ローディング

新感覚サービス「おでかけクローゼット」でインスタ映えな旅へGO!【犬山・稲沢おすすめおでかけコース】

2020.09.20〈Sun〉

最終更新日:2020/10/08

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2020/10/08

ファッションレンタルと「モビリティゲート吹上」のカーシェアリングを組み合わせた、新感覚サービス「おでかけクローゼット」

トヨタシェアのクルマ×ファッション×おでかけ先が、季節に合わせてワントーンでトータルコーディネートされた新サービスで、フォトジェニックなドライブ旅を楽しめます。

▼「おでかけクローゼット」って何?予約や来店などの詳細はこちらからチェック

編集部が提案!「おでかけクローゼット」で行きたい、愛知のおすすめドライブコース2選

「おでかけクローゼット」では、ファッションレンタルの〈エディスト. クローゼット〉が、クルマのカラーに合わせてワントーンコーデを提案。また、ケリー編集部が「おでかけクローゼット」を使って行きたい、愛知県のフォトジェニックなドライブコースをコーディネートしました。

今回は、「週末のデートや、友達とのおでかけはどこ行こう?何着ていこう?」と、行き先やおでかけ先に迷っている方や、「お出かけ先で思い出に残せる、オシャレでインスタ映えする写真が撮りたい!」という方におすすめしたい、犬山と稲沢・一宮のおすすめドライブコースをご紹介します。

▼おでかけクローゼットの公式サイトはこちら

【犬山】かわいいが詰まった城下町で、食べ歩きを満喫

黄色のシエンタに乗って、愛知県の中でも人気の観光地「犬山」に到着。“城下町=渋い”のイメージを覆す、女子がときめくグルメやフォトスポットがたくさんあります。

三光稲荷神社

国宝「犬山城」の麓にある「三光稲荷神社」は、縁結びの神社として全国から人が集まる、人気の観光スポットです。真っ赤な鳥居が連なった一本道に陽の光が差し込むと、なんとも神秘的な光景に。

朱色の鳥居をくぐると、その先にはハート型の絵馬がずらり! 「三光稲荷神社」内にある「姫亀神社」は、恋愛成就の神さまとして全国的にも有名であり、縁結びを願いに多くの参拝者が足を運びます。

三光稲荷神社

住所
愛知県犬山市犬山北古券41-1
営業時間
参拝自由(社務所は8:30~16:30)
公式サイト
https://www.freemobile-navi.jp/s/sanko-inari-shrine/

犬山城下町 五とう


「舞妓寿し 豆皿ご膳」(税込2500円)※前日までの予約で税込2300円

ランチは「犬山城下町 五とう」の彩り豊かな「舞妓寿し」です。毎朝店主が仕入れる鮮魚を使った、ひと口サイズの舞妓寿司がとってもキュート。さらに、豆皿に乗った季節によって異なる種類のおかず、デザートまでついたセットは、特別感があります。

築100年の古民家を改装した店内は、座敷やテーブル席、カウンター席もある和モダンな空間です。大満足のランチタイムになること間違いなし。

犬山城下町 五とう

住所
愛知県犬山市犬山東古券658-2
営業時間
11:00~17:00
定休日
火曜、第3水曜
問い合わせ
0568-40-1227
公式サイト
https://gotou-sushi.amebaownd.com/
公式Instagram
https://www.instagram.com/gotou_sushi/

茶処くらや


犬山煎茶がセットになる、「ハイカラ恋小町セット」(税込600円)

「茶処くらや」の名物は、カラフルなあんがのった「恋小町だんご」です。豊橋の老舗「丸八製菓」による米粉100%の団子を使っており、味も本格的。あんの種類は季節によって変わるので、行くたびに異なる見た目と味が楽しめます。

フルーツなども乗った彩りが美しいだんごは、気分も上がり、犬山城下町の食べ歩きにぴったり。

茶処くらや

住所
愛知県犬山市犬山西古券60
営業時間
11:00~17:00
定休日
火曜、第3水曜
※祝日の場合は営業
問い合わせ
0568-65-6839
公式サイト
https://foodplace.jp/kuraya/
公式Instagram
https://www.instagram.com/koikomachi_official/

HONMACHI COFFEE(ホンマチコーヒー)


左から「夏色クリームソーダ」(税込550円)、「苺ヨーグルトスムージー」(税込550円)

食べ歩きにぴったりなドリンクやスイーツがそろう、「HONMACHI COFFEE(ホンマチコーヒー)」は、お客さんの足が絶えない、犬山城下町の人気カフェ。店内には、座って休憩できるテーブル席もあります。


左から「いちごキウイあめ」(税込450円)、「いちごパインあめ」(税込450円)、「ぶどうあめ」(税込300円)

中でも人気は、今InstagramなどSNSで話題の「フルーツあめ」。こちらの「いちごあめ」は、大粒のいちごにパリパリ食感の飴がコーディングされて、キラキラと輝く見た目に。

また、「季節のフルーツあめ」も食べ応え抜群。みずみずしいフルーツは、大きな口を開けて楽しむのがおすすめです。


「氷の生レモンスカッシュ」(税込580円)

冷たいドリンクは、+100円で氷のグラスにいれてもらえるサービスも。

店の外にはハート型の鏡があり、記念撮影にもおすすめです。

ハートが散りばめられてとってもキュート!「HONMACHI COFFEE」の詳細はこちらの記事をチェック

HONMACHI COFFEE(ホンマチコーヒー)

住所
愛知県犬山市犬山西古券21-3
営業時間
11:00~17:00
定休日
なし
問い合わせ
050-5885-0478

【稲沢・一宮】見て食べて買って楽しめる、魅力たっぷりの街をゆるり旅

ブラウンやマスタードカラーの衣装を借りて、秋のドライブへ。秋の風物詩“銀杏”が有名な稲沢には、かわいいカフェや雑貨屋も多いのだとか。気になる魅力を探しに、コンパクトで走りやすいシエンタに乗って行ってきました。

Re-TAiL(リテイル)

1933年築のレトロビルを活かした複合施設「Re-TAiL(リテイル)」。繊維の町・一宮で、2015年まで織物組合の事務所として使用されていた同館は、スクラッチタイルやゴシック風の窓が印象的です。


キーテナント「RRR material project」

上質な布地やカラフルな糸が並ぶ様子は、見ているだけで楽しい空間に。販売されている布は、国内外のファッションブランドも採用する、地場産の生地だとか。かわいらしいボタンの品揃えも豊富です。


人気店「靴下のhacu」

施設内には、さまざまなクリエイターのアトリエ、フォーマルスーツ、靴下、デニムやアクセサリーのお店もあり、見て買って楽しめます。


人気のバッグスクール「レプレ&コロロ」

また、バッグや自由な洋裁教室など、他では体験できないようなワークショップも催されています。気になる方は、「Re-TAiL」公式サイトをチェックしてみてください。

Re-TAiL(リテイル)

住所
愛知県一宮市栄4-5-11
営業時間
10:00~18:00
定休日
月曜
※祝日は営業
問い合わせ
0586-59-2105
公式サイト
http://re-tail.jp/

カフェリエッコ(Cafe Riecco)


「イカとフレッシュトマト、青じそのスパゲッティ」

食事もスイーツも楽しみたい方にぴったりな「カフェリエッコ」。“カフェスタイルで気軽に食べるイタリアン”をコンセプトに、地元の食材を使ったランチのパスタが自慢です。

3種類から選べる月替わりパスタの一つには、愛知県の名産品・青じそを取り入れています。


「なすと枝豆のクリームソース スパゲッティ」

「パスタランチ」(税込1380円)には、前菜の盛り合わせと店内で焼かれた自家製パン、ドリンクがセットになっています。


「モンブランパイ」

デザートのドルチェも見逃せません。季節の食材を使ったものや、イタリアの定番のデザートは、毎日3~4種ほどラインナップ。ランチセットに+360円でいただけます。

その日によって異なる独創的なドルチェは、何があるかは訪れてからのお楽しみに。

木のぬくもりが感じられる店内には、テーブル席やカウンター席、中2階の席も。天井が高くて開放的な空間なので、ゆっくりと食事や会話を楽しめます。

そんな本格的なパスタランチやドルチェが絶品のカフェリエッコ(Cafe Riecco)について、こちらでも紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

カフェリエッコ(Cafe Riecco)

住所
愛知県稲沢市大塚北6-57
営業時間
11:00~22:00(LOは21:30)
※第2・4火曜日は~16:00(LOは14:00)
定休日
水曜
問い合わせ
0587-81-8887
Instagram
https://www.instagram.com/caferiecco/

祖父江の銀杏林

日本一銀杏の郷・稲沢市祖父江町。晩秋には町中がイチョウの黄金色に染まります。

町には約1万1000本ものイチョウの木があり、中には樹齢100年を超える大木も。推定樹齢250年、高さ約20mの市指定文化財「祐専寺イチョウ」は迫力満点です。

イチョウ並木や、イチョウ落ち葉の綺麗な絨毯は、息を吞む美しさです。

祖父江の銀杏林

住所
愛知県稲沢市祖父江町山崎周辺
問い合わせ
0587-22-1414(稲沢観光協会)
※自由見学

container shop village konoha(コンテナショップビレッジコノハ)

ヨーロッパの裏路地をイメージした庭園に、コンテナが立ち並ぶ複合ショップ「container shop village konoha」。カフェや雑貨店、ハーブ教室など、個性豊かなショップが入っています。

雑貨屋「katainaka」では、作家による手づくりの陶器やカバン、アクセサリーなどが部屋一面に飾られています。

また、不定期で物作り体験や講座、ワークショップを、少人数制で開催しているそうです。

トルコ人の旦那さまを持つ奥さまが営む「nico.」は、トルコの伝統的なアクセサリーやインテリアをメインとした、雑貨のセレクトショップ。今後、現地に買い付けできるようになったら、チャイグラスやトルコランプなど、本場のトルコ雑貨が並ぶ予定だとか。


「沖縄県産 紅芋モンブラン」(税込580円)と「黒ごまラテ」(税込550円)。※現在は予約制ランチ。

買い物のひと休みには、ランチやスイーツが人気のカフェ「Tonttu(トントゥ)」がおすすめです。

こちらの「沖縄県産 紫芋のモンブラン」は、シフォンケーキと生クリームの上に、たっぷりの紫芋クリームが飾られた一品。驚くほどしっとりしたシフォンケーキは甘さ控えめで、自然な甘さの紫芋クリームとの相性も抜群です。

また、ドリンクの「黒ごまラテ」は程よい甘さで、きな粉の香ばしさが後を引くおいしさ。涼しくなる秋口にもぴったりな味ですよ。

container shop village konoha(コンテナショップビレッジコノハ)

住所
稲沢市祖父江町森上本郷5-117-3
営業時間、定休日、問い合わせ
店舗によって異なる
公式サイト
http://container-konoha.com/

*  *  *

普段とは違う洋服とクルマを利用できる「おでかけクローゼット」で、ぜひ愛知県の日帰りドライブを満喫してみてはいかがでしょうか。

▼おでかけクローゼットの公式サイトはこちら


※掲載情報は2020年9月時点の情報です。
撮影/高木慎平 モデル/(犬山編)加藤里奈、鈴木彩 (稲沢編)加藤優希、伊達与志子

新感覚サービス「おでかけクローゼット」でインスタ映えな旅へGO!【犬山・稲沢おすすめおでかけコース】

店名

モビリティゲート吹上

営業時間

10:00~17:00

定休日

日曜不定休、月曜定休

場所

名古屋市千種区千種3-5-7

2020.09.20〈Sun〉UP

SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line