絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

ミルクティーとスイーツの意外な組み合わせに驚きも

「プレジール・マロン」(454円+税)

ショーケースに並ぶスイーツも見逃せません。季節の素材を使ったプチガトーやエクレアなど、約18種類のスイーツが並びます。

ーーミルクティーとのペアリングを考えた際、スイーツにおける特徴やこだわりは何でしょうか?

近藤さん  どのスイーツもミルクティーに合うものを厳選し、店頭に置いています。中でも、コーヒークリームを使ったスイーツとミルクティーの組み合わせがおすすめです。

一見どちらも相反するようですが、ミルクティー飲んだ後にコーヒーを飲むと、ミルクとコーヒーのまろやかなハーモニーと、茶葉のスッキリとした香りがコーヒーによって引き立つんです。

「パリ・ブレスト」(407円+税)

ーーお互いの味を邪魔したりどちらかが消えるのでなく、活かしあうんですね。

近藤さん  コーヒー系のスイーツに限らず、同店のスイーツに含まれるミルクやクリームによって、乳製品同士の良いマリアージュが生まれます。つまり、相反する掛け合わせと、同系の掛け合わせの2つが、最高のペアリングを作り出すんです。

紅茶をもっとデイリーに楽しんで欲しいから、次なる挑戦を続けていく

※新型コロナウイルス対策のため、2020年8月現在は12席

同店にはテーブル席が約16席あり、イートインでもお持ち帰りでもOK。

ーー今後、同店を通じてどのような存在でありたいですか?

近藤さん   紅茶がもっとデイリーな飲み物として、この町の文化として根付いてほしいですね。昔、私がインドで紅茶の専門学校に通っていた時、毎日チャイスタンドに行くのが習慣でした。

インド現地では1日のあらゆるシーンで毎日気軽にチャイが飲まれています。ミルクティーで有名なイギリスでも、ケーキと一緒に楽しむ文化があり、世界中で親しまれている飲み物なんです。

ーー日本では近年になって、徐々にミルクティーがポピュラーな飲み物になった印象がありますが、マックンチャイのミルクティーは甘さが控えめですよね。

近藤さん  紅茶の味を楽しんでいただくために、ほぼ甘みを加えずに提供しています。でもあとはお好みで、自分の舌に馴染む味でいいんです。
自分好みの紅茶が一日を通じて飲めて、自分のスタイルにあった紅茶の楽しみ方を提案できるお店でありたいですね。

お土産や自宅用にぴったりな茶葉やティーバッグも販売中。

「ここは1号店として、これからは違った業態のお店と掛け合わせていたいです」と言う近藤さん。その強い思いと徹底したこだわりが詰まった同店では、他では出会えない、本格的な味を楽しめます。

ぜひ「マックンチャイ×ル・プレジール・デュ・パン」に訪ねてみてはいかがでしょうか。

※掲載内容は2020年8月現在の情報です。

「マックンチャイ×ル・プレジール・デュ・パン」が名古屋・本山にオープン。専門店同士の夢のコラボが実現!

イベント名
McQun Chai × Le Plaisir du pain
営業時間
10:00~19:00(LO18:30)
定休日
火曜
場所
名古屋市千種区橋本町1-65 豊栄ビル G01
Instagram
https://www.instagram.com/mcqunchai_x_leplaisirdupain/

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY11月号(2022年9月21日発売)この秋したいこと全部!

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

「マックンチャイ×ル・プレジール・デュ・パン」が名古屋・本山にオープン。専門店同士の夢のコラボが実現!

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. KELLY Editors
  4. 「マックンチャイ×ル・プレジール・デュ・パン」が名古屋・本山にオープン。専門店同士の夢のコラボが実現!

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。