絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#和食

2020.7.29wed

名古屋・車道に通いたくなる日本料理「割烹 春」がオープン

2020年4月、名古屋・車道に割烹・小料理の「割烹 春」がオープンしました。店主の春日さんは「日本料理 加瀬」で4年、「蔵人厨 ねのひ 本店」で12年、総料理長としては5年勤めた後にお店をオープンされたとのこと。気になる「割烹 春」へ早速、行ってみました。

名古屋・車道に通いたくなる日本料理「割烹 春」がオープン

ゆったりと過ごせる、落ち着いた空間が魅力

お店は、地下鉄「車道駅」1番出口より徒歩約7分の所にあり、木目調の扉が目印。外観からも温かい雰囲気が伝わってくる「割烹 春」。扉を開けると、店主さんが優しく迎えてくれました。

幼い頃からいつかは自分のお店を開きたかった

旅館を営む両親の姿を見て育ち、幼い頃から料理に興味を持ち、自然と料理の道へと進んだ店主・春日さん。「日本料理 加瀬」や「蔵人厨 ねのひ 本店」にて勤務。いつかはお店を開きたいと思い続け…ちょうど良いタイミングが今だったと言います。

ーー「割烹 春」という、お店の名前の由来は何でしょうか?

春日さん  京都で務めていた時に呼ばれていたニックネームが「春」だったので、わかりやすくニックネームからとりました。

”地産地消”を大切に、地元の味わいを楽しんでほしい

ーー春日さんがお店を営む中で大切にしていることはなんですか?

春日さん  「地元の食材をふんだんに使った日本料理を味わってほしい」との思いで、”地産地消”をモットーに。仕入れ状況にも寄りますが、なるべく地元の食材を意識して取り入れ、メニューを考案しています。

季節の食材を散りばめた、人気のランチメニュー「松花堂弁当」

お昼のメニューは、「松花堂弁当A」(2500円+税)「松花堂弁当B」(3200円+税)、「ランチ会席」(4800円+税)の3つのメニューがあり、完全予約制になっています。

「松花堂弁当B」※メニューは、季節や日によって内容が異なります

今回は、季節の食材をふんだんに使ったランチ「松花堂弁当B」をご紹介。先付には、車海老を乗せた「長芋羊羹」、ご飯には、豊橋産のとうもろこしと枝豆を加えたご飯、メインには、瀬戸産の瀬戸山麓牛を使用した「瀬戸山麓牛のローストビーフ」、石川県の加賀伝統野菜の一つでもある加賀太胡瓜(かがふときゅうり)、三重県産のトマトが入った「金時草のおひたし」など、伝えきれないボリューム満点の内容。さらに、「帆立とゆりげの茶碗蒸し」や赤だし、漬物と、「松花堂弁当B」には、デザートとほうじ茶もセットに。

「松花堂弁当B」メニューの一部「スイカのソルベ」「ほうじ茶」

夜のイチオシメニューは、和牛「瀬戸山麓牛の石焼き」

コースメニューの一部「瀬戸山麓牛の石焼き」、「純米大吟醸 盛田 WHITE」(グラス800円+税)

希少な瀬戸山麓牛を使った夜だけの贅沢メニュー「瀬戸山麓牛の石焼き」もおすすめ。脂身多めの肩ロースの「ザブトン」は、ジューシーな味わいがたまりません。夜の会席は、8000円コース、1万円コース、1万2000円コースから選ぶ完全予約制で、料理の内容が価格に応じて少し異なります。「瀬戸山麓牛の石焼き」はどのコースにも含まれていますので、予約してからぜひ訪れてみてください。

地元のお酒と共に楽しんでもらいたい

ーーお酒へのこだわりも教えてください

春日さん  愛知、岐阜、三重と地元のお酒も共に楽しんでほしいとの思いで、日本酒は約15種類と、東海エリアのものを中心にそろえています。日本酒の他にもワイン、焼酎、ビール、ウイスキー、果汁酒、ソフトドリンクも用意していますので、好きなドリンクを合わせて楽しんでください。また、迷った時には、お料理に合う日本酒のペアリングセットもあります。お料理に合うお酒をおすすめしますので、ぜひお尋ねください。

気軽に入れる日本料理店にしたい

ーー落ち着く素敵な店内ですが、どのような思いが込められていますか?

春日さん  席はカウンターのみの全11席を用意しています。今は、制限して7、8席でのご案内に。店内の空間作りは、日本料理を気軽に楽しんでいただきたい思いで、カウンターに「アフリカンチェリー」という木材を使用して、カジュアルな空間作りを意識しました。また、カウンターに座るお客さんとの目線が合うように床上げも。今では、ご友人や女子会、ご家族でのお食事会で利用いただくことが多いですね。

地元の食材やお酒をみんなで楽しみたいとの思いで出来た「割烹 春」。入ってみると、店主・春日さんの温かい思いがいっぱい詰まった日本料理店でした。落ち着いて食事をしたい時は、家族や友人と気軽に楽しめる「割烹 春」でゆったりと過ごしてみてはいかがでしょうか。

※掲載内容は2020年7月現在の情報です。

名古屋・車道に通いたくなる日本料理「割烹 春」がオープン

イベント名
割烹 春(カッポウ ハル)
場所
名古屋市東区代官町29-18 柴田ビル1F
カード使用
問い合わせ
052-934-7878
Instagram
https://www.instagram.com/kappo.haru/

MAGAZINE 月刊ケリー

月刊KELLY

月刊KELLY1月号(2021年11月22日発売)SDGs
気持ちいい毎日

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

名古屋・車道に通いたくなる日本料理「割烹 春」がオープン

WRITER

Mai Shimomura

Mai Shimomura

岐阜県出身。スタジオやブライダルでの 撮影経験を6年経て、編集者へ転身。 カメラと映画が好きなミーハー女子。 素敵な出会いを写真に記録しながら、 みんなの心に届くモノを発信したい。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. Mai Shimomura
  4. 名古屋・車道に通いたくなる日本料理「割烹 春」がオープン

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。