絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#カフェ

2020.9.8tue

覚王山の隠れ家「ビストロ カフェ ランプリール」で、カジュアルディナーを【名古屋】

8月でオープン2周年を迎えた、名古屋・覚王山にある「BISTRO CAFE REMPRIRE(ビストロ カフェ ランプリール)」。中華と洋食をアレンジしたオリジナルメニューでもてなしてくれる、人気のビストロカフェです。

窓からこぼれる温かい灯りに誘われて扉を開けると、ナチュラルな色合いで統一された空間に、心がほぐれていきます。

覚王山の隠れ家「ビストロ カフェ ランプリール」で、カジュアルディナーを【名古屋】

おしゃれな空間で、夜カフェを堪能

厨房で腕を振るうのは、中華の料理人としてキャリアをスタートしたオーナーシェフの石川誠さん。その後、洋食へと幅を広げて経験を積み、「様々なジャンルの料理を、より気軽に」と、カフェスタイルの店をオープンしました。

甘味が特長の名古屋コーチンの卵を贅沢に使った「名古屋コーチンのとろとろオムライス~自家製トマトソース~」(1200円+税)と、ボリューム満点の「特大ぷりぷり エビのオーロラソース」(980円+税)

メニュー表を見ると、キッシュやステーキとともに麻婆豆腐が並び、コース料理は中華と洋食を織り交ぜるなど斬新な組み合わせ。フードはテイクアウトもできるので、ホームパーティーの際も大活躍です。

夜だからこそ堪能したい、国産ワインもスタンバイ。シェフの出身地である島根県出雲市のワイナリーから取りそろえるワインが中心です。

様々な料理分野で経験を積んだ石川シェフならではの、盛り付けの美しさにも注目。種類豊富なメニューと落ち着く空間に心満たされて、つい長居したくなります。

食後には、「季節のシフォン」(650円+税)と「自家製ジンジャーエール」(550円+税)をどうぞ。

北欧からインスピレーションを得た内装デザイン。夜になると、個性的なランプがより映えます。ソファ席もあり、一人でも複数人でもゆったりくつろげます。

「覚王山駅」の南方に延びる路地裏。フィンランドの妖精をイメージした小人が、店のトレードマークです。

「ビストロ カフェ ランプリール」で、家族や友人、恋人と、肩肘張らずお腹いっぱいディナーを食べる、幸せな時間を過ごしてください。

覚王山の隠れ家「ビストロ カフェ ランプリール」で、カジュアルディナーを【名古屋】

イベント名
BISTRO CAFE REMPRIRE(ビストロ カフェ ランプリール)
営業時間
11:00~15:00
17:00~21:30(LOは20:30)
定休日
日曜(不定休あり)
場所
名古屋市千種区山添町1-11-1
駐車場
14台(提携)
カード使用
不可
問い合わせ
052-784-7784
公式サイト
https://www.instagram.com/remprire/

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY11月号(2022年9月21日発売)この秋したいこと全部!

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

覚王山の隠れ家「ビストロ カフェ ランプリール」で、カジュアルディナーを【名古屋】

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. 名古屋
  3. カフェ
  4. 覚王山の隠れ家「ビストロ カフェ ランプリール」で、カジュアルディナーを【名古屋】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。