ローディング

【連載コラム】編集部コバヤシの「美術館と癒しの備忘録」-memo.5-

2020.08.15〈Sat〉

最終更新日:2020/08/15

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2020/08/15

こんにちは! 連日の猛暑日により、夏バテモード全開のコバヤシ(@maikoba_22)です。「バレーボールをやっていたから、体力あるよね!」と思われがちですが、室内部活なので太陽とは未だ友達になれていないのです…(涙)。食欲が落ちる一方ですが、皆さんも水分・栄養補給はしっかりして、この夏を一緒に乗り切りましょう!

さて、2020年は新しい美術館のオープンや、現代アートを牽引するアーティストが集結した展示会の開催など、各メディアでも特集として組まれることも多く、アート好きとしては大いに盛り上がっている注目の年です。今回は、その中でもよく取り上げられている京都の美術館のお話です。展覧会はもちろん、美術館全体のこと(がメイン…?)をお伝えしていきます!

「京都市京セラ美術館」 / 『杉本博司 瑠璃の浄土』

誰もが出入りできる、開かれた美術館を目指して


左は天国、右は地獄みたいな空の下に、威厳さあふれる昔の建築とガラス張りの空間が新旧を織りなすメインエントランス前でパシャリ。

今年4月にリニューアルした「京都市京セラ美術館」。それまでは「京都市美術館」として親しまれており、現存する日本で最も古い公立美術館建築です。昔ながらの建築の良さを生かしながら、美術館としての役割を考えたことで、現代的な要素を加え、どんな人でも入ることができる美術館を目指しているようです。


西広間の天井のステンドガラス。

通常ならチケットを支払わないと美術館そのものに入場できないところがほとんどですが、ここは入口すぐがチケット売り場ではありません。建築家でもあり、「京都市京セラ美術館」の館長でもある青木淳さんの設計のもと、これまでの「京都市美術館」にはなかった、エントランスそばのミュージアムショップやカフェ空間を作るなどして、美術館や展示会に興味のない人でも気軽に“美術館という場所”を利用できるような導線になっています。


こんな切り取り方はなかなかしないかもですが、この美しすぎる階段を見てください(笑)! 一歩一歩踏みしめて、大切に上がった記憶があります。この先には中央ホールが広がり、一目散に庭園の緑が目に入ります。扉を額縁に見立てた絵画のような見え方がたまりません…! と、“庭園を眺めるだけに来る”という選択もできる美術館なんです。空間込みで美術館が好きな私にとっては見どころが満載で、1日中居られる美術館がまた一つ増えました。


中央ホールの螺旋階段。曲線美も綺麗で、思わず見惚れてしまいます。

芸術としての“写真”を表現する

美術館の一番奥に新設された「東山キューブ」は、現代美術を中心に展示する空間。開館記念展として、『杉本博司 瑠璃の浄土』が10月4日(日)まで開催しています。


光学硝子の破片だけを集めた《瑠璃の箱(青)》

写真を芸術分野にまで高めた作家の一人である杉本さん。今でこそ建築家や古典芸能の演出家としての顔を持ちますが、もともとは写真家であり、今回も多くの写真作品が展示されていました。


こちらは、アイザック・ニュートンの『光学』を参考にした《Opticks》。なんと世界初公開のシリーズ作品です! 「色そのもの」に注目し、太陽光をプリズムで分光させた時に現れた色をポラロイドカメラで撮影。最初見た時は絵画かと思い、写真でもこんな表現ができることを初めて知りました。

その他、直島の老朽化した神社を再建した《護王神社―アプロプリエイト・プロポーション―》の模型もありました。光学ガラスでできた階段が美しく、現物を見たくなりましたね。直島には大好きな美術館がたくさんあるので、また行きたい気持ちが湧いてきます!

杉本さんは、森美術館で開催中の『STAR展』でも作品を展示しています。見に行きたい気持ちは山々ですが、今は簡単に足を運べない状況なので、東京在住でアート巡りをしている方のインスタグラムを見て楽しんでいます。前回の展覧会では、VRで公開したことがあったので、『STAR展』もVRを薄々と期待しています。自由にお出かけできる日が待ち遠しいですね…!

今月の癒し


こちらも京都旅行の際の一コマ。「京都市京セラ美術館」へ行く前に、小学生の修学旅行ぶりに「銀閣寺」へ行ってきました。こんなにも緑豊かな場所だったとは…! やはり大人になって改めて足を運ぶと、当時とは違う感動を味わえますね。少し歩いて展望台から見る景色もとっても素敵でした。
何よりも前日に雨が降ってくれたおかげで、マイナスイオンたっぷり&水も滴る良い葉っぱたちということで、とても風情がありました。日本には、素敵な場所がたくさんありますね!

次回は、9月15日(火)です。夏の厳しい暑さを乗り越えて、またお会いしましょう。お楽しみに~!

SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line