ローディング

【9/4(金)公開!】映画『リスタートはただいまのあとで』主演の竜星涼さんにインタビュー

2020.09.04〈Fri〉

最終更新日:2020/09/04

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2020/09/04

【9/4(金)公開!】映画『リスタートはただいまのあとで』主演の竜星涼さんにインタビュー

9月4日(金)公開の映画『リスタートはただいまのあとで』。公開目前!主演の竜星涼さんが名古屋に来てくださったので、インタビューしてきました。

STORY
会社で思うようにいかず10年ぶりに田舎に戻ってきた光臣(古川)は、近所で農園を営んでいる熊井のじいちゃん(螢)の家に養子として一緒に暮らしている同い年の大和(竜星)に出会う。出会った時は、「馴れ馴れしくてウザイ奴」と思っていた光臣だが、父親に実家の家具店を継ぐことを拒絶され、じいちゃんと大和の農園を手伝い始めることに。大和と一緒に過ごす時間が増えるにつれて、光臣にとって大切な存在となっていく大和。そして、二人で酔いつぶれたある夜、先に目を覚ました光臣が寝ている大和に思わずキスをしてしまい―。果たして、光臣は思いを伝えることができるのか。家族や自分の将来と向き合うことができるのか。

今作のお話をいただいた時の最初の印象はいかがでしたか?

竜星さん  BL作品が増えている今、やっぱり焦点に置かれるのは、男性同士の恋や社会での生きづらさの葛藤だったりと、そういう話が多かったりするかと思います。今作は、それ以前の根本的に人を好きになるってどういうことなのかなとか、それに性別は関係ないんじゃないかなとか、どちらかというと人間ドラマだったり、成長物語などをメインにした作品だったので、だからこそ挑戦しがいがあるなって思いました。

原作がある作品ですが、キャラクターを作っていくことに関して、方言もありますし、どういうふうに作られていきましたか?

竜星さん  方言というのは、この役柄の武器と言えば武器なのですが、そこまで方言に縛られないようにしていました。過去に何かを抱えている人間だったり、そこをイマジネーションして肉付けし、彼が歩んできた道を作っていくっていう部分では、他の作品より結構想像しなくてはいけなかったことが多かった気はしますね。

原作の漫画があると、キャラクターが入ってきやすくなるものですか?

竜星さん  原作がある作品は、結構やらせていただいていますが、あまりそにには囚われたくないと思っています。もちろん、大事なのは、原作の原案やストーリー、関係性だったりと、その作品のファンの方が何を好きなのか、そこだけは共有しなければいけないと思いながらやっていますが、ビジュアルを寄せていったりとか、何かをそこまで寄せるとかはあまりしないほうかもしれません。人と人とのお芝居で生まれるものをお客さんに伝えたいと思っています。

監督が初めて監督する作品とのことで、気合が入っていたかと思いますが、現場はどんな感じでしたか?

竜星さん  すごい情熱を感じました。スタッフさんと話し合いながら進めていく中で、熱いパッションを感じましたね。みんな同じ宿だったんですけど、その大浴場で必ず僕よりも先に監督が入っていて、その背中は、夢を全力で叶えている最中の人の背中でもあり、たくましくも感じました。初めてのことに一緒に参加できるってことは嬉しいです。

今までのBLとは違って、爽やかな印象を受けた作品でした。初共演の古川さんとは、共演していくうえでどのように会話をしていったのでしょうか?

竜星さん  古川さんと僕はものすごくタイプが真逆なんですよ。僕はわりとアウトドアで、誰とでもしゃべるし、ロケ地の地元の人と飲みに行くぐらいフレンドリーなタイプ。本当に古川さんは、全く逆で自分のパーソナルスペースを守りながら、監督とは長い付き合いのようで、監督とずっと話をされながら、本番中も宿に帰ってからもずっとディスカッションを繰り広げていましたね。見た目のクールさ以上にハートに情熱がある方なんだなと思いました。

古川さんとの第一印象と撮影後の印象は変わりました?

竜星さん  すり寄っていって何か共通のものがあるのではないかと探していったんですけど、ことごとく合わない(笑)。本当に正反対の二人なんだなと思いました。唯一、女性のタイプは合いました(笑)。

次のページ…
ドキドキするようなシーンもありますが、その時の心境はいかがでしたか?

SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line