター・杏沙子さんが2ndフルアルバム『ノーメイク、ストーリー』をリリース。アルバムタイトルが表すように、女の子が内側に秘めている気持ちをリアルに描き、10編の物語を紡ぐように歌い上げた、等身大の楽曲が収録されています。

インタビューで、「他の誰かではなく、“すっぴん”な自分を見せたい。さらけだしたい」と語ってくれた、杏沙子さん。『ファーストフライト』から約1年が経って変化した心境や、『ノーメイク、ストーリー』に込めた思いについて伺いました。

2nd フルアルバム『ノーメイク、ストーリー』のリリースおめでとうございます。どの曲も表情に富んでいて、聞き手の心をゆさぶる、聴きごたえたっぷりの一枚になっていると思いました。まず、アルバムが出来上がった、今の率直な気持ちを教えてください。

自分の音楽の、大きな分岐点のようなアルバムになったと思います。前回、インタビューを受けたファーストフライトから、だんだん自分の書きたい音楽が変わっていきました。

以前は、小説や映画のようにフィクションを描く感覚で曲を作っていたんですが、架空の誰かの話ではなく、自分自身のノンフィクションを書きたいと思うようになって。「ファーストフライト」は、まさに自分が日々夢に向かっている中で感じる、不安や焦りや悩みを、全部さらけ出して書いたものだったんですよね。曲を聴いてくださった方々から、「自分の大切な時に聴く曲です」「これで受験を乗り切りました」という声をいただいて、自分の感情を書いた曲が、誰かの曲になっていくのを目の当たりにしました。

それで、<自分>を書くことで、聴いてくれる人とより深くつながれるのかもしれない、と思うようになって。今回の『ノーメイク、ストーリー』は、そうして「もっと自分のことを書きたい」と思って出来たアルバムです。

杏沙子さん自身の、本当の言葉を紡いだ曲ということですね。文字通り、『ノーメイク、ストーリー』というタイトルにもそれが現れていますよね。

今回が一番自分をさらけ出したなと思います。「“すっぴん”な自分を見せたい。さらけだしたい。脱ぎたい!」と思って、『ノーメイク、ストーリー』というタイトルにもその思いを込めました。

私も聴いていて、今まで以上に心に突き刺さってくる曲ばかりで。杏沙子さんのリアルな言葉だから、より共感できるんだなと感じました。アルバムに収録されている10曲の中からいくつかピックアップして、楽曲のお話もできたらと思いますが、読者の皆さんに特に思いを伝えたい曲はありますか?

どの曲も自分のノンフィクションを書いているので悩ましいですが、今まさに、自分の中でまた感覚が変わり始めているきっかけになっているのが、「見る目ないなぁ」という曲ですね。これは、「見る目ないなぁ」と実際につぶやきながら帰った実体験が元になっていて、自分を主人公にした日記的な曲です。

アルバムのリリース前にミュージックビデオを先行して公開して、そこで初めてみなさんの反応を知ったのですが、聴いてくれた方の“見る目ないなぁ話”をコメント欄にたくさんいただいて。「数年前の元カレのことを思い出した」とか、「昨日お別れしちゃったけど、この曲を聴いて前を向けました」とか。「自分の曲なのかと思った」という共感の声が多くて、感動しましたね。<自分>を書いたことが、結果的に多くの人につながっていくというのを感じています。

「見る目ないなぁ」のミュージックビデオは、再生回数もどんどん伸びていますよね。

「とっとりのうた」「ファーストフライト」のように、自分のために書いた曲が誰かの曲になる、という確信がどんどん強まっていったおかげで、「どうか自分自身と重ねて観てほしい」と思うようになって。なので、ミュージックビデオも、ほぼ私の背中だけが映っている映像にしました。願っていた形でみなさんに伝わっていて、うれしいですね。

次のページ…
杏沙子さん一番の推し曲は?

SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line