絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

和の要素が溶け込む、新しいスタイルのイタリア料理

前菜の「夏野菜と皮目を炙ったツバスのガスパチョ」。ランチは2500円~、ディナーは5500円~

加藤さんの料理は、修行先の南イタリアらしい、オリーブオイルや魚介を使いつつ、日本ならではの食材を上手に取り込んだ一品です。

ーー素材や製法へのこだわりを教えてください。

加藤さん  メニューにはイタリア現地には滅多にない、みょうがや冬瓜、おくらなど、和の食材を積極的に使っています。なので、食べているとイタリアらしさを感じつつ、でもどこか懐かしいと感じられる味なんです。

ーーイタリアの食材だけにこだわるお店はよく聞きますが、日本の素材が持つ良さを活かしたイタリア料理って新鮮です。

加藤さん  せっかく日本でお店をやっているから、イタリアでは食べられないイタリア料理を作りたいと思い、試行錯誤を繰り返してたどり着きましたね。

ディナーの前菜「シチリア産 カルーバのブリオッシュ トリュフのジェラート フォアグラののパウダー」

また、小倉トーストからインスピレーションを受けて作ったという「シチリア産カルーバのブリオッシュ」は、ブリオッシュパンの上にトリュフのジェラート、その上に削りたてのトリュフを乗せ、フォアグラのパウダーをかけた、贅沢な一皿。

ブリオッシュパンのカリッとした食感と、冷たくて濃厚なトリュフのジェラートがクセになるおいしさです。

加藤さん  シチリア島では、「ジェラート・コン・パニーニ」というブリオッシュパンにジェラートを挟んだスイーツがあります。そして名古屋では、小倉トーストが有名ですよね。この両方を掛け合わせた新感覚のメニューです。

紀元前から食べられている豆「カルーバ」は小倉あんを、トリュフのジェラートはバターをイメージしています。

そんな「シチリア産カルーバのブリオッシュ」にぴったりなのが、イタリアンワイン。中でも、シチリアのマルサラ酒の芳醇な甘みがぴったりなのだとか。

加藤さん  一般的には食前・食後酒として親しまれていますが、フォアグラを使った料理には、甘いデザートワインとのペアリングもおすすめです。

現在グラスワインは、赤・白・泡で常時約7種類は用意しています。イタリアが多いですが、国産ワインも取り入れていきたいですね。

また、店舗の厨房で焼き上げる自家製パンや、ディナーはシェフ手打ちのパスタもあります。食後のデザートもあるので、ワインとのペアリングにも最適です。

次のページ…
肩肘張らずに楽しめる名店で、ちょっと贅沢な一日を

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

Please Share

鶴舞に「日本のイタリア料理店 sai」がオープン。おしゃれな空間で、ゆったりとランチ・ディナーを満喫【名古屋】

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. KELLY Editors
  4. 鶴舞に「日本のイタリア料理店 sai」がオープン。おしゃれな空間で、ゆったりとランチ・ディナーを満喫【名古屋】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。