絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#ENJOY TODAY

2020.9.18fri

人気カフェの2号店「doubletall into cafe(ダブルトール・イントゥ・カフェ)」が矢場町にオープン

2020年9月1日、矢場町交差点すぐ近くに、「doubletall into cafe(ダブルトール イントゥ カフェ)」がオープン。

上前津で人気を誇る「doubletall cafe」の2号店となる同店は、スペシャリティコーヒーをはじめ、同店限定のドリンクや焼き菓子、ビールが楽しめるのが魅力です。

今回はそんな同店のメニューや特徴、こだわりについて、ご紹介します。

人気カフェの2号店「doubletall into cafe(ダブルトール イントゥ カフェ)」が矢場町にオープン

立ち寄りやすいコーヒースタンド「doubletall into cafe」

2020年9月1日、矢場町交差点から近くに、コーヒースタンド「doubletall into cafe(ダブルトール イントゥ カフェ)」が誕生しました。

今回、矢場町にできた2号店は、上前津の1号店から徒歩約4分のところにあります。

1号店からすぐ近所に新店を構えた理由とは?そして1号店との違いは何か、両店舗のチーフ兼バリスタの近藤さんに、伺ってみました。

今の時代に合った、新しいカフェの在り方への挑戦

ーー今回、この2号店をこの場所に構えた理由は、何でしょうか?

近藤さん  2号店の場所探しにおいて、1号店の近くが条件でした。私や1号店のスタッフが行き来し、1人で営業できるからです。

また、新型コロナウイルス感染症もあり、滞在時間も短く、ふらっと立ち寄れる、コーヒースタンドにしています。これからはカフェのやり方やスタイルを変えていかないと、続けることができないと思ったのがきっかけでした。

ーーということは、同店の開店準備はかなり最近ですよね?!

近藤さん  そうですね。今年の5月頃から準備を始めたので、スパンは短かったです。

カフェって楽して儲かる仕事ではないですが、始めたい方って多いですよね。そういった志を持った方や、現在カフェを営む方に、ニューノーマルな時代における、カフェのやり方を示していきたいなと思っています。

シアトルコーヒー文化を牽引する「doubletall.into.cafe」のこだわり

「doubletall into cafe」で使用しているコーヒー豆は、豆の生産者や素性などの経歴がわかる、鮮度抜群のもの。その豆を熟練焙煎士によって、商品にしています。

また、ハワイ島にある自社農園を開拓しており、今年中にコーヒー豆を収穫できるのだとか。

近藤さん  同店のエスプレッソは、シングルオリジンでは出せないコクと、とろっとしたダークチョコレートのような風味が特徴です。カフェのコーヒーとしては主流でない、ロブスタ種の豆を混ぜることで、出せる味なんです。

また、ミルクは柔らかくスチームを当て、口当たりが良くなるように仕上げています。

次のページ…
ドリンクもスイーツも選べない……!ワクワクが詰まった豊富なメニュー

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY1月号(2022年11月22日発売)東海グルメニュース総決算2022

特集の目次を見る

    Please Share

    人気カフェの2号店「doubletall into cafe(ダブルトール・イントゥ・カフェ)」が矢場町にオープン

    WRITER

    KELLY Editors

    KELLY Editors

    「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

    1. トップページ
    2. EVENT
    3. 人気カフェの2号店「doubletall into cafe(ダブルトール・イントゥ・カフェ)」が矢場町にオープン

    KELLY’S
    RECOMMEND
    おすすめ記事

    RANKINGランキング

    PICK UP! 注目の記事

    SERIES 連載もの

    ABOUT日刊ケリーとは

    "GOOD LOCAL"な、
    東海のライフスタイルマガジン。

    雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。