絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#おでかけ

2020.8.1sat

「星野リゾート 沖縄妄想トリップ」TRIP.16 沖縄|開業&魅力いっぱいの、沖縄・星野リゾートはしご旅

旅好きならば誰もが憧れる「星野リゾート」。その素晴らしいホスピタリティと極上ステイは、国内だけでなく海外のゲストをも魅了しています。『月刊ケリー』編集長が毎月、「星野リゾート」の施設を訪れ、現地の旬の魅力をお届けしているこの企画。第16弾は、ビュンと旅立ちたい!けれど、もう少し我慢…ということで、夏の沖縄を妄想トリップ♪7月には「星のや沖縄」と「リゾナーレ小浜島」が開業し、他にもアウトドアを満喫できる「星野リゾート 西表島ホテル」、離島の集落で暮らすように滞在する「星のや竹富島」と、バラエティに富んだラインナップを旅します!「星のや沖縄」のオリジナルハーブティセットのプレゼント企画もお見逃しなく!

profile 『月刊ケリー』編集長・堀井好美
「星野リゾート」をこよなく愛し、国内外の全施設を制覇するのが夢。「早く自由に旅ができるようになりますように…」と祈りつつ、今回はPCで沖縄旅へ出発!

開業間もない「星のや沖縄」で、贅沢を集めたグスク(城)滞在。

2020年7月1日に開業した「星のや沖縄」。沖縄本島の中でも、歴史的建造物や文化、自然が多く残された、読谷村(よみたんそん)に位置します。この宿のコンセプトは、「グスク(城)の居館」。沖縄の史跡を模した「グスクウォール」に囲まれ、まるで琉球王国に招かれかと錯覚してしまいそう!宿泊棟は海岸線に沿って立ち並び、全室オーシャンフロント。広々としたダイニングが設えられた部屋で、家族だけで丸一日中、海を眺めながら優しい波の音で時を感じ、自然に溶け込むように過ごす時間は、この上なく贅沢ですね。

これがグスクウォール。沖縄に数多く残されている史跡からインスピレーションを受けて、現代風に作られました。その高さは4.5m!海風が抜ける小さな穴は、よく見れば伝統的な織物「読谷山花織」の模様になっています。

主な客室は、掘りごたつ式の「床座リビング」を備えたフゥシ(星)、海に突き出た「テラスリビング」のあるハル(畑)、土間ダイニングとテラスリビングが特徴的なティン(天)の3タイプ。ネーミングもどれもロマンチックです。この土間ダイニングは各客室にあり、大きな窓を開けて開放的な中でいただく食事は格別!「冷蔵庫やオーブンレンジも備わっているとのことなので、客室で出来立ての料理を楽しめるのがうれしいですね。まったりのんびり食事時間を過ごしてしまいそうです!」と編集長。

美しさと華やかさを感じるベッドルームの壁紙は、琉球紅型と呼ばれる伝統的な染色技術を用いたもの。沖縄でなじみのある植物や動物をモチーフにしていて、とてもかわいらしい!

ルームキーホルダーは、琉球の伝統装飾品である房指輪がモチーフ。「知らなかった沖縄の伝統工芸を自然に知ることができるのは、学びにもなりますね」と編集長。

夕食は、ダイニングでいただくのもいいですが、せっかくならばお部屋でゆったり食べられる「ギャザリングサービス」を。豊富なバリエーションから選べる料理は、客室の調理家電を使って好きなタイミングで仕上げられるため、気ままに出来立ての美味しさを味わえます。「ワインや泡盛がおともにあれば、エンドレスでくつろいじゃいますね」

「星のや沖縄」は、多用なパブリックエリアがあるのも特徴。せっかく滞在するなら、一年中楽しめるプールは欠かせない!広々としたインフィニティプールもいいですが、深さ10cmほどの浅瀬にイスが配された、服のままでくつろげるプールでのサンセットタイムも素敵です。

アクティビティの拠点となる「道場」では、チェックイン後15時~16時半の間、「ぶくぶく茶」が振舞われます。ぶくぶく茶とは、旅人の航海の幸せを願う、古くからある風習。約40年前に復元され、伝統茶として継承されているのだとか。泡とお茶を吸い込むようにしていただきます。「星のや沖縄」は、沖縄の自然と伝統を全身で感じながら滞在するのがオススメ。とにかく何もしない一日を作る贅沢は、普段ではありえませんからね。

星のや沖縄

住所
沖縄県中頭郡読谷村儀間474
時間
IN15:00/OUT12:00
駐車場
あり
カード

料金
大人1泊10万9000円~(1室利用あたり、食事・税・サービス別)
問い合わせ
0570-073-066(星のや総合予約)
公式サイト
https://hoshinoya.com/okinawa

※掲載されている情報は、2020年7月時点のものであり、変更となる場合があります。

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY11月号(2022年9月21日発売)この秋したいこと全部!

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

「星野リゾート 沖縄妄想トリップ」TRIP.16 沖縄|開業&魅力いっぱいの、沖縄・星野リゾートはしご旅

WRITER

Yoshimi Horii

Yoshimi Horii

『KELLY』編集長。星野リゾートをこよなく愛する。国内外の施設を制覇するのが夢!

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. Yoshimi Horii
  4. 「星野リゾート 沖縄妄想トリップ」TRIP.16 沖縄|開業&魅力いっぱいの、沖縄・星野リゾートはしご旅

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。