ローディング

開催は愛知だけ!「ジブリの”大じゃない”博覧会」徹底レポート

2020.07.28〈Tue〉

最終更新日:2020/07/31

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2020/07/31

開催は愛知だけ!「ジブリの”大じゃない”博覧会」徹底レポート。

昨今の新型コロナウイルス感染症による影響で、開催延期となった「ジブリの大博覧会~ジブリパーク、開園まであと2年。~」。こんな状況だからこそ、明るく楽しくジブリの世界観を楽しんでもらえるようにと、“愛知県限定”で「ジブリの“大じゃない”博覧会」を開催しています。早速、展覧会大好きの編集部コバヤシが行ってきました!

一番の見どころは、初公開の展示作品!


2020年冬に放送を控える、宮崎吾朗監督の最新長編アニメーション『アーヤと魔女』の登場キャラクターが人形になって登場! どこよりも早い展示作品に、アニメの放送が待ち遠しくなります。

また、会場の途中にある「プロデューサー鈴木敏夫が語るスタジオジブリ誕生の秘密」の映像作品も本邦初公開。ジブリの歴史をたどることができます。


ジブリ作品の展示や遊び、憩いの空間を作り出す「ジブリの大倉庫エリア」の初公開スケッチ。

展覧会の最後には、2022年秋に「愛・地球博記念公園」で開業予定の「ジブリパーク」の資料が待っています。今回の展覧会の最大の目玉です。ジブリらしい色使いの施設スケッチや、細密に作られた建築模型を見ていると、今後の完成に期待が膨らむばかりです!

次のページ…
作品のワンシーンになりきれる
展示から大型作品まで

SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line