ローディング

名古屋・東区にカフェ「白枦(hakuro)」がオープン。四季の移ろいを味わうコーヒーやランチ

2020.07.31〈Fri〉

最終更新日:2020/07/31

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2020/07/31

名古屋・東区にカフェ「白枦(hakuro)」がオープン。四季の移ろいを味わうコーヒーやランチ

2020年6月にオープンした、東区・徳川にある、隠れ家的カフェ「白枦(hakuro)」。四季折々の素材を使ったランチやディナー、喫茶が楽しめるお店です。

東区・徳川にある、隠れ家的カフェ「白枦(hakuro)」

白枦外観

2020年6月、東区徳川に「白枦」がオープンしました。

お店の場所は、名鉄瀬戸線「森下駅」より徒歩約5分のところ。徳川二丁目交差点すぐにある、フラワー&ギャラリー「花あざみ 徳川店」の2階に同店があります。

移動販売から実店舗を持つまで、コーヒーと共に歩んできた

元々東海エリアのイベントやマルシェにて、コーヒーの移動販売をしていた、店主の良知さん。オープンに至る経緯や料理、コーヒーへのこだわりについて、お伺いしました。

白枦店主

ーーお店をオープンした経緯を教えてください。

良知さん  昔からコーヒーが好きで、学生時代にカフェや喫茶店を巡るのが趣味でした。ずっと「将来は喫茶店を開きたい」と考えていたので、約2年間東海エリアで、コーヒーの移動販売を行うところから始めてみたんです。

ーーコーヒーの勉強はどのようにしましたか?

良知さん  喫茶店のマスターに聞いたり、自宅で淹れる練習したり、手探りですが、独学でやっています。

白枦店主

ーー独学はすごいですね……!移動販売をやってみてどうでしたか?

良知さん  移動販売の欠点は、天候に左右されるところですね。東海三県のマルシェやイベントに出店していたので。でも、約2年も続けてられたのは、お客さんとのふれあいのおかげです。

例えば、静岡のイベントで出会ったお客さんが、名古屋のイベントに足を運んでくださったことがあって。移動販売でも、お客さんが何度も顔を出しに来てくれるのがうれしくて、励みになりました。

白枦スタッフ

ーー今は3人でお店をつくっていますよね。皆さんはどんなつながりがあったのでしょうか?

良知さん  2人は元々、東海エリアで一緒にイベント運営をしていたメンバーなんです。僕はコーヒー、他の2人が料理やデザインを担当したりと、得意分野を担いつつ、共同でお店を作っています。

白枦スタッフ

ーーそういえば、お店のInstagramやメニューにも書かれている詩的なメッセージが印象的でした。どんなことを意識して世界観をつくっているのでしょうか?

良知さん  実は、自分に自信が持てない人間で、飽き性なんです。でも、唯一熱中できるのがコーヒーでした。会社員を辞める時に、「コーヒー一杯で幸せになれる人生でいい。かつ、コーヒーで生活できたらいいな」と思ったんです。

白枦コーヒー

良知さん  そして、自分が心から好きなものと向き合ったら、景色や時間、季節の移ろいがすごく愛おしいことに気づいて。そんな考え方を表現して、お客さんと分かち合えたらなと。

ーーだから、美しい景色など、ご自身が大切にしたいものをInstagramやお店という場で表現しているのですね。

良知さん  そうなんです。メニューも四季の移ろいを感じるような……そもそも、店名の「(はくろ)白枦」は二十四節気の9月頃を指す言葉。お店のメンバー3人全員が、白露の時期生まれなので、店名にしました。

次のページ…
食卓に並ぶのは、旬の素材をシンプルに楽しむための料理

名古屋・東区にカフェ「白枦(hakuro)」がオープン。四季の移ろいを味わうコーヒーやランチ

店名

白枦(はくろ)

営業時間

(木・日曜)11:00~18:00
※金・土曜は~22:00
※~14:00はランチ、~18:00はおやつ、~22:00はディナー

定休日

月~水曜

場所

名古屋市東区徳川2-6-6 2F

2020.07.31〈Fri〉UP

SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line