ローディング

【連載コラム】編集部シモムラの「きみと、映画と、写真の話」-vol.5-ホームシアター編

2020.08.06〈Thu〉

最終更新日:2020/08/06

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2020/08/06

おはようございます、こんにちは、こんばんは。
編集部シモムラ(@shimomai._)です。

8月になりましたね。暑い日々が続いておりますが、皆さま体調は大丈夫でしょうか。
そんな暑い時でも気軽に家で映画を上映することができる!
ひとり占め‟ホームシアター”で映画を観ることが日課となっております。

私が愛用しているのは、
「popIn Aladdin2(ポップイン・アラジン2)」!
皆さまご存知でしょうか。

家庭用シーリングライトに
高性能のプロジエクターと高音質のスピーカーがセットになった
世界初の3in1シーリングライト!

こちら側にスピーカーが!
プロジェクターと壁との距離で画面のサイズを調整することができ、
映画やYouTubeに限らず、時計機能やその日の気温、月の様子も教えてくれます。
▼投影はこのように。

せっかくの大画面!どんな映画を観ようかと迷ってしまいますよね。
そこで今回は、編集部シモムラが独断と偏見で選んだ、大画面で観たい映画3選にしました。

大画面で観たい映画3選

家でおこもりホームシアター編

レディ・プレイヤー1


© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

STORY
いまから27年後の世界。誰でもなりたいものになれる場所、夢が実現する新世代VRワールド[オアシス]が、人類の生活の一部となっていた。そんなある日、[オアシス]創設者の遺言が公表され、その内容に世界中が注目。その内容とは、オアシスに隠された3つの謎を解いた者に全財産の56兆円と、この世界すべてを与えるというものだった。仮想現実だけではない、現実世界をも左右される遺産目当てに、子どもから大人、さらには大企業までVRワールドに参戦。しかし、VRの世界では、想像をはるかに超える厳しい戦いが待っていた。果たして、勝利は一体誰の手に―。

★大画面で観たいポイント
・自由自在のVRの世界観がすごい!ゲームの世界に迷いこんだよう
・80年代の音楽とポップカルチャーがなんだか懐かしく、わくわくする
・大画面で探したい、キャラクターや小道具などの映画のネタが満載

『レディ・プレイヤー1』
監督 / スティーブン・スピルバーグ
脚本 / ザック・ペン、アーネスト・クライン
出演 / タイ・シェリダン、オリビア・クック、ベン・メンデルソーン、リナ・ウェイス、サイモン・ペッグ、森崎ウィン ほか
公式サイト / https://wwws.warnerbros.co.jp/readyplayerone/

インセプション


©2014 Warner Bros. Entertainment Inc.

STORY
人が一番無防備になっている状態とも言われる夢を見ている間に、潜在意識の奥まで潜り込み、情報を盗み出す最強の産業スパイのドム・コブ(レオナルド・ディカプリオ)。その特異な才能ゆえに、彼は最愛のものを奪われ、国際指名手配されてしまう。そんな彼の元に、アイデアを盗むのではなく、相手の心に“植え付ける”「インセプション」と呼ばれる仕事の依頼が入ってくる。不可能だと言われる難しい仕事に、コブは、失った人生を取り戻すため、仲間を集めて任務を遂行しようとする。しかし、いざ夢の中へ入ると、誰も予想していなかった事態が彼らを待ち受けていた―。

★大画面で観たいポイント
・夢の世界を映像化!現実では起こりえない立体的な映像を大画面で体感してほしい
・予測できないストーリー展開に、惹きこまれること間違いなし
・無重力を感じさせる、ホテル廊下のあの名シーンはCGなし!美術のセットと俳優さんの演技力にも注目

『インセプション』
監督・脚本 / クリストファー・ノーラン
出演 / レオナルド・ディカプリオ、渡辺 謙、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、マリオン・コティヤール 、エレン・ペイジ、トム・ハーディー ほか
公式サイト / https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=4244/dvd/

ベイビー・ドライバー


© 2017 TriStar Pictures, Inc. and MRC II Distribution Company L.P. All Rights Reserved.

STORY
その天才的なドライビングセンスで犯罪組織の運転手として活躍するベイビー(アンセル・エルゴート)。子どもの頃の交通事故の後遺症で耳鳴りに悩まされる彼は、音楽を聴くことで、音の雑音を消し、そのドライビングテクニックが覚醒する。作戦担当の組織のボス・ドク(ケヴィン・スペイシー)、すぐにブチ切れ銃をブッ放すバッツ(ジェイミー・フォックス)、凶暴すぎる夫婦、バディ(ジョン・ハム)とダーリン(エイザ・ゴンザレス)の仲間と共に危ない仕事をこなしていく。そんなある日、デボラ(リリー・ジェームズ)と恋に落ち、この犯罪組織から抜け出す決意をする。しかし、彼の才能を必要とする組織のボスに、デボラの存在を知られてしまい、無謀な強盗に協力することに。恋人と組織を道連れに、いまベイビーの最後の暴走が始まる―。

★大画面で観たいポイント
・ベイビー役のアンセル・エルゴートさんのテクニックと大迫力のカーアクション
・アクションだけではない、人の行動や車の動きにマッチした映像×音楽のシンクロも楽しめる
・エドガー・ライト監督ならではのテンポとユーモアに魅了される

『ベイビー・ドライバー』
監督・脚本 / エドガー・ライト
出演 / アンセル・エルゴート、ケヴィン・スペイシー、リリー・ジェームズ、 ジェイミー・フォックス、ジョン・ハム、エイザ・ゴンザレス ほか
公式サイト / https://bd-dvd.sonypictures.jp/babydriver/

どれから観ますか?何度観ても楽しめる作品ばかりなので、良かったら観てみてください。
大画面で観てほしい気持ちもありますが、もちろん、テレビサイズでも楽しめますので、ぜひ◎

次のページ…
邦画もcheck!2020年8月公開の注目新作映画

SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line