絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#カフェ

2020.7.19sun

名古屋・栄に新スタイルの韓国カフェ「byeol.(ビョル)」がオープン!

2020年6月24日、名古屋・栄にK-POPカフェ「byeol.(ビョル)」がオープン。

K-POPファンの間では、TwitterやInstagramなどのSNSで噂が広まっている同店は、日本では珍しいセンイル広告の掲示やイベントなど、K-POPファンを魅了しているのだとか。

名古屋・栄に新スタイルの韓国カフェ「byeol.(ビョル)」がオープン!

K-POPカフェ「 byeol.(ビョル)」が栄にオープン

2020年6月24日、栄にK-POPカフェ「byeol.(ビョル)」がオープンしました。

お店があるのは、地下鉄「栄駅」13番出口より徒歩約5分のビルの2階。大きな窓越しからはK-POPアイドルの看板が目に入り、入口に近づくとともにK-POP音楽が聴こえてきます。

大好きなK-POPの魅力を伝える仕事がしたかった

元々K-POPが好きだったという店主の中村さん。約5年間美容師として働いているときにも、大好きなK-POPのことが頭から離れず……次第に美容師の仕事を続けるかどうか、考え始めたと言います。

ーーなぜ美容師からカフェ店主に転身したのでしょうか?

中村さん  美容師って、やることが限られているんですよね。髪を切ってスタイリングするとか、自由度が低くて。

でも、カフェなら飲食を提供するだけじゃなくて、イベントができたり、グッズ販売ができたりと、なんでもやりたいことができる。だから、昨年秋から本格的にカフェ開業に向けた準備をすすめてきました。

ーーそもそもいつからK-POPが好きになったのでしょうか?きっかけがあれば、教えてください。

中村さん  高校時代に「少女時代」にハマったのがきっかけでした。そこから他の歌手の音楽を聴いたり、母親がハマっていた韓流ドラマも観ていました。

ーーそれで、韓国やイベントに行ったり?

中村さん  まだ韓国には過去に4回しか行ったことがないのですが、日本で開催されているK-POPのイベントは、頻繁に行っています。名古屋はもちろん、東京、大阪、福岡と、全国各地に行って、推しを追いかけていました。

ーーちなみに今、中村さんが推しているアイドルは?

中村さん  「少女時代」にハマってからメンバーの解散もあって、その後から今まで「OH MY GIRL」が好きです。

ーーわりと一途なんですね(笑)

中村さん  そうですね(笑)。一途な推しを変えながら、他のスターも聴いて……みたいな。

ーーなんでそんなにK-POPに惹かれるのでしょうか?

中村さん  いろんな理由がありますが、特に仕上がりが良すぎるんです。顔やメイク、スタイリングといったビジュアルが整っていて、音楽や歌やダンス、クオリティが高いんですよね。

韓国って日本以上に厳しい実力社会なので、デビューした瞬間からもう、仕上がりが出来上がっている。世界観の作りこみが面白いんです。

ーーたしかに…!

中村さん  最近日本でも増えてきたかもしれませんが、K-POPアイドルって、一曲ごとのテーマによって異なるイメージに変化するんです。明るい曲なら明るく、落ち着いた曲ならシックな雰囲気など、徹底した世界観の演出に魅了されます。

次のページ…
コーヒーが苦手な人でも楽しめる、ドリンクとスイーツ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY9月号(2022年7月23日発売)かき氷とパフェ、アイスクリーム

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

名古屋・栄に新スタイルの韓国カフェ「byeol.(ビョル)」がオープン!

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. KELLY Editors
  4. 名古屋・栄に新スタイルの韓国カフェ「byeol.(ビョル)」がオープン!

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。